« え、法人税が改正なんて・・・ | トップページ | 風邪でダウン »

2006年4月12日 (水)

中小企業診断士とファミリーマートの連携

今日は耳鼻科に行きました。

その耳鼻科、大体の待ち時間を教えてくれます。

40分程度の待ち時間と言われ待っていたのですが、1時間を超過しても待ち時間7人・・・。

結局、次の予定の関係で診察を受けずに帰ってきました。

いい加減な情報であれば、ない方がましであると痛感した瞬間でありました。

最近お茶にオマケが付いていて、私の事務所はお茶グッズがあちらこちらに・・・。
060412

4月9日の日経MJにコンビニのファミリーマートと中小企業診断協会が連携し、中小企業診断士が覆面調査をするとのこと。

既存店売り上げ低迷が続くコンビニは、覆面調査を調査会社に委託して行っている。

中小企業診断士は5年ごとに資格更新が必要で、その際実務従事日数が30日以上必要であり、スタッフ職に配置されているサラリーマン等、実務に従事していない中小企業診断士は実務従事日数が足りなくなると言う問題があり、この問題とファミリーマートの思惑が一致したということであろう。

第1回調査は無料で始め、「調査やコンサルの精度が向上した段階で有料化も検討する」とのこと。

無料で行うということらしい。

文面をそのまま読めば、調査やコンサルの精度に自信がないから有料化できないということであろう。

では、無料であってもファミリーマートは、実務経験が5年間で30日の確保が難しい、いわゆる実務経験に乏しい中小企業診断士の調査結果で果たしてどこまで効果が出るのであろうか。

私もクライアントの外食で実は覆面調査もどきをしている。

在庫や料理品の出来具合等々である。

顔は知られているので、抜き打ちチェックという感じであるが、これが意外と難しい。

抜き打ちチェックをするところを予め言われていると、そこだけチャックすればよいのであるが、問題点の洗い出しとなると、その業界に精通しているかどうかが非常に重要な気がする。

3時間ぐらい、資料を読み込みながらその店舗にいると、オペラーションのまずさや、暇な時間帯に行う業務の優先順位等意見を言えるが、それも、その店舗を複数管理している役員と現状の問題点を議論した上ではないと、「勘」は働かない。

とても面白いビジネスのモデルですから成功を願うばかりでありますが、同じ中小企業診断士の方でも有料で覆面調査をやられている方も多数いらっしゃると思います。

中小企業診断士の資格更新時の実務従事日数確保が主目的で、今回の提携になったと思うのですが、優良な中小企業診断士である為の最小限度である実務従事日数を、業界が提供するという構図は、そもそも何の為の最低実務従事日数であるのかと考えさせられます。

仮に社会保険労務士で私が有料でやっていることを、業界が無料でやるとなったら本気で怒ります。

有料でやるからプロであり、自信があるから価格を落とさない。

それでご飯を食べているわけですから。

無料であっても、質の低いサービスを提供したら、業界のイメージは悪くなります。

その様なことにならないように願うばかりです。

|

« え、法人税が改正なんて・・・ | トップページ | 風邪でダウン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/1380796

この記事へのトラックバック一覧です: 中小企業診断士とファミリーマートの連携:

« え、法人税が改正なんて・・・ | トップページ | 風邪でダウン »