« ありがたいひとこと | トップページ | 自分ではないと駄目なんだと思わせること »

2006年5月30日 (火)

社会保険庁改革法案成立困難

昨日は、お囃子の練習に行きました。

私の囃子連ではなく、今年から八王子まつりで八幡町一二丁目の山車に乗る八幡囃子連の練習です。

八王子まつりは、三日間宵宮は夜だけですが、後の二日間は朝六時に朝囃子をはじめ、夜九時まで・・・。

日曜日の夜は気力だけでもってます・・・。

だから、練習も上手くなる練習だけではなく、長くやる練習を合わせてしなければなりません。

居囃子と動く山車の上での囃子は全然違うのです。

0605301

笛を吹いている方は、笛を習って半年で「いんば」という曲をマスターし、二週間で「はや」が一通り出来るようになりました。

かなり凄い。

もっとも、五歳の頃から16年間やられているので、メロディーが頭にしっかり入っていることが大きいですが、それでも早い上達です。

この調子だと、日曜日は地元の日吉町の山車に乗れそうです。
(地元の山車が一番良い・・・、大きい声では言えませんが・・・。)

メンコをつけず、踊りの練習をしています↓
0605302

子供が多い囃子連ですが、それでは山車に乗れませんので、親にも頑張って覚えてもらってます。

子供の方が上達は・・・・。

助っ人なしでも大丈夫という気持ちで八幡囃子連の皆さんには頑張ってもらいたいですね!

今日の報道によると、社会保険庁改革法案の今国会の成立が困難になったとのこと。

厚生労働省の関連する重要法案を優先審議する為ということが大きな理由のようだ。

社会保険庁の改革案が如何に実態に即してないかは、メールマガジンで以前書いた。
http://blog.mag2.com/m/log/0000121960/105315825?page=1#105315825

都道府県別の健康保険の運営や健康保険と年金の組織の分離・・・。

全く実務上の理解のない人間が決めたことである。

社会保険庁は依然とあってはならないことが続いているが、組織形態について、業務の効率を考え再検討をしてもらいたい。

|

« ありがたいひとこと | トップページ | 自分ではないと駄目なんだと思わせること »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/1996232

この記事へのトラックバック一覧です: 社会保険庁改革法案成立困難:

« ありがたいひとこと | トップページ | 自分ではないと駄目なんだと思わせること »