« 臨時労働保険指導員と社会保険の適用促進業務の違い | トップページ | 延長14回サヨナラ勝ち!! »

2006年7月21日 (金)

梅雨が明けない

行きつけの秀栄にて。

メニューにサンマ・・・。

サンマは秋刀魚と書くわけで、秋の魚・・・。

夏が来たらすぐに秋という感じが、お囃子やっているとなおのこと感じてしまいます。

でも、梅雨も明けていない今なぜ?

060721001

夏でも北の方で秋刀魚はとれるとのこと。

ただし、秋の秋刀魚と違い脂はのってませんが。

四季という季節を感じられる環境だから日本人は繊細な美意識をもてているのだと思ってます。

わびさびは代表的ですし、俳句も素晴らしい。

しかし、地球規模の環境変動により我が国にも従来の四季とは違った変化が出ているような気がします。

梅雨前線による被害もそうですが、地球温暖化がすすむと梅雨が長くなるそうです。

明日は子安神社の祭禮ですが、毎年この時期には梅雨が明けている。

8月の第一週の八王子まつりの時には、暑さが最高潮。

第2週だと少し夜風が涼しく感じる。

このような経験則が通じなくなってしまっては寂しいですよね。

地球規模の環境変動といってもぴんときませんが、身近に感じることが出来ることができる変化もあるのだと思いました。

今も大事ですが、数百年後の地球を考えることも今生きている我々の役目かなと思う今日この頃です。

|

« 臨時労働保険指導員と社会保険の適用促進業務の違い | トップページ | 延長14回サヨナラ勝ち!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/2749764

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨が明けない:

« 臨時労働保険指導員と社会保険の適用促進業務の違い | トップページ | 延長14回サヨナラ勝ち!! »