« 恩師に恵まれていた私 | トップページ | 臨時労働保険指導員 »

2006年7月 3日 (月)

定年延長定着せず

今日は、ミスタードーナツ6店舗を運営する東京多摩フードサービスの田中社長とランチ。

京王八王子駅前のショップを入ったところのカフェにて。

060603001

060603002
夜はバーになるらしいのですが、京王八王子付近で美味しいランチが食べられるところは少ないので、また来てみようと思います。

ランチ↓
060603003

味はというと・・・。

仕事の話をしていたので全く覚えていません。。。

今日の日経新聞に高年齢者雇用安定法改正により定年の延長は行われず、再雇用制度導入企業が90%にのぼり、賃金も60歳時の50%であるとの記事があった。

私もこの4月までに改正法のお手伝いをしたが、結局高齢者サイドも年金をもらいながらのんびり働きたいという方が多い。

賃金と年金、雇用保険の高年齢継続給付を併せて賃金を補填し、働くということである。

パートを正社員並にするという政策が議論されているが、これも行政の意図とかけ離れて、高年齢者と同様の結果になってしまう可能性がある。

優秀な人材は企業としては何歳になっても働いて欲しいが、いくら優秀といっても70歳まで働くということは、企業の人材育成の面から問題がある企業である。

高年齢者等雇用安定法の改正は、高齢者の意図というよりは年金の支給開始年齢に合わせただけであり、60歳過ぎたライフプランをしっかりと立てている方達には迷惑な話である。

この定着率を見て、今度は高年齢者の賃金や労働時間の最低ラインを設けるという、社会主義的な発想に政府がいかないことを強く望む次第である。

|

« 恩師に恵まれていた私 | トップページ | 臨時労働保険指導員 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/2484821

この記事へのトラックバック一覧です: 定年延長定着せず:

» 高年齢雇用継続基本給付金 [高年齢雇用継続基本給付金]
高年齢雇用継続基本給付金とは、被保険者であった期間が通算して5年以上ある雇用保険の一般被保険者(短時間労働被保険者を含む)であって60歳到達後も継続して雇用され、60歳以後の各月に支払われる賃金が原則として60歳到達時点の賃金月額の75%未満である方が対象となります。... [続きを読む]

受信: 2007年3月10日 (土) 13時48分

« 恩師に恵まれていた私 | トップページ | 臨時労働保険指導員 »