« 子安神社祭禮 | トップページ | 第88回大会西東京大会ベスト4決まる!! »

2006年7月25日 (火)

採用面接のコツ+鶴高準々決勝へ!

最近祭りと高校野球ネタしか書いてませんが、しばらくお付き合い下さい。

昨日は、我が母校日本大学鶴ヶ丘高校の西東京大会4回戦。

國學院久我山戦。

平成2年の72回大会代表が鶴高。

平成3年の73回大会の代表校が國學院久我山。

両校それ以来甲子園に行っていません。

今回は、ノーシードの國學院久我山ですが、スローボールのピッチャーを攻略できず、チャンスがあってもものに出来ない鶴高ナイン。

0対0のまま2戦連続の延長戦。

10回表2死1塁2塁から、今大会調子が悪い4番内山君が左中間越えの2点タイムリーで勝ち越し!

2対0で勝ちました。

前回の日大二高戦では、途中交代をさせられた内山君。

今回は良いところでヒットが出ました。

良いかたちで明日の準々決勝桜美林戦を迎えられます。

この桜美林高校は、平成14年の西東京大会決勝戦の対戦カード。

準決勝で、前年の夏の選手権大会全国制覇の日大三高に延長の末勝ち、気持ちは半分甲子園に行っていましたが、桜美林高校のサイドスローの投手を攻略できず敗退。

準優勝でも甲子園に行けなければ意味がないのです。

時間が経てば思い出になりますが、悔しさは胸に刻み込まれます。

それが高校野球。

060725001
↑72回大会出場記念のボール。大切な宝物です。松井秀喜と高橋由伸の直筆サインボールと一緒に飾っております!!

明日勝ったらおそらく準決勝は選抜出場校で本大会第3シードの早稲田実業。

決勝戦では、本大会第1シードで2年連続選手権大会出場校で春季関東高校野球東京大会優勝校の日大三高。

厳しい対戦カードが続きますが、何とか甲子園に行って欲しいものです。

今日は、朝一番でクライアントと求人関係の打ち合わせ。

いい人材を見分ける方法はとの質問。

こればかりは経験です。

求人をするということは、求人媒体に支払う費用や面接選考に割く時間と気力を費やすということ。

だから、人材派遣や予定紹介派遣のニーズが出てくるわけです。

しかしやはり経営者としては、面接でたくさんの人数と話すことにより面接スキルを上げていかなければなりません。

小規模企業で事務を1人雇うというのであれば、派遣も有効な手段と考えますが、企業規模が大きくなる課程においては自社雇用の社員を増やさなければなりません。

面接をどの様にしたらよいのかとの質問に対して、私は第一印象を崩すように頑張ってくださいとお答えするようにしております。

面接は、する方もされる方も緊張をし、また自分をよく見せようとするわけです。

緊張して、また、よく見せようとして結果として、悪い印象を与える方もいらっしゃり、逆に実力以上の好印象を与える方もいらっしゃります。

ですから、第一印象が悪い場合には、悪い理由を一生懸命面接を通じて引き出そうとしているわけです。

逆に良い場合にも、どこが自分と合っているのだろうと考えるわけです。

この様なことをしっかりとしても、職場では実力を発揮できない方は出来ないわけで、その場合には、面接の時の芯がしっかりしているイメージが、悪い形で現れていたりして、採用担当者としては反省するわけです。

この様なことは、理屈ではわかってもやはり経験。

なるべく数多くの方と面接して、面接スキルを上げてください!!

|

« 子安神社祭禮 | トップページ | 第88回大会西東京大会ベスト4決まる!! »

コメント

毎年今頃の話題は高校野球ですよねぇ。でも田舎の話題は日照不足で農作物の生育がねえとか。米は大丈夫か?葉物野菜、果物もダメージが心配。私の好きな桃がダメかも…。です。福島県は7月の天候がずーっと雨。中止が続き試合日程が遅れています。福島県の公立高校はすべて男女共学なので、田舎といえども、試合数は多いのです。我が家は家族で4つの母校があり、ベスト8に勝ち残っているのが2校。明日も勝てば、会津勢で潰し合いになります(ってもう勝つ気まんまん)八王子在住の娘も喜んでいることでしょう。以前は決勝まで行ったんだけど、甲子園は遠いです。過去会津からは40年ほど前選抜に出たっきりですから…雪国は不利。12~3月までグランドが使えないんですヨ。
でもそんなことより、就職戦線!厳しいようです。一人で頑張っている娘に野球よりも熱いエールを密かに送っていますが、密かすぎて届いてないかも。どうなっているか聞きたいけれど聞くのも怖い。他人なら、気楽にきけるのになぁ。

投稿: 会津の母 | 2006年7月26日 (水) 00時38分

おそらくエールは届いているのではと思いますが。
連絡するタイミングがないんですかね・・・。

甲子園出場校もぼちぼち決まってきて、西東京大会は明日から準々決勝です。

郷土の八王子勢は全滅しましたが、母校の鶴高。妻の母校で私の大学の付属高の多摩大聖ヶ丘が勝ち残ってます。
両校が対戦するのは決勝戦。

両校の対決を密かに期待しています!

投稿: 山本法史 | 2006年7月26日 (水) 01時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/2798636

この記事へのトラックバック一覧です: 採用面接のコツ+鶴高準々決勝へ!:

» 事務関係の求人情報の比較、解説 [転職・求人GUIDE]
事務関係の求人情報サイトや派遣会社など事務、オフィスワーク系の仕事情報を掲載しています。 [続きを読む]

受信: 2006年11月12日 (日) 17時33分

« 子安神社祭禮 | トップページ | 第88回大会西東京大会ベスト4決まる!! »