« 東京オリンピック招致 | トップページ | 転職して想定外だったことのアンケート »

2006年9月29日 (金)

弁護士との連携

昨日は友人の弁護士達と定例の飲み会でした。

060929001
左から木村弁護士、古川弁護士、福澤弁護士

新司法試験の合格者が発表され、法曹人口が増加する中、士業として生き残っていく為には専門性の高さであると思います。

また、裁判所が八王子から立川に移転する為、八王子の先生は業務効率も落ちてくるでしょう。

来年の4月1日からの離婚分割については、弁護士と社会保険労務士の連携がポイントとなってくる制度であり、労働分野での連携に加えて、年金分野でもこれまで以上に両者の連携が重要になってきますので、定例で情報交換や勉強会を開催しています。

来年の1月には昨年に引き続き、東京三弁護士会多摩支部主催の離婚分割のセミナー講師を拝命しております。

弁護士の先生の関心は、離婚分割の流れだけではなく、内縁関係にある妻の取り扱い。

実際にこれは社会保険事務所の担当官も悩まれている点であり、最新の情報を収集している状態であります。

私の事務所の塩澤もこのテーマについては、霞ヶ関の女性法律家協会と千葉弁護士会で講演しており、二人で事務所のノウハウの蓄積をはかっているところであります。

労働分野についても、一定の条件の下で社会保険労務士が単独で和解交渉ができるようになりますが、60万円を超える事件については弁護士と共同受任で対応しなければならず、役割分担、報酬等色々と議論をしなければならないことがあります。

この様な我々を取り巻く環境の中、弁護士と更なる連携を図り、クライアントの皆様に充実したリーガルサービスを提供していこうと思います。

|

« 東京オリンピック招致 | トップページ | 転職して想定外だったことのアンケート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/3626398

この記事へのトラックバック一覧です: 弁護士との連携:

» 資格取得(社会保険労務士) [資格取得]
◎社会保険労務士とは・・・社会保険労務士は、50種類以上にのぼる労働・社会保険法令に基づき、行政機関に提出する書類・申請書などを作成する事務代理および提出代行・備付帳簿・書類などの作成などの業務をしています。 [続きを読む]

受信: 2006年9月29日 (金) 17時26分

» 社会保険労務士 [資格取得への道!グッドラック便利帖]
TB失礼します。ブログ記事参考になりました。「社会保険労務士」についての関連記事にリンクさせていただきました。またお邪魔させて頂きますので、今後とも宜しくお願いします。 [続きを読む]

受信: 2006年9月29日 (金) 18時51分

« 東京オリンピック招致 | トップページ | 転職して想定外だったことのアンケート »