« 育児休業基本給付金延長の不支給? | トップページ | 教職員の権限による黙示の間接的思想良心の自由の侵害についての考察 »

2006年9月22日 (金)

講演の心構え

寝室に観葉植物がおかれました。

060915002

緑があるのは良いものですね。

昨日は、友人が「初講師」をしました。

専門分野は私と全く違う分野なのですが、講演の緊張感は同じでした。

本人かなり緊張したらしく、「失敗でした・・・」と。

「自分はまだまだだな・・・」とも。

反省も大事ですが、講師をする際の私なりの注意点とは以下のような事です。

まず、目標として与えられた時間をしっかり話す事。

欲張りして、良いものにしようとしてはかえって緊張してしまい、悪印象を与えてしまいます。

講演を聴かれているの反応を気にしてしまうと、プレッシャーで頭が真っ白になってしまう。

その対策としてまず、レジュメをボリュームのあるものにする。

これは、人間緊張すると早口になってしまい、レジュメのボリュームがあり、早口で話しても少し話足りなくなるかも・・・。

この様なボリュームが大切です。

早口で話してしまうと、そのボリュームでも時間内に終わってしまいます。

これが何故大事かというと、講演時間より短くなってしまったらどうしようという不安を除去でき、とりあえず持ち時間は使い切れると安心感を自分自身に与えるのです。

時間的な余裕が出てくると、聞いてる方の反応が読めるようになります。

今の項目はつまらなそうなので、簡単に説明して次に行こうとか、ウケが良いから事例をもう一つ話そうとか、そういったコントロールをできるようになってきます。

しかし、そうはいっても講演テーマにもよりますが退屈な話をしなければならない。

昨年末弁護士会で講演した際も、離婚分割に必要な年金の基礎知識を話しているとき、聞いている方はつまらなそうでした。

しかし、そのつまらない話をしなければ、次の話しに行けないわけで、会場の「つまらない」という雰囲気に押されては駄目です。

つまらないけどもう少し我慢して下さいね・・・。

この図々しさがある程度必要だと思います。

講師をして日が浅い方は、聞いている方に分からそうととか、自分をよく見せようと考える前に、与えられた時間をしっかり使い切ることを目標とし、その後に分かりやすくする工夫やよく見せる工夫をすればよいのです。

何事も順序を踏んでいかないと前には進めません。

友人の話を聞きつつ、自分が初めて講演を依頼された平成10年12月を思い出し、友人に檄を飛ばすつもりで今日はブログを書いてみました。

その友人、次回は11月に講師をやるとのこと。

頑張れよ!!

|

« 育児休業基本給付金延長の不支給? | トップページ | 教職員の権限による黙示の間接的思想良心の自由の侵害についての考察 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/3540812

この記事へのトラックバック一覧です: 講演の心構え:

« 育児休業基本給付金延長の不支給? | トップページ | 教職員の権限による黙示の間接的思想良心の自由の侵害についての考察 »