« 教職員の権限による黙示の間接的思想良心の自由の侵害についての考察 | トップページ | 新司法試験の合格発表 »

2006年9月24日 (日)

規制緩和と企業価値

今日は友人の会社へ訪問。

レクサスから友人に招待状が。

060924002

内容は、レクサスの旗艦車種であるLSシリーズの予約者に対しての内覧会。

060924001

予約した人の限定内覧会であり、同伴者に限り内覧できるという「選ばれた人」しか見る事の出来ないものだそうです。

昔は「いつかはクラウン」と言われていた時代があったそうですが、今の日本の高級車市場をみると、やはり高級車といえる高級車は無いように思えます。

レクサスの売上が伸び悩んでいるようですが、この旗艦車種であるLSシリーズを心待ちにしているユーザーも多く、レクサスのスタートはこれからではないかと思うのです。

060924003

物欲の為に働いているわけではないですが、やはりいつかは「レクサスLS」と思って頑張りたいですね。

23日の日経新聞において、小泉政権5年間での企業場買収価値がどの様に変わったかの記事があった。

1位は12兆円増のトヨタ。

ワースト1位は、NTTドコモ、2位NTT。

規制緩和が進む中、規制に守られていた産業が企業価値を減少させるという事は当然といえば当然なわけで、規制緩和後のビジネスモデルが示せていない証左とも言えます。

そもそも規制とは本来消費者に対する品質保証や安定供給を目的としたもの。

入札の指名競争入札や随意契約もその理念から。

しかし、それが既得権となり安定供給は担保されていても、サービスや価格の面でマイナスになっていた事は事実であります。

郵便局もずいぶん親切になりましたし、通信費もかなり下がっています。

しかし、郵便は届くし、電話やインターネットはつながる。

この様に考えると、小泉政権5年間で消費者の利便性は向上したのかなと考えました。

安倍政権が来週にも誕生しますが、既得権の復活を許さず、郵政、道路、医療、年金、農業の部分においてリーダーシップを発揮してもらい、国力の向上を目指していきたいものです。

|

« 教職員の権限による黙示の間接的思想良心の自由の侵害についての考察 | トップページ | 新司法試験の合格発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/3561999

この記事へのトラックバック一覧です: 規制緩和と企業価値:

» 年金の誤支給、新たに29件判明 [社労士受験生のための日経新聞]
社会保険庁は19日、社会保険業務センターのシステム不具合や事務処理ミスで、年金の誤支給が29件生じていたと発表した。 [続きを読む]

受信: 2006年9月25日 (月) 01時29分

» レクサス [http://free7.livedoor.biz/index20.rdf]
レクサス情報満載です! [続きを読む]

受信: 2006年10月26日 (木) 16時31分

« 教職員の権限による黙示の間接的思想良心の自由の侵害についての考察 | トップページ | 新司法試験の合格発表 »