« 深夜業に従事する労働者の新最低賃金適用日 | トップページ | 社会保険の未適事業所 »

2006年9月15日 (金)

竹中大臣議員辞職

今日打ち合わせにお邪魔した会社の会議室に飾ったある絵。

060915001

以前から拝見していたのですが、今日始めて写真ではなく絵であることに気づきました。

こうやって写真で見ると、本物の写真みたいですよね。

竹中総務大臣が、新政権が発足する今月26日付けで議員辞職をするという。

竹中大臣は、小泉総理と二人三脚で経済金融政策を進めてきた訳であり、小泉政権の施策も竹中大臣がいなかったら実現をしていないであろうというものもある。

優秀な大臣であり、抵抗勢力と戦ってきたタフな政治家でもある氏が新政権においても閣内に留まらないということは残念である。

しかも議員辞職まで。

潔いと言えばそれまでであるが残念である。

小泉総理あっての竹中大臣であり、小泉総理退陣後は議員としては経済政策を発揮することができないと考えても不思議ではない。

しかし、竹中大臣の議員辞職により繰り上げ当選される方は、女子プロレスラーの神取忍である。

日本ハムの新庄も参議院議員選挙への出馬の可能性があると報じられているが、自民党も、民主党も責任ある政党であれば、この様な候補者選びは辞めてもらいたい。

神取参議院議員の誕生を防ぐ為にも、竹中大臣は任期を全うしてもらいたい。

|

« 深夜業に従事する労働者の新最低賃金適用日 | トップページ | 社会保険の未適事業所 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/3455561

この記事へのトラックバック一覧です: 竹中大臣議員辞職:

« 深夜業に従事する労働者の新最低賃金適用日 | トップページ | 社会保険の未適事業所 »