« 祝親王殿下ご誕生 | トップページ | 10月1日より最低賃金の改定 »

2006年9月 7日 (木)

自民党総裁選挙の投票用紙

今日往復葉書の郵便物が・・。

みると、自由民主党総裁選挙投票用紙。

060907002

クライアントのお付き合いで党員になっているのですが、小泉総裁が誕生した時は、自由民主党八王子総支部まで投票に行った気が・・・。

今回は郵送なのですね。

060907001
↑注意書き

060907003
↑立会演説会をやるようです。

そして、麻生太郎外相の選対本部から下の葉書が・・・。

060907004

印刷代と切手代。

相当な費用がかかってますよね。

現在の議席では、「自由民主党総裁=内閣総理大臣」

自由民主党の総裁選挙が総理大臣選挙になっているのですね。

全国民を対象に世論調査をしていて、結果がマスコミから発表されていますが、今回の総裁選挙は自由民主党の党員が対象です。

政策論争を通じて候補者を選択するにも、例えば歴史観や対中、対韓関係においても自由民主党の政治理念に近い方を選択する者が多い。

憲法にしても、靖国神社にしても全国民対象の選挙とは違うわけです。

首相公選制を主張されている方がいますが、政党が総選挙で過半数を取ったら誰が総理大臣の首班指名をうけるか明らかにして選挙に臨めば良いだけの話で、自由民主党の総裁選で新たな総裁が決まったならば、解散して総選挙をすべきと思うのですが。

これにより実質首相公選が実現するのではと思います。

|

« 祝親王殿下ご誕生 | トップページ | 10月1日より最低賃金の改定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/3356404

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党総裁選挙の投票用紙:

« 祝親王殿下ご誕生 | トップページ | 10月1日より最低賃金の改定 »