« 表現の自由と核武装議論 | トップページ | 子安市民センターまつり初日 »

2006年10月20日 (金)

フリーター評価基準作成へ

このブログで何度かご紹介している三遊亭竜楽師匠。

11月5日に初めての本「笑い!がわかればあなたは変わる」を実業之日本社より発売されるとのこと。

また、落語家生活20周年を迎え東京會舘において「三遊亭竜楽師匠の芸歴20周年と初出版を祝う集い」が開催されるらしい。

その招待状が来ました。

061020001

061020002

竜楽師匠は中央大学法学部の卒業生と会って同窓の方々を中心としてこの会が催されるようで、その発起人が凄い。

直木賞作家の志茂田景樹さん、元検事の堀田力さん、狂言師野村万之介さんを初め元日本弁理士会会長や元大蔵省局長、代議士と凄い方がずらりと並んでいます。

開催される当日は、社会保険労務士の紛争代理手続業務関係の能力担保研修で渋谷に行ってます。

会場は丸の内なので、何とか都合をつけて参加させて頂こうと思います。

今日の日経新聞で、厚生労働省がフリーター経験を評価する基準を作成するとのこと。

フリーターの正社員化が目的のようである。

フリーター時代の職務経験を客観的に評価するためこれまでの仕事の中で達成した内容などを記入するチェックシートを作成し、正社員として採用を望むフリーターが自分で書き込んで面接の際に提出できるようにするようだ。

行政の施策としてはやむを得ないと思うが、フリーターが正社員になる場合の障害は意識の問題であろうと考える。

私自身、年間に結構な人数と面接をする。

面接をする際に、経験は無いよりあった方がいい程度で、過去の職歴を見と自分の目でその人のやる気を測るということが目的。

このチェックシートもただの業務の羅列では意味がない。

中には就職支援会社のサポートを受け完璧な業務経歴書を提出される方がいるが、私は就職支援会社のサポートを受けた書類には迫力を感じず余り見ない。

理由は、その人の個性が感じ取れないからだ。

面接で知りたいのは、その人がどの様な人で、どのくらいやる気があるのかを知りたいのです。

だから、非常に客観的に見て良くできてるシートは個性が伝わらず、見ていて面白くない。

フリーターでも外食産業で長く働き、時給も高く、職責も高い方は私の面接では好印象です。

学生時代外食産業で2年間アルバイトをしたが、外食産業で現場を仕切るということは、機転と段取りと人間性に優れてないとできないと思うからです。

決して職場としてはステイタスが高くない外食でありますが、それ故に上に立つ人間の人間性で良い店舗になったり、悪い店舗になったりはっきりとします。

厚生労働省がこのチャックシートの作成に取りかかるようですが、仕事の内容に着目せず、職責とやる気、そして個性をどの様に表現するかを考えないと、フリーター自身がそのチェックシートに惑わされ、マニュアル化された面接態度になってしまうのではと憂慮しています。

この問が具体化したらまたご紹介したいと思います。

|

« 表現の自由と核武装議論 | トップページ | 子安市民センターまつり初日 »

コメント

ここのところずっと忙しく動きまわりましたが、あまり疲れません。なぜでしょう?8、9日イベント、10日イベントの後始末、11日県庁で県政モニターのような会議、14,15日目黒で勉強会、16日他県の病院へ親を検査に連れて行き、17日池袋サンシャインで勉強会、18日イベントの会計清算会、19日また他県の病院へ、21日は高校の同窓会で幹事デビュー。27日はまたまた親の通院。28,29日は高校の文化祭のお手伝い。合間にイベントの報告書35ページ×150部作成、印刷、製本!で、これが本業じゃないんだな。来月からは、パソコンのビジネス講座を受講しようかなと思います。NPOなので、無料ですが受講者の面接があるらしい…。9時から19時まで連続13日間拘束…。受講後PCボランティアが義務付けされているらしいのですが、どこまでのスキルを要求されるのか不明。20名限定。「タダより高いものはない」ってことも考えられるので、慎重に内容を確認しなくてはね。でも、う~んあなたでは、技術不足ですね。な~んてあっさり面接で落とされるかも。
そんなこんなで、プライベートな時間は全く無し。いろいろ片付けなくてはいけない問題が山のようにあるのに、ぜーんぶ棚上げです。とにかく、親の介護が大変ですが最優先ですね。でも、気分は充実してるので、ホントに不思議と疲れませんねぇ。こんなにスタミナがあったなんて自分でも意外です。ストレスが無いからかなぁ?

投稿: MoMoちゃん | 2006年10月20日 (金) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/3896986

この記事へのトラックバック一覧です: フリーター評価基準作成へ:

« 表現の自由と核武装議論 | トップページ | 子安市民センターまつり初日 »