« 有給消化率 | トップページ | プロ野球の外国人監督と名球会 »

2006年10月 4日 (水)

労働保険適用促進月間

今月は労働保険適用促進月間。

労働保険とは、労災保険と雇用保険のこと。

そのポスターがこれ↓
061004001

このポスターに出ている釈由美子のバッチがこれ↓
061004002

これは弁護士バッチ!!!

労働保険の専門家である社会保険労務士のバッチではない。

社会保険労務士バッチ↓
061004003

労働局は、労働保険未適用事業所について3カ年計画で一掃する予定で今年は2カ年目。

この労働保険適用促進業務は社会保険労務士会にも労働局より協力依頼が来ている。

昨日も、労働保険臨時指導員の会合で八王子労働基準監督署長より改めて協力要請をされた。

実際、適用促進業務に携わるのは監督署の事務官と社会保険労務士がメインである。

そのポスターのバッチが弁護士バッチである。

社会保険労務士バッチにしろとは言わないが、バッチを付けるなら社会保険労務士バッチでなければ意味がない。

適用促進には、社会保険労務士バッチを付けていくのであるから。

あまりにも配慮が欠けるポスターである。

労働保険とは、労災保険と雇用保険の総称であり、労働者が1人でもいれば法人個人に関係なく労災保険を成立させなければならない。

雇用保険は、週20時間以上の労働者を常時使用する場合に成立をさせなければならない者である。

労災保険とは、そもそも労働基準法により労働者が被災した際に「最低このくらい保障しなさいよ」という基準を保険にしたものである。

理由は、労働基準法に規定する補償基準は中小企業では負担できず倒産に至る可能性もある。

この場合、被災労働者に対して充分な保障がなされない可能性が高い。

そして、不幸にも起きてしまった労災事故のお陰で他の労働者の就業機会を奪ってしまうことにもなり、事故はゼロにはならないという現実を鑑み労働者災害補償保険として制度ができたのである。

であるから労災に入っていないという問題は、自賠責に加入しないで自動車を運転するようなもので保険料率が低いという点もあり、やはり必ず加入した方が良いでしょう。

雇用保険については、短期の失業者に対する政策の柱であり、短期の失業者に対する国の支援は雇用保険を通じて行われる。

長期的な失業に対する施策は、その時々の状況によりその課題に合わせて実施されるが、転職や景気の循環による失業者の救済は雇用保険が柱なのである。

最近の労使紛争の傾向として雇用保険の未加入により労働者が不利益を被った場合、その不利益を被った金額を経営者が補填しろという要求が出る。

この要求は、雇用保険の加入が法律上義務づけられている以上受け入れざるを得ない。

この様な経緯から、労働保険の適用を経営者は真剣に考えるべきだと私は本気で思います。

労働保険適用促進月間にあたり、私のブログでも促進を促しましたが、ポスターのバッチが気にくいません。

|

« 有給消化率 | トップページ | プロ野球の外国人監督と名球会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/3685821

この記事へのトラックバック一覧です: 労働保険適用促進月間:

» 究極の保険交渉術 [絶対大損させない交通事故保険交渉マニュアル!]
初めまして、いつも楽しく拝見しています。この度「絶対大損させない交通事故保険交渉マニュアル!」というサイトを作りましたので、トラックバックさせていただきました。貴ブログ訪問者である保険給付関係に興味のある方には、非常に有益な情報だと思っております。ぜひご訪問いただければ幸いです。万が一不要な場合は、お手数ですが削除して下さい。失礼しました。... [続きを読む]

受信: 2006年10月21日 (土) 21時23分

» 自賠責保険って結局? [http://1hoken.livedoor.biz/]
○この記事で学ぶこと 実際の自賠責保険料はいくらなのか? [続きを読む]

受信: 2006年11月 7日 (火) 21時02分

» 保険用語集【あ行】 医療保険制度改正 2006年 [保険@情報ナビ]
こんにちは保険@情報です^^医療保険制度の将来にわたる持続的なかつ安定的な運営を確保するため、健康保険制度および船員保険制度が平成18年10月より改正されました。改正のポイントは次のとおりです。・70歳以上の現役並み所得を有する方の一部負担金(窓口負担)...... [続きを読む]

受信: 2007年1月23日 (火) 15時44分

» 労災認定後のアフターケア 【うつ病 休職 お助け部屋】 [うつ病休職お助け部屋]
【うつ病 休職 お助け部屋】労災保険制度では、業務上災害又は通勤途上災害により被害を受けられた方に対して、その方の症状が固定した(治ゆ)後においても、後遺症状や、後遺障害に付随する疾病を発症させるおそれがあることから、必要に応じ予防その他の保険上の措置...... [続きを読む]

受信: 2007年2月 1日 (木) 00時11分

« 有給消化率 | トップページ | プロ野球の外国人監督と名球会 »