« 労働保険適用促進月間 | トップページ | 民主党の国会質問はあれでいいの? »

2006年10月 5日 (木)

プロ野球の外国人監督と名球会

今日の東京地方は雨。

ある病院の総務課長と打ち合わせをしていたのですが、天気が気になる様子。

聞いてみると今日は神宮球場に行く予定であると。

雨天中止を心配しての事でした。

阪神ファンで今年は、見に行った試合の成績4勝1敗で、2試合が雨で中止。

甲子園球場まで阪神戦を観に行く大の虎吉です。

先日ある方から昨年のセントラルリーグ優勝記念のCDを頂いたので、、私よりもふさわしいこの課長にプレゼントすることとしました。

061005001

私は昔は巨人ファンでしたが、今はアンチ巨人です。

巨人が変われば日本のプロ野球も面白くなると思ったら、いつの間にかアンチ巨人になっていました。

昨日のヤフーの記事でプロ野球の外国人監督の利点が掲載してあった。

今の日本のプロ野球は、現役時代の有名選手が就任するケースが殆どで、無名選手が監督に就任するケースは阪急の上田監督以来無いらしい。

現役引退→2軍コーチ→コーチ→2軍監督→監督

等々の生え抜きの指導者が生まれていないとのこと。

サッカーでは、監督になるには試験にパスをしなければならず、一流選手であっても例外ではない。

コーチ人事や選手の起用に対して、生え抜きの監督以外では思い切ったことができず、外国人監督はこのしがらみを断ち切れるので思い切った事をやりやすく、チームの好成績につながっているのではないかとの記事であった。

大変に面白く参考になる。

私の恩師多摩大学北矢行男教授が千葉ロッテの顧問をやっていた時、広岡GMとバレンタイン監督との軋轢の話を良くされていた。

何かをかえるということは、過去に功績があった方とのしがらみを断ち切る場面も出てくる。

名球会というプロ野球OBの親睦団体がこのしがらみを断ち切る際に邪魔をし、名球会の一員である監督が、監督退任後の事を考え思い切ったことができないということである。

北矢教授は、日本の企業の閉鎖性とプロ野球の名球会とを関連してお話しされ、学生時代になるほどな・・・、と講義を聴いていた。

この名球会と何ら関係のない外国人監督の起用が、好成績につながっているという分析は非常に納得性の高いものである。

名監督を生み出すシステムがない日本のプロ野球は、日本の野球レベルを低下させかねない。

野球の指導者の育成システムこそ、選手育成システムの前提条件であり、これは、我々企業人にも共通して言えることである。

|

« 労働保険適用促進月間 | トップページ | 民主党の国会質問はあれでいいの? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/3698977

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球の外国人監督と名球会:

« 労働保険適用促進月間 | トップページ | 民主党の国会質問はあれでいいの? »