« 特定社会保険労務士研修2日目 | トップページ | 今日から日常生活に・・・ »

2006年10月 9日 (月)

特定社会保険労務士研修3日目

今日は司法研修3日目。

専修大学法科大学院渡辺章教授の労使関係法と弁護士の安西愈先生による労働契約総論です。私は今日が終われば、11月17日まで免除されているので課題提出のみです。

昨日は慶應義塾大学法科大学院平野裕之教授による民法でした。

契約法、不法行為法、消滅時効の3つをやりました。

午前の講義が終わって、エレベーターで下に向かったらエレベーターが止まりました。

閉じこめられてしまったのです。

時間にして約20分ほどでしたが、結構辛かったです。

ビルの防災センターの対応が悪く、今行くとか、行くからまっててという対応。

申し訳ありませんとか、もう少しで救助に行くから頑張ってくださいという対応が必要なのでは。

解放されたばかりのエレベーター↓
061009001_1

解放後、ビル管理会社の謝罪もなく、警察と消防の事情聴取にも立ち会わない。

最悪でした。

渋谷に多くビルを所有し、管理している会社のようですが、このビルでは再発防止とか全く考えた内容に思います。

事情聴取したのは警察と消防だけですから。

しかし、エレベーターに閉じこめられるということは怖いですよね。

怖くて緊張している自分との戦いでした。

そんな状況ですから、ビル管理会社の対応に怒りが向かってしまうのですね。

危機管理とはそいうものだと思うのですが。

今日の3日目事故無く、無事に過ごせますように。。。

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

メールマガジン「人事のブレーン社会保険労務士レポート」
http://www.yamamoto-roumu.co.jp/mailmagazine.html

|

« 特定社会保険労務士研修2日目 | トップページ | 今日から日常生活に・・・ »

コメント

最悪!許せない!結果20分だから良かったけど、いつまで閉じ込められるんだろう。って思っている方は永久に続くような思いがして恐いんだから!管理会社はあーまたあそこかぁ。と思うだけでしょうが、こっちは初めてなんだから、救出に向かう方が慣れちゃぜったいダメ!そういうことが判らない会社は、いつか土下座する会社になります。これホントです。最近クレーム多くてまいちゃうよなぁ。こんな会社は社名公表しましょう。小さな事でも、しっかり対策を立てられる会社は大きなトラブルは起こしません!心あたりのある担当者は、今すぐ対応を急ぎましょう。クレーム対応はお客様の心をつかむ願っっても無いチャンスです。逃げていてはいけません!嫌われるか、ファンになっていただけるか、この差は大きいですよ!

投稿: MoMoちゃん | 2006年10月 9日 (月) 23時10分

参りました。。。
今日管理会社の防災センターの責任者から連絡があり、警察と消防の事情聴取に立ち会わなかったことの謝罪と今後の再発防止への取り組みについて説明を受けました。

エレベーターが止まったときのマニュアルがないというのには驚きましたが・・・。

管理会社はいい加減と思って、エレベーターに閉じこめられた場合には、携帯がつながっているのであれば、119番通報をするべきであるなと思いました。

投稿: 山本法史 | 2006年10月10日 (火) 20時03分

災難でしたね、で済むことじゃないですよね。みなさん、119へ通報!肝に銘じておきましょう!ホント大変な経験をされましたね。大事にいたらなくて、良かったですね。でも不謹慎ですが、ブログネタとしてはおいしいかも。クレームする側のテクとしては、緊急性をアピールするに限ります。それには、自分は冷静でも、切れた振りをすること、そうすると希望が通じます。一時流行った「恫喝」ですね。「脅し」でもいいですけど。どうしても、日本人は慌てていると、受け取られたくないので、余裕のある振りをしてしまいがちですが、欧米人のように「キレ」アピールしましょう。以外に早く対応してくれます。公的機関は効き目バッチリです。理由は彼らは怒られて育ってないから、です。

投稿: 会津の母 | 2006年10月10日 (火) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/3741755

この記事へのトラックバック一覧です: 特定社会保険労務士研修3日目:

« 特定社会保険労務士研修2日目 | トップページ | 今日から日常生活に・・・ »