« 特定社会保険労務士への道4 退職の意思表示の撤回 | トップページ | 特定社会保険労務士への道6 雇い止めにおける期待利益とは »

2006年11月20日 (月)

特定社会保険労務士への道5 復職規定による治癒とは

今日は寒かった。。。

ということで昼は、大好きな地元日吉町の「小いけ」で鍋焼きうどん!!

061120001

1080円しますが、エビ天最高!!

体が温まりますよ!!

自己満足ブログ今週金曜までの限定です。

労働契約法に関して等々書きたいことが満載なのですが、いまは耳をふさいで受験勉強に集中していますのであしからず!!

休職期間満了による職場復帰を考えるにあたっての「治癒」とは一体どんなものでしょうか。

治癒とは一般的に、「従前の業務を通常程度行える健康状態に復したときをいう」とされていますが、片山組事件(最一小判 平10.4.9)において労働契約に職種や業務内容を特定されていない場合には、労働者が復職の申し出をしてきた場合、同人の能力、地位、経験、その会社の規模、業種、労働者の配置・異動の実情及び難易度に照らして当該労働者が配置される現実的可能性があると判断される職場を他に検討を行っていなければ、、当該労働者が債務の本旨に従った労務の提供をしなかったものと断定することは出来ないとされている。

よって、規模の大きい企業ほど復職のハードルが低いということになります。

記事に共感して下さった方は下記をクリックお願いします
Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

|

« 特定社会保険労務士への道4 退職の意思表示の撤回 | トップページ | 特定社会保険労務士への道6 雇い止めにおける期待利益とは »

コメント

うまそ~!

投稿: 鈴木 基司 | 2006年11月21日 (火) 09時33分

うまいっすよ!!

投稿: 山本法史 | 2006年11月26日 (日) 13時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/4258569

この記事へのトラックバック一覧です: 特定社会保険労務士への道5 復職規定による治癒とは:

« 特定社会保険労務士への道4 退職の意思表示の撤回 | トップページ | 特定社会保険労務士への道6 雇い止めにおける期待利益とは »