« ハンカチ王子で視聴率? | トップページ | フリーターの戦力化 »

2006年12月20日 (水)

雇用保険法にいうところの短時間就労者

今日は大安吉日、そして年末ジャンボ販売最終日!!

061220001

061220002

1億円当たったら・・・。

レクサスLS460買って、妻にアルファード買って、住宅ローン返して余った資金で事務所を購入!!

こんな空想をしております。

雇用保険の被保険者の要件に短時間就労者について、行政手引20368にて、以下のように決まっています。

(1)週の所定労働時間が20時間以上であること。

(2)1年以上引き続き雇用が見込まれること。

そして、一般被保険者のうち週20時間以上30時間未満で短時間労働被保険者として取り扱われます。

短時間就労者の定義として、行政手引20368では、上記(1)(2)の他に、1週間の所定労働時間時間が同一の適用事業に雇用される通常の労働者の1週間の所定労働時間より短く、かつ、40時間未満の場合とされている。

まとめると、短時間就労者は一般被保険者と短時間労働被保険者に区分して取り扱われ、そのラインは30時間である。

このようなことである。

しかし、先日短時間就労者の被保険者取得について、職安の窓口で30時間以上の短時間就労者は1年以上の雇用見込みは関係がないとの説明を受けた。

私はその様なことはないとお話ししたが、その担当官は根拠資料を探すとのこと。

その後、連絡があり根拠資料が見つからない。条文を文理解釈されては困るんです・・・。

このようなお話しがあった。

文理解釈をされては困るとは一体・・・。

少なくとも公務員が言うことではないと思うのであるが。。。

短時間就労者の定義が行政手引でなされており、30時間以上の労働者についてはその定義が適用されないとの根拠がない以上、短時間労働被保険者ではない短時間就労者は1年以上の雇用見込みが無ければ被保険者となる資格がないと解するのが妥当である。

根拠のないことがまかり通ることのない様に、我々社会保険労務士も日々研鑽しなくてはならない。

|

« ハンカチ王子で視聴率? | トップページ | フリーターの戦力化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雇用保険法にいうところの短時間就労者:

» ユーキャン(U−CAN)で資料請求して資格取得しましょう! [ユーキャン(U−CAN)資料請求&資格取得 ユーキャンの通信講座]
ユーキャンとその資格について知識を深めて、資料請求しましょう! [続きを読む]

受信: 2006年12月21日 (木) 00時02分

» パートタイム助成金(短時間労働者雇用管理改善等助成金) [パートタイム助成金(短時間労働者雇用管理改善等助成金)]
パートタイム助成金(短時間労働者雇用管理改善等助成金)は雇用するパートタイム労働者に、正社員への転換制度や教育訓練の実施など一定の雇用管理面での改善を図るなど他の事業主の模範となる取り組みを行う中小企業事業主(モデル事業主)に対して支給される助成金です。... [続きを読む]

受信: 2007年1月 8日 (月) 11時13分

« ハンカチ王子で視聴率? | トップページ | フリーターの戦力化 »