« 労働政策審議会最終報告本日取りまとめ | トップページ | 労働者派遣の派遣期限の撤廃 »

2006年12月28日 (木)

行政改革とは統合運用

今日は仕事納めの方も多いと思います。

車の多いこと多いこと。。。

駅前の駐車場も空きが無くて困りました。

061221001_2

写真は、八王子にある高層住宅の実験施設。

国土交通省の所管でしょうが、これに携帯やテレビのアンテナ付けて活用する事が国有資産の有効活用に思えます。

クライアントではない独立行政法人の友人がいっていましたが、業務の縮小があるとのこと。

民業圧迫している機関であれば、やはり業務縮小はやむを得ないでしょう。

直接融資している機関は、民間の融資の債務保証を行うとか・・・。

内閣の情報収集力強化のための機関をどうするかの検討を政府がはじめたというが、外務省、防衛庁、警察庁、公安調査庁にそれぞれあるが、統轄する機関がない。

恐らく重複している部分もあるであろう。

麻薬取り締まりでも、厚生労働省と警察庁がそれぞれ行っており、情報の完全な共有化は恐らく行われていないであろう。

この様に考えると、行政改革とは重複部分の効率化が重要であり、ハードというよりソフトであり、統合運用の枠組みづくりということであろう。

この塔を見て、行政の効率化を思ってしまいました。

|

« 労働政策審議会最終報告本日取りまとめ | トップページ | 労働者派遣の派遣期限の撤廃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/4708589

この記事へのトラックバック一覧です: 行政改革とは統合運用:

» 【自宅火災・火事がきっかけで洋服ダンスでの大麻栽培発覚】悪人 [★ニュース・全般★]
大麻草栽培した男を逮捕 自宅火災で発覚  大麻取締法違反で現行犯逮捕されたのは、土木作業員・三原寛之容疑者(33)。  26日午後8時ごろ、三原容疑者の部屋で約7平方メートルを焼くボヤ・住宅火災・火事が発生し、栽... [続きを読む]

受信: 2006年12月28日 (木) 17時40分

« 労働政策審議会最終報告本日取りまとめ | トップページ | 労働者派遣の派遣期限の撤廃 »