« 都バス赤字という報道に感じること | トップページ | 雇用保険法にいうところの短時間就労者 »

2006年12月19日 (火)

ハンカチ王子で視聴率?

友人の会社にあったレクサスのパンフレット

Dvc00012_2

一千○百万する車。

友人は購入しましたが、私にはまだまだ手が届きません。

昨日、夜のニュースで鮪の話をしていた。

昔は高級魚であったが、商社をはじめ業者の努力で大衆魚となり消費量が増えた。

その結果、鮪の数が減少したとのこと。

確かに鮪は高級魚といえるかどうか・・・。

値段は下がっているのでしょうね。

そう考えると「いつかはクラウン」という時代があったそうですが、クラウンも購入できない価格ではなくなり一般化しているなか、その上のセルシオも同様の現象が起きている現状で、レクサスのブランドの立ち上げは悪くはないと思う。

ディーラー曰く、「高すぎて購買層がベンツやBMWへ流れた」と。

しかし、私は国産車しか乗りたくないし、ベンツやBMWと比較するとレクサスの装備は凄いと思う。

この辺は趣味の問題ですが・・・。

しかし、「いつかはレクサス」と頑張りたいところ。

そんな目標を与えてくれたレクサスに感謝してしまいます。

昨日の新聞記事に「6大学野球」民放キー局が放送へとあった。

きっかけは、ハンカチ王子こと斉藤投手の人気を期待してだそうだ。

巨人戦の放送も40試合台になってしまうようで、野球の人気低迷が現れているようだ。

しかし、私が思うに野球は人気が低迷してはいない。

草野球も盛んであり、八王子市のグランドは簡単にはとれない。

球場が新設されたのにもかかわらずだ。

WBCやアジアチャンピョンになった日本ハム戦は真剣に観た。

問題は、選手の人気や監督の人気で視聴率をとろうとする読売グループの考え方である。

6大学野球も日本テレビが放映するらしく、「読売グループらしい」と感じた。

ハンカチ王子のファンが2時間の野球の試合を最後まで観るかというと疑問である。

選手の人気はきっかけであり、一球一打に懸ける意気込みにプロとしての、我々にはない何かを感じて一生懸命観てしまう。

昨日、報道ステーションで元テニスプレーヤーの松岡修三氏が、体調管理について熱弁していた。

水の悪い国へ行ったらサラダでさえ食べず、シャワーも目には入らないように水泳のゴーグルをして浴びていたと。

プロとしての体調管理とはそういうものだと。

凡人の我々には想像のつかない努力が影にあり、そのプロとしてのオーラに我々は魅せられるのである。

高校野球の夏の選手権大会。

負けたら終わりという気概でやっている高校球児を通じて感動を味わい、地域性とあわせて、高い人気があるのであろう。

大リーグも、松井でさえ結果が出なければスタメン落ち、マイナー落ちという事態になり、日本のプロ野球のように結果のでない4番打者がスタメンで出られる保障など無いだけに、その緊張感が一球一打の真剣勝負を生み、我々ファンをドキドキさせてくれるのである。

プロ野球人気を復活させようとするならば、緊張感のある、すなはちどんなスターでも結果が出なければすぐにファームという体質にする事しかない。

それが、緊張感を生み、本当の野球の楽しさを我々ファンに味あわせてくれるからだ。

具体的には、外国人監督を増やすとか、外国人枠を撤廃しアジアから選手を沢山受け入れるとか、名球会やOB人脈で組閣をしないとか、選手と指導者を自前で育てる球団の姿勢が必要である。

アジアの中での大リーグ的存在に日本のプロ野球がなれれば、アジア各国での放映権で球団に収益をもたらす。

台湾、韓国、中国等々アジアリーグをせっかく開催しているのであるから、アジアの中心たる日本のプロ野球に育てていかなければ、プロ野球が面白くなるはずがない。

テレビの放映数が減るのは残念であるが、それによって視聴率を気にせずに、スター選手をスタメンからはずせるし、ファームへ行かせることが出来る。

ものは考えようで、改革は今を逃しては成らない。

ドラゴンズの球団歌で「名古屋ドームにつめかけた 僕らをジーンとしびれさす いいぞがんばれ! ドラゴンズ! 燃えよドラゴンズ!!
」というフレーズがある。

ドラゴンズファンではないが、これを聞くたびに「ジーンとしびれたいな」と思う。

高校野球やパリーグのプレーオフ、アジアシリーズ、大リーグには「ジーンとくるものがある」

大リーグに行った選手も、日本のプロ野球でこの「じーんとくるもの」が無くなってしまったのであろう。

このためにも、選手や監督で視聴率をとろうとする考え方をやめて、どんなスター選手でもスタメン落ちはすぐに来るというシステムにしないと明日はない。

スター選手が、スタメン落ちすれば若手にチャンスがまわってくる。

それがチームの活性化であろう。

巨人が自前の選手が育ちにくいのは、そこが問題であろうと思う。

子供の頃のように、毎日ワクワクプロ野球が観られる日を心待ちにしている。

|

« 都バス赤字という報道に感じること | トップページ | 雇用保険法にいうところの短時間就労者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/4605202

この記事へのトラックバック一覧です: ハンカチ王子で視聴率?:

» ソフトテニスを楽しむ基礎情報 [ソフトテニスが楽しくなる情報(中学・・・)]
ソフトテニスは、ネット越しにゴム製のボールをラケットで打ち合うシンプルな球技で、同じ競技に硬式テニスがあります。 硬式テニスに対して以前は軟式テニスと呼んでいましたが、1992年に全面的なルール改定に合わせてソフトテニスと改称しました。 [続きを読む]

受信: 2007年1月18日 (木) 01時47分

» メゾピアノについて [メゾピアノに夢中♪@メゾピアノ情報館]
トラバ失礼いたします。 メゾピアノについて記事を書いたのでトラックバックさせていただきました。 是非一度おこしいただけたら幸いです。迷惑でしたらお手数ですが削除をお願いします。メゾピアノは、ナルミヤインターナショナルが展開しているブランドで、今どきのママならほとんど知っているという子供服が有名なブランドです。 メゾピアノは、ヨーロピアンテイストで優しい生地の手作り感がある上品な洋服が人気... [続きを読む]

受信: 2007年1月19日 (金) 21時33分

« 都バス赤字という報道に感じること | トップページ | 雇用保険法にいうところの短時間就労者 »