« 防衛省に | トップページ | 事前面接禁止の撤廃 »

2007年1月10日 (水)

東京に金融特区

行きつけの居酒屋にあったカレンダー。

061229003

魚の漢字読めますか?

今日の日経新聞夕刊に、訪英中の山本有二金融担当相が東京に金融特区を創設するという記事があった。

先日テレビで、日本ブランドに陰りがあるとの報道があった。

中国市場に於いては、携帯電話はモトローラやノキアが人気であったり、プラズマテレビ液晶テレビは韓国製に比べてデザインが洗練されていない等々のコメントがあった。

人口が減少していく我が国にとって、海外における日本ブランドの確固たる地位の確保は大切であるが、外資を日本に呼び込むことも重要である。

今回の金融特区も、世界的な証券取引所の提携の中、東京市場が活性化しなければ、アジアでの金融センターとしての地位が他のアジア諸国の市場に奪われる。

空港でも、ハブ空港化をしていこうと思っても官僚的な運営ではどうにもならない。

成田、羽田、関西、中部等々の空港があるが、地域間での主導権争いをしていては我が国の国益を損なう。

証券市場は東京、空港は羽田という国内の最重要拠点を決めて、その最重要拠点がアジアの中心的存在感を示さなければ、日本全体が沈没してしまう。

国家が優先順位を付けるということは、それに漏れた地域の反発もあり大変であるが、国家戦略をしっかりともってアジアの中心である日本という地位を確立していかなければならない。

金融特区も、他のアジア諸国よりも優位性のあるものにしなければならず、横槍で骨抜きのものにしてはならない。

|

« 防衛省に | トップページ | 事前面接禁止の撤廃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/4875918

この記事へのトラックバック一覧です: 東京に金融特区:

» 社会保険料の節約 [社会保険料の節約]
少子高齢化に伴い社会保険料の負担は事業主にとっては頭をかかえる経営課題になっていると思います。厚生年金保険料率は平成16年10月から毎年0.354%ずつ引き上げられ、平成29年9月以後は18.3%に固定されることになりました。 ... [続きを読む]

受信: 2007年3月 9日 (金) 09時51分

« 防衛省に | トップページ | 事前面接禁止の撤廃 »