« 健康保険組合がレセプトをチェック | トップページ | 講演の資料づくり »

2007年1月19日 (金)

先生と呼ばれる所以

私のマグカップは福助です。

070119002

もう何年も使ってますが、福よ来いという気持ちを込めて使ってます。

070119001
↑書棚には人形も

福助のお陰かどうかは分かりませんが、事務所も順調に運営できてますので、もう暫く使っていこうと思ってます。

今日は、このブログを始めるきっかけにもなった株式会社ヒューマンアイの桐生一郎社長のブログ1周年
桐生社長のブログ↓
http://www.human-i.co.jp/blog/

私もあと5日でブログ開設1周年です。

メルマガは、まる3年が経過し4年目。

その前の八王子商工会議所の連載を含めると6年近く毎月1本の論文を書いていることになります。

我ながら良く続いたなと思います。

毎月15日発行はかろうじて守ってます。

メルマガ「人事のブレーン社会保険労務士レポート」↓
http://www.yamamoto-roumu.co.jp/mailmagazine.html

私は社会保険労務士で、平成9年の試験に合格して全国社会保険労務士会連合会に平成10年7月1日に登録してから「先生」と呼ばれています。

登録すれば誰でも先生と呼ばれるんですね。

しかし、我々が先生と呼ばれる所以は勉強し続けてクライアントの問題を解決できる能力を維持できているからであると考えています。

士業に定年はありません。

しかし、勉強し続ける気力が無くなったときが定年だと考えます。

メルマガを毎月執筆してますが、読者の方々にもっと役に立つ経験もしています。

しかし、残念ながら守秘義務の関係で公にすることは出来ません。

一般論として、色々な角度からみて文書にしているつもりです。

どうしても実務に流されて、インプットの勉強はするけれどアウトプットの勉強はしない。

だからメルマガを発行し、講演も原則として受けるようにしています。

「先生と呼ばれる所以は、勉強をし続け、それをクライアントに提供するシステムであること」をモットーに頑張っていきたいです。

|

« 健康保険組合がレセプトをチェック | トップページ | 講演の資料づくり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/4996872

この記事へのトラックバック一覧です: 先生と呼ばれる所以:

« 健康保険組合がレセプトをチェック | トップページ | 講演の資料づくり »