« 日本のかまどが世界に普及 | トップページ | 内管という厚生年金の適用基準根拠 »

2007年1月28日 (日)

太和会設立30周年

今日は八王子のうかい竹亭で、社会福祉法人太和会の設立30周年記念の役員懇談会でした。

070128001
↑うかい竹亭

070128002

070128003
↑うかい鳥山と同じく日本庭園の中にある日本家屋の建物

070128004
↑ここが今日の宴会場

070128005
↑茶室もあります。
喫煙室になっていましたが・・・。

070128006
↑お湯も沸いています

070127007

30年前、美山町会では保育園が近くになく苦労されていたとのことで、有志が当時の町会長を通じて市や都に陳情に行き、太和会が設立されたとのことです。

町会長は、自宅を担保に資金を用意したとのことで、地域の為に自らリスクを犯すということはなかなか出来ることではありません。

保育園の運営も、手探りの状態で始まり大変であったようです。

町会ぐるみで運営されていた苦労話をお聞かせ頂き、当時の地域社会は相互扶助の意識がしっかりしていたのであるなと感じました。

今の社会には、この様な相互扶助の精神が欠けているのではと思います。

何でも役所に頼るのではなく、団塊の世代の退職と地域コミュニティーの充実と関連させてすすめる、地域振興があるのではないかと考えます。

当時設立に携わった方のお話を聞いて、拝命している理事をしっかりと務めなければならないですね。

|

« 日本のかまどが世界に普及 | トップページ | 内管という厚生年金の適用基準根拠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/5112183

この記事へのトラックバック一覧です: 太和会設立30周年:

« 日本のかまどが世界に普及 | トップページ | 内管という厚生年金の適用基準根拠 »