« 平成19年2月八王子竜楽会 | トップページ | 仲間主義からの脱却 »

2007年2月23日 (金)

年度末の工事

年度末の工事シーズン。

普段混んでいないところで混んでいるので参ります。。。

P2190159

私は、道路利用者の立場からは夜工事して欲しいと思うのですが、家の前で夜工事されると、それはそれで嫌なものですよね。

社会保険労務士としては、クライアントが夜間工事をするというのは頭が痛い。

8時間労働でも2割5分増しなわけです。

また、昼仕事して夜仕事する場合、割増賃金の問題もさることながら、健康管理、安全管理の問題が出てきます。

安全な施行は、工期と品質を守るという意味で極めて重要です。

労働安全管理体制の整備というものは、指揮命令系統の整備も併せて行いますので、緊急時の体制と日常の体制が同じなのかどうかも含めて色々と作業の棚卸しをしなければならないことがあり、整備されている現場とされていない現場とでは災害発生率が変わってくるということが理解できます。

年度末の工事を見て、業者は大変だなと思い今日の記事にしました。

|

« 平成19年2月八王子竜楽会 | トップページ | 仲間主義からの脱却 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/5459845

この記事へのトラックバック一覧です: 年度末の工事:

» 行政書士・宅建(宅地建物取引主任者)・税理士・司法書士・社会保険労務士について [行政書士・宅建(宅地建物取引主任者)・税理士・司法書士・社会保険労務士]
行政書士、宅建(宅地建物取引主任者)は数ある国家資格の中でも1,2を争う人気資格ですが、行政書士試験は、平成18年度に試験制度の変更が行われました。宅建(宅地建物取引主任者)試験も難易度が上がってきています。 その他にも、士業といわれる税理士、司法書士、社会保険労務士なども人気が高く、それぞれ税務、不動産登記、労働法務関係のスペシャリストとしての活躍が期待されます。 数年前から言われているように、サラリーマンも安泰とは言えない... [続きを読む]

受信: 2007年2月24日 (土) 00時40分

« 平成19年2月八王子竜楽会 | トップページ | 仲間主義からの脱却 »