« バブル時代何をしていましたかという質問 | トップページ | 社会保険事務所の調査 »

2007年2月28日 (水)

運送業についての連携

八王子の楢原町にある「一陽来福」。

つけ麺が美味しいのですが、塩ラーメンも美味しい。

さっぱりしていてとても美味しかったです!!

070228001

隣で食べていた友人の某社長。

二日酔いで酒臭かった。。。

運送業のことである保険代理店と打ち合わせをした。

運送業は改善基準というルールで労働時間管理をしている。

この労働時間管理は独特であり、旅客運送、貨物運送双方に完全に対応できる社会保険労務士は少ない。

私は、タクシー、ハイヤー、貨物運送と顧問先がありこの改善基準と格闘しているが、賃金についてこの労働時間管理とのリンクをどの様にしていくのか。

具体的に言うと歩合率の設定の話である。

4トンや2トンの車輌の大きさや運ぶ荷物の種類による歩合率の設定等を考慮しなければならない。

この辺までは私で対応が出来るのであるが、安全でかつ効率的に運行する為の管理やデジタコの問題については損害保険会社はノウハウをもっている。

損害保険会社でも三井住友海上は物流サポートセンターというコンサルティング部門があり、運送業のコンサルティングは力を入れている。

この部門と提携して一緒にコンサルティングを行うことで一定の成果を上げている。

保険の契約について私にコミッションが入ることはないが、クライアントに充実できるサービスを提供できるという点とコンサルティングのノウハウが手に入るという点で私の事務所にもメリットがあり積極的に連携している。

私にない分野で、専門性の高い方との連携は今後力を入れていきたいと思う。

|

« バブル時代何をしていましたかという質問 | トップページ | 社会保険事務所の調査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/5517680

この記事へのトラックバック一覧です: 運送業についての連携:

» 自動車保険の真実を伝える [自動車保険の真実を伝える]
自動車保険を分かりやすく解説し、比較のポイントや選ぶポイントを伝え、自動車保険の真実に迫ります。 [続きを読む]

受信: 2007年3月 1日 (木) 20時45分

« バブル時代何をしていましたかという質問 | トップページ | 社会保険事務所の調査 »