« タミフル | トップページ | 夕焼け小焼けふれあいの里でちょっとした散歩 »

2007年3月17日 (土)

アメリカで醤油が売れている

京王線高尾山口駅前にある、トリックアート美術館。

070318001

ホームページはこちら
http://www.trickart.jp/

ガソリンスタンドは行ったことがあるのですが、この美術館は行ったことがありません。

私の大学時代に出来た美術館だとおもいます。

一度行ってみたいのですが、なかなか行く機会がありません。

キッコーマンの売上げが海外での売上げと、国内での売上げが拮抗しているとのこと。

トヨタやホンダより早く現地生産をし、アメリカの市場に供給していたようです。

もっと驚いたのは、アメリカでの醤油消費は、刺身や寿司ではなく、肉の下料理からはじまったようで、醤油の香ばしい香りは確かに良い物ですよね。

そして、ラザニア等の冷凍食品にも醤油が隠し味で入っているらしい。

サンドイッチチェーンのサブウェイも醤油を使った商品が発売されたようで、それは、和風というコンセプトではなく、通常の隠し味としての利用だそうです。

和のテイストを出すための味付けであれば、醤油の活躍するフィールドも狭まるであろうが、純粋に隠し味として使われているのであれば、今度非常に大きいマーケットになる可能性がある。

アメリカでは、醤油といえばキッコーマンが代名詞だそうで、他社の追随をしばらくは許さないであろう。

今後は、ヨーロッパやアフリカにも醤油を広めたいとのこと。

アメリカでの醤油の売り方を見ていると、それも可能であろうと思ってしまう。

日本の味を世界に広める企業。

応援したくなってしまう。

|

« タミフル | トップページ | 夕焼け小焼けふれあいの里でちょっとした散歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/5729651

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカで醤油が売れている:

« タミフル | トップページ | 夕焼け小焼けふれあいの里でちょっとした散歩 »