« 運送業の賃金制度 | トップページ | 研修医の自殺と医療の質 »

2007年4月16日 (月)

5市に1市の市長が無投票当選

昨日は仕事終了後、友人達が寿司屋で誕生会をしてくれました!!

070416001

統一地方選挙後半戦が始まったが、日経新聞を見て驚いたことは、無投票で市長が決まった市が19市あり、全体の割合として5市に1市が無投票当選ということのようだ。そのうち4市が2回連続無投票ということである。

この割合の高さに驚くとともに、全ての無投票当選市長が全ての政党からの推薦をもらっているわけではないということも凄い。

自民党単独の推薦が3市、公明党単独の推薦が2市、自民公明の推薦が2市ある。

民主党や社会党はこれらの候補に推薦を出していないわけで、対立候補が擁立できないのか、ただ単に推薦をしていないのかわかならいが、二大政党制を目指している民主党が存在しながら、この数字の高さには驚いた。

議論の中から新たなものが生まれて来るという考えをもっているので、無理してでも対立候補を立てることが良いのではないかと思う。

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

|

« 運送業の賃金制度 | トップページ | 研修医の自殺と医療の質 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/6116285

この記事へのトラックバック一覧です: 5市に1市の市長が無投票当選:

« 運送業の賃金制度 | トップページ | 研修医の自殺と医療の質 »