« 新緑の季節ですね | トップページ | 翌日開票で500万の経費削減? »

2007年4月23日 (月)

最低賃金の計算方法

とある選挙事務所で飲んだお茶。

070423001

だるま茶。

選挙をするには、事務所を構え、街宣車を用意し、ビラを印刷し、ポスターを作り・・・。

お金がかかりますよね。

でも、選挙用品を作っている会社は儲かりますよね。

選挙に出るなら、選挙用品を作った方が・・・。

商売人の考え方ですが。。。

今日は最低賃金の話。

最低賃金の算出方法ですが、まず最低賃金の計算にあたり控除して計算しなければいけないものは以下の通りです。

・精皆勤手当、通勤手当及び家族手当
・臨時に支払われる賃金
・1ヶ月を超える期間毎に支払われる賃金
・所定時間外、休日労働、深夜時間帯に対して支払われる賃金。

これらが含まれている賃金で計算した結果最低賃金額を上回っていても、最低賃金を満たしているとはいえません。

これらの賃金を控除して、日額と月額について以下の通り算出します。

<月額>

月額賃金/年間総所定労働時間/12

これで算出された時給換算額が最低賃金額以上であれば最低賃金法を満たしていることになります。

<日額>

日給額/1日の所定労働時間(日によって所定労働時間数が異なる場合には、1週間における1日平均所定労働時間)

これで算出された時給換算額が最低賃金額以上であれば合法となります。

最低賃金の計算方法について誤解が多いので今日の記事としました。

皆さんご確認下さい!

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

|

« 新緑の季節ですね | トップページ | 翌日開票で500万の経費削減? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/6188926

この記事へのトラックバック一覧です: 最低賃金の計算方法:

« 新緑の季節ですね | トップページ | 翌日開票で500万の経費削減? »