« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

法人会の研修事業で感じたこと

昨日は八王子法人会青年部の研修事業でした。

内容は、転職について。

一部は心臓血管外科医から吉野化成の社長になられた吉野社長の話。

070531001

停滞は後退であるという言葉は医師の世界に生きてこられた吉野社長の重たい言葉であると思いました。

070531002

二部は、飲食店から真言宗の僧侶になられた吉野さんの話でした。

ご両人とも吉野さんでややこしいのですが、別人です。

070531003

諸行無常とは、今日を一生懸命生きる事で、明日があるさではなく、明日はどうなるか分からないということのようです。

今日一日一生懸命生きろとの仏教の教えであると思いました。

僧侶になる修行は、言葉を換えれば監禁され毎日同じ事の繰り返しで非常に苦痛だそうです。

その中で、今までの自分の生き方を振り返り反省すべき点は反省したとのこと。

人生とは、激流を下っているときにあまり周りのこととか、自分の事を考えず勢いでやり過ごしてしまうとのことですが、激流を下りきったところで周りを見る余裕ができて振り返ってみると、これで良かったのかと悩むことがある。

激流の時こそ、自分自身で自省できる時間を作ることが経営者として大切なことではないかと言われたときになるほどと思いました。

私は今激流の中であり、勢いで仕事を進めることができています。

しかし、自分の仕事への考え方を修正するであるとか、反省するであるとか正直十分にしてきてません。

そういう意味で、自分自身が考えられる時間をつくっていきたいと考えています。

そしてもう一回り大きい自分でクライアントの皆様と接していきたいと思います。

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月30日 (水)

労働基準監督官の臨検

今日は年金納付記録の紛失に関しての救済法案について、TBSのNEWS23の取材を受けました。

070530001
↑取材後の片づけの風景です

膳場アナウンサーとインタビュー形式での取材でした。

テレビの取材は2回目で、初回は3年半前の年金改正について。

緊張しましたが、講演と思えば大丈夫と馴れてきて大分リラックスして話しました。

インタビューする方が疑問点をその場で聞いてくれるので、反応の薄い講演よりも聞いている方の反応を探る必要がなく、ある意味リラックスできました。

今日の放送予定だそうです乞うご期待!!

今日はある会社の労働基準監督監督官の臨検でした。

調査の際に思うことは、いかに労働時間管理が大切かということです。

適正な労働時間管理がなされていなければ賃金体系も適正にはなりません。突き詰めて考えると、社会保険労務士の仕事の前提は適正な労働時間管理の提案が出来てはじめて賃金制度をいじれると考えるのです。

現状の労働時間の運用を分析し、変形労働時間制度の導入が良いのか否かを含めて検討をし、最善な労働時間管理制度の導入を図るのです。

これを前提に、賃金制度は決定すべきであり、このプロセスを経ないと合法的な賃金制度は完成しないのです。

コンプライアンスについての重要性はこのブログでも度々取り上げましたが、この適正な労働時管理制度とそれに対応した賃金体系を考えていけば労働基準法についても守ることは難しくありません。

コンプライアンスの徹底というクライアントにニーズに応える為に、労働時間管理制度を研究することにより、中小企業においても充分無理することなく労働基準法の求めるところの制度設計が出来るわけです。

ここが社会保険労務士の経験の違いとしてあらわれてくる点であり、私の得意としている分野です。

今日の労働基準監督官の臨検にあたりこの事を改めてお伝えしました。

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月29日 (火)

労働者派遣事業の調査

昨日は労働者派遣事業の申請に伴う、東京労働局需給調整事業部需給調整第一課の調査。

070529001

調査風景。

労働者派遣の届出・申請件数は増えているようです。

理由としては、人材派遣業を本業で行う事業所数が増えているのではなく、今迄出向形式で行っていた業務が、厳密に解釈すると労働者派遣事業に該当するので、特定労働者派遣事業の届出若しくは一般労働者派遣事業の許可申請を行う事業所が増えているわけです。

例えば、プラントのメーカでプラントのメンテナンス要員が客先に常駐している場合、客先の指揮命令下に入り、出向手数料をメーカーに支払っていれば原則的に労働者派遣になります。

ですから資格のない事業主が事業を行えば違法派遣になります。

朝日新聞の派遣業に対するバッシングから、通常の出向についても見直しコンプライアンスの徹底を図る企業が増えています。

建設業における元請けへの設計業務の応援や発注者の顧客データの整備など、業種に関わりなく許可を必要としている事業所が増えているということです。

人材派遣とは優秀な労働者の囲い込みが重要であると考えると、プラントのメンテナンスや建設業の設計業務や顧客管理業務などについては基本的に常用労働者の派遣であり、既存の人材派遣会社とは競合しないと考えられます。

しかし、欲を出して一般の人材派遣を行おうとすると、相当な気合いを入れて取り組まなければ経営資源の拡散を促すだけであり、私が届出若しくは許可申請をする事業主についてはこの点をしっかりとお伝えしています。

一般派遣の許可申請は今現在3件抱えていますが、全ての会社は前述の理由からの申請であり、広く人材ビジネスに参入しようと思われてはいないようです。

調査を通じて、色々な経験を積めますので、皆様に経験を還元すべく一生懸命進めていきます。

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年5月28日 (月)

野党は年金納付記録で批判できる資格はあるのか

行きつけの鉄板焼き屋さんの「鯉魚門」。

今月いっぱいで一時閉店とのこと。

なので仲間と最後の晩餐へ!

070528001
↑左からシムテック立石社長、エスエストラスト杉本社長、小澤設計事務所の市一級建築士

070528002
↑解体のはつり業者の親方青田社長

070528003

ハウスボトルのお陰で安く飲めました。

Dscf0223

蟹。美味しかったです!

070528004_1

肉です。刺身で食べても美味しかったです。

070528005

070528006

完成品

070528007

全景。

場所を変えて再開されるとのこと。

再開する日が楽しみです。

社会保険庁の年金記録の問題。

野党はこの問題を追求するとのこと。

しかしこの問題は、今起きた問題ではない。

昔から存在した問題。

民主党の小沢党首は元自民党幹事長。

菅副代表と最高顧問の渡部恒三氏は厚生大臣経験者。

羽田元総理も首相時代厚生大臣の臨時代理をしています。

与党経験のない政党と言ったら共産党ぐらいです。

民主党、社民党、国民新党は与党経験者や与党から出ていった人たち。

柳沢厚生労働大臣が辞任するなら、菅副代表も渡部、羽田両最高顧問も小沢党首も辞任しなければならない。

野党になり、政権政党ではなければ当時政権政党にいた時代のことを、無責任にも他人事のように追求できるのか・・・。

この様な点が政治不信の源泉のような気がする。

この問題は各党を挙げて取り組むべき問題であり、共産党しか批判をする権利がないと思うのであるが。

自由民主党が政権交代無く存在することは、日本の政治システムからすると健全ではないと思うが、民主党のやり方はどうしても納得がいかない。

民主党が政権の受け皿になったと思わせる対応を期待したい。

批判だけであれば、共産党だけで充分である。

小沢党首も有権者の目が肥えてきたということを自覚してもらいたい。

「批判するなら代案出せ。代案がないのであれば批判する資格はない。」

私の恩師多摩大学北矢行男教授の言葉である。

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年5月27日 (日)

子安東4丁目山車改造続報その3

昨日も子安東4丁目山車の山車改造現場へ。

070527001

山車にこのような模様が・・・。

070527003

本職の窪田さんの見事な技で規則正しい模様が入りました。

これが出来たらまた黒で塗って、その後凹んだ部分を金で塗るそうです。

気の長い作業ご苦労様です。

070527002

天井部分も完成し、囃子台以外の天井を朱で塗っていました。

070527004

070527005

070527006

細かい作業ですよね。

子安みとみ会の草薙会長より、私もここをやったという場所をつくったらと言って頂きましたが、とても私には根気のいる作業は出来そうにありません。

あと8週間で本番。

良い山車に仕上がりそうです!

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月26日 (土)

落語通検定合格カード届く!

今日は携帯電話を機種交換しました。

SH902iからn703iμへ。

薄いので良いのですが、携帯写真の画素数が気になりましたが、下の画像が新しい携帯の画像です。

070526003
↑昭島駅前にあるモリタウン内のドコモショップ

070526005

070526004

200万画素から100万画素くらいになりましたが、上記のような感じです。

ブログの運営にはあまり影響はなさそうです。(恐らく・・・)

今日は待ちに待った、落語通検定の合格カードが届きました。

070526001

070526002

これから友人に見せびらかして自慢してきます。(反応はなさそうですが・・・)

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月25日 (金)

評議員会

ヒューマンアイの高橋本部長。

私のブログの愛読者だそうで、ブログに出たいとのお話しを頂き、写真撮影(打ち合わせは真剣にやりました)。

Dscf0221
↑秋田総務課長(左)と高橋管理本部長(右)

高橋本部長は、営業畑のご出身で、昨年の人事で営業本部長から管理本部長に就任されました。

管理畑ははじめてで大変というお話しですが、管理部門の長についてはそれぞれのセクションがあり、経理、人事、総務、法務、庶務の専門家である社員を上手くコーディネートしていくことが重要であり、時として管理畑を歩まれた方は、自らの専門分野や成功体験を中心として業務を進めがちな傾向があるので、営業畑からの就任については非常によいと思うのです。

高橋本部長は大変でしょうが・・・。

長になるということは専門家ではなく、ゼネラリストに徹するべきであり、従うべきは会社の方針と理念であるべきで、その目標達成の為に各セクションのスペシャリストをどの様にコーディネートしていくかが役割であると思います。

その様な意味でも適任だと思います!

年齢も同じで誕生日も2日違いですので、私も一生懸命サポートさせて頂こうと思っております。

今日は、社会福祉法人やまゆり福祉会の評議員会でした。

障害者自立支援法の中で、障害者更正施設としてどのように進むべきかという問題。

国の予算の4分の1は社会保障費であり、高齢化が進む中、障害者自立支援という名のもと、補助金中心から自らの施設で運営費をまかなう努力をする。その結果障害者の経済的自立にもつながるという政策転換を国がしたわけであり、その理念は良いと思います。

しかし、いきなりしろと言っても無理なわけで、各施設が一生懸命取り組み、職員の意識転換からはじまり、補助金に代わる運営費収入になにを充てるかという問題まで様々な問題があります。

東京都の賃金に準じていた社会福祉法人の職員に対し、人事考課を導入せよという行政。

補助金減で人件費の圧縮をしなければならない現実。

労働法体系の中で単純に解決できない問題をいきなりやれと行政がいうこともひとえに、行政の予算圧縮を目的とした考えに起因するわけです。

行政のやり方を模して運営してきた社会福祉法人。

それを推奨してきた行政。

労働契約法の議論がありますが、このような行政の政策転換により今迄の労働法の判例の集積から導かれる一般論では無理が生じる人事施策を行わざるを得ない場合については、労働条件の引き下げや人員整理、人事考課の導入を反対する労働者への措置等を特例として盛り込んでもらいたいものです。

社会福祉法人に限らず、医療についても診療報酬で収入が決まります。

公共事業に依存しているビジネスは淘汰されると思いますが、福祉や医療も公共事業的収益構造。

国の政策や報酬体系の変更にも影響されない収益構造づくりを行っていかなければ生き残れないということになった。

当たり前の話であるが、一昔前では国の福祉政策がこれほどまでに方針転換されると何人の方が想像していたのであろうか。

「急」な方針転換に備えて準備を進めていかなければならない。

この様に考えると、民間のビジネスは面白いわけで、行政の施策に右往左往することなく、経営者のビジョンで進められ、収益を上げられる点は素晴らしい。

社会福祉法人のような準公共施設に民間の発想を求めるのであれば、この様に民間のビジネスの面白さを体験できるようにしなければ優秀な経営者は集まらないであろう。

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月24日 (木)

社会保険の総合調査

昨日は八王子法人会青年部会正副部会長会議でした。

070524001

今年度の事業計画について各委員会との調整を行いました。

そして今日の朝一番から、社会保険事務所の総合調査。

社会保険事務所の総合調査とは、事業所が社会保険に加入させるべき人を全員加入させているのか、報酬の決定は適正になされているのか等を調査し、適正でなければ是正をするというものです。

今日の調査対象事業所は素晴らしく、指摘事項は一件もありませんでした。

問題が多い点は、週30時間程度の労働時間の方や派遣労働者。

社会保険の加入基準が内管という通達でもない、「拝啓」からはじまる内部の連絡文書であること。

また、2ヶ月以内の雇用契約を締結している労働者については、2ヶ月を超えて労働契約を更新又は締結する時点から被保険者になる事という取扱で苦慮しています。

前者は曖昧すぎて解釈に困るということ、後者は派遣労働者の2ヶ月以上の雇用見込みの判断はいつの時点でつくのかを立証することが非常に困難であることです。

調査に臨む場合、社会保険調査官の要請が法的根拠に基づく指導なのか、ただ単にお願いなのかをしっかりと確認していかなければなりません。

社会保険労務士として、法的知識が背景にないと、この「指導」と「お願い」の区別はつかないわけで、我々の腕の見せ所です!

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007年5月23日 (水)

遊園地の施設管理のずさんさ

行きつけの寿司屋田なかに友人と。

ここの器は対象の手作りなんです。

良い器は高いので、自分で作っていると。

070523002

この器も牡蠣の殻で型を取り自ら作ったとのこと。

味があって良いもんですよ!!

漫画は読まないのですが、「へうげもの」という古田織部正が主人公の漫画は読んでいるのですが、数寄に生きる男の世界に少し憧れてます。

へうげものHP
http://e-morning.jp/manga/heuge.html

古田織部正
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E7%94%B0%E7%B9%94%E9%83%A8

そんなタイミングでしたので、通常以上に感動してしまいました。

牡蠣も美味しかったです!

070523001

とある写真週刊誌が全国の遊園地にジェットコースターの管理状況を問い合わせたところ、管理状況を回答した施設はゼロだったそうです。

回答した施設も、遺族感情を考慮して回答を控えます(としま園)や事故が発生したら公開しており今後も公開するので管理状況を答える必要はない(オリエンタルランド)等だそうです。

無回答と記載されると困るのでアンケートのFAX自体受け取れないとの回答もあった。

これを見る限り、管理をしっかりとしている施設はないと考える方が無難である。

私はジェットコースターは乗りませんが、管理がずさんであると分かった以上、全ては自己責任で乗らざるを得ないということになる。

いくら補償をしてもらっても命を落としては何もならないわけであるから。

遊園地が、安心して楽しめるようにという安心感の提供も遊園地の責務となった。

海や山の事故に気を付けるように遊園地でも心がけなければならない。

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月22日 (火)

労働保険年度更新についての注意点

昨日は社会保険労務士法による行政協力の一環として、八王子労働基準監督署で労働保険申告書の受理を9時30分から16時の間していました。

例年であれば、申告期限は5月20日。20日が日曜なので、21日が申告期限でした。

しかし雇用保険法改正の遅れから今年に限り6月11日までに期限が延長されました。

毎年最終日を担当しているのですが、今年は申告受理件数が少なかったです。

6月11日と思ってのんびりなのでしょうか。

始業前に皆で写真撮影。

070522001
↑遠藤先生(左)と小林先生(右)

070522002
↑私(左)と森本先生(左)

決められた時間仕事が無くても着席しているということを普段していないので、疲れるのです。

暇よりも忙しい方が時間が早く過ぎるので好んで忙しい最終日に立候補して受付をするのですが、今年はのんびりでしたね。

資料を見ると行っても労働保険の申告の手引きのみなので、復習と思い読み返しても5分で終了。

雑談も出来ませんので、暇なときは受理した申告書の検算(これもすぐに終了ですが)か他の人がどの様に受理しているのか見ているか、時計とのにらめっこ。

長い1日でした。

お昼は1時間の休憩時間があり、遠藤先生と小林先生で監督署周辺でランチ。

070522003

少し歩くと美味しいラーメン屋があるのですが、13時には着席していないと行けないので近所で手ごねハンバーグ丼。

写真を取り忘れましたが、白米の上にハンバーグが乗っているだけでした。

量も少なめでいまいちでした。

上の写真が外観ですが、夜はビールがたくさんあるようで、夜ビール飲みに来てみたいです!

今回は、行政協力といえど、身分は非常勤の国家公務員になります。

申告書を審査し適正であれば受理するわけですから労働局長より委嘱状が渡され、身分証も携帯します。

臨時労働保険指導員という肩書きです。

普段は申告書を書く立場ですが、他人の書いた申告書をチェックし、間違いがあれば訂正をしてもらい、受理をします。

今年はアスベスト拠出金が出来たことから、その件に関する間違いが多かったと思います。

例えば有期事業の場合、平成19年度内に終了した工事に対する確定保険料からアスベスト拠出金が生じます。

ですから、来年度の確定保険料から適用になり本年度については発生しません。

しかし、事務所労災については本年度から発生するわけでこの点注意が必要です。

次に還付金が発生した場合の取扱。

還付請求書の書式と記載方法が変わっていますので、旧書式で拠出金を含めた相殺を行う場合は新書式ではないと受理できません。

この点も注意が必要です。

また例年通り保険料の1円未満の端数の取扱。

四捨五入をされる方がいらっしゃいますが、切り捨てです。

この点も注意が必要です。

以上が本年度臨時労働保険指導員として活動した感想です。

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月21日 (月)

子安東4丁目山車改造続報その2

子安東4丁目の山車改造作業。

2週目の報告です。

昨日午後お邪魔したら、囃子台の上に絵が。

070521001

近づいてみると十二支です。

070521003

作業をしている中で唯一玄人の窪田さん。

070521002

作業風景をしっかり撮っておけとのことなので、しっかりと撮らせて頂きました。

子安神社祭禮まであと、8週間。

急ピッチで作業が進んでいます!!

手作りで山車を造って、その後一杯!!

美味しそうですね!

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月20日 (日)

太和会理事会で勉強

昨日は美山保育園を運営している社会福祉法人太和会の理事会。

雨上がりの園庭。

070520001

広い園庭に加えて、新緑の季節とても清々しいです!

070520002

070520003

社会福祉法人太和会は、八王子市立静教保育園という元横山町にある保育園を指定管理者ということで、平成20年度より運営することとなりました。

指定管理者とは、設備は市の所有で運営は民間が行うという形態です。

社会福祉法人として太和会は美山保育園に加えて平成20年度から静教保育園も運営することになります。

理事会は決算や事業報告の審議、監査報告、それに静教保育園の件について審議しました。

園長の予定をされている方のお話をお聞きしましたが、非常に親として勉強になります。

子と親、子と保育士等の関係で子供は発達していくわけであり、養育者である親や保育士も生涯発達していくのであります。

例えば親が鬱病であれば、子の発達に少なからず影響を及ぼすわけであり、子の保育とは、その親も含めた支援をしていくことが理想であるということです。

最近の世知がない事件を見ていると、子と親の関係だけではなく、親の親すなはち子から見ると祖父母と親との関係がしっかりとした信頼関係が出来ているのかと思われるケースがあります。

親が子の養育者として、自らの子供の頃に親との信頼関係がしっかりと形成できたかというと、育児についてトラブルを生じてしまう親は残念ながら自身の親との関係において何か問題があると仮定することが問題の解決につながると思います。

保育園の支援とは限られていますが、子の健全な発達という観点から考えると、行政を含めて親がその親との関係においてしっかりとした信頼関係が形成されているのか。

仮に形成されていないのであれば、どの様な解決方法があるのかを考えていかなければならないと思うのです。

子を殺す親や子を捨てる親の経歴を見ていると、自らの親との関係において苦労していたのだろうと考えるケースが多いように思われます。

臨床心理や発達心理の専門家との議論だけではなく、少年事件を多く取り扱っておいる友人の木村雅一弁護士との議論でも、このような結論に達するのであり、保育園の運営に携わっているから深く考えるようになったのですが、行政のサポートは「赤ちゃんポスト」の発想ではないと思うのです。

またインクルージョン保育という考え方も勉強しました。

具体的にいうと、障害を持っている子供を養護学校や特別支援学級で教育を行うのではなく、通常の学級で教育を行いその中に専門家が入って教育を行っていくとの考え方です。

その中で、障害のある子供とそうではない子供が同じ教室で学ぶことにより、各々の人間関係を通じて発達していくという考え方です。

世の中には色々な方が存在するわけであり、いきなり社会に出て一緒に活動しなさいというよりは、学校教育の中において人間関係を通じてお互いが成長していくという趣旨と理解しました。

バリアフリー化された保育園は私は理想と考えていません。

遊びながら危険を理解させていく事こそ重要であり、成長過程に応じて「許された危険」の中で学んでいくことが大切であると思うからです。

段差があるということは、子供の教育にとって重要であり、「危険」と「安全」の間にある領域こそ生きていくために必要な領域であり、その領域を幼児の頃から学んでもらいたいからです。

私は、インクルージョン教育についてはあまり積極的な考えはもちません。

幼児期の教育というのは、同質の中でそれぞれの異質なものを感じてもらいたいわけで、幼児期にインクルージョン教育を取り入れても子供に対する教育的効果は疑問に思えます。

この考えは中等教育や高等教育といったいわゆる思春期の教育においては教育的効果があるように私は思いますが、この問題については素人なので機会があったらまた議論をしてみたいと思います。

しかし考え方としては良く理解できるので、掘り下げて保育園の運営との関係の勉強はしていきたいと思います。

理事である以上真剣に勉強をした昨日でありました。

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月19日 (土)

八王子法人会で問題社員の対処方法を講演

昨日は八王子法人会中央地区の研修会で講師をしました。

テーマは「問題社員の対処方法」です。

「十八番」のテーマですが、テーマはお任せしますといわれた場合、このテーマを選びます。

070519003
↑講演会場

070519001

070519005

プロジェクターは使わず専らホワイトボードで講演します。

聴いている方の顔色を見ながら、図の書き方を変えて説明したいからです。

このテーマは非常に奥が深い労働問題の解決にあたり、何が障害で、どの様にその障害を取り除くのか。

そもそも労働問題の発生のプロセスを人間関係の観点で検討する。

そして、最小限の法的知識を検討しながらロールプレイング形式で問題社員の対処方法を考えて頂くという構成です。

おおよそ1時間30分の講演内容ですが、昨日は1時間でしたので、ロールプレイングは省略しました。

法人会の中央地区総会後の講演だったので、八王子税務署の方もお聴きになってましたが、税務署の方曰く「社会保険労務士の業務内容がはじめて分かったよ」と。

税務署の方は、社会保険料の計算をするのが、社会保険労務士の仕事であると思っていたようで。

標準報酬等級表をみて決定するのなら誰でも出来ます・・・。

会場の皆さんも、社会保険労務士は事務手続きだけと思っていらっしゃる方が多かったので、労働問題や労働時間管理の諸問題に取り組む社会保険労務士もいるのだと分かって頂いただけで、社会保険労務士の地位の向上にも資するところがあったかなと思いました。

今年はこのテーマ3回目の講演でした。

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月18日 (金)

警察官の殉職

思わず写真を撮ってしまった看板。

070518001

日本共産党都議の事務所の看板であるが、「戦争しない国ってカッコイイ!」とある。

戦争はカッコイイとかカッコワルイという判断でしていると共産党は考えているのか。

参議院選挙での無党派対策なのか・・・。

共産党員は知識人で、無党派はそうではない。

そうではない人の右傾化を防ぐ為には、こんなキャッチフレーズで無党派層という国民を指導していかなければならないのか。

何だか馬鹿にされているような、不愉快な看板であります。

長久手で警察官が殉職した。

4ヶ月の長女を残しての殉職。

同級生の子を持つ親として、林巡査部長の無念さは察するに余りある。

私は昭和49年生まれで、あさま山荘事件は知らない。

あさま山荘では、ライフル銃を持つ犯人相手に放水と催涙弾で警備をした機動隊。

その結果、2名の殉職者を出してしまった。

30年以上経過した現在でも、状況は余り変わらないということだ。

銃器を使用した犯罪が増え、当然第一線の警察官の任務も危険を増す。

警察官職務執行法7条で警察官の武器の使用が定められている。

国家権力の暴走を抑止するという目的で、警察官の武器使用の制限は重要である。

しかし現在では、その観点よりも銃器を使用した事件の解決、その抑止として銃器使用を積極的に認めるべきであろう。

犯罪者の人権を尊重する傾向にあるマスコミや一部の人権派と呼ばれる人たちは、国家権力の暴走を抑止する為に警察官の銃器使用に慎重であると推測すると、それと銃器を持った犯罪者に対する警察官の対応を分けて考えなければならない。

交通違反での白バイ隊員の対応や自転車に無意味に職務質問をしまくっている警察官に腹が立ったことが多々あるが、危険を顧みず最前線で治安を守ってくれている警察官がいるからこそ生活が送れているのだと感じた。

銃器の押収が減少しており、銃刀法違反の刑罰を重くするという議論がこの事件をきっかけに始まっているが、それも重要であるが、犯罪抑止の観点から、警察官の銃器使用を積極的に行うべきであると考える。

日本の警察官は、銃器を持っている犯罪者に対して積極的に発砲してくると思えば抑止力につながるわけである。

警察官の殉職を無駄にしてはいけないと思う。

林巡査部長のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月17日 (木)

経営法曹会議の弁護士と団交に臨む

今日は立川へ。

立川駅から昭和記念公園へ行く道のホテルで打ち合わせ。

昭和記念公園の花火大会の時に通る道ですが、それ以外は通ったことはありません。

070517001

070517002

予備校や資格学校が多いことに驚かされました。

夕方でしたが、高校生や浪人生がたくさんいました。

今日は、重たい会議と団体交渉で頭は真っ白です。

今日のブログはこの辺で。

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月16日 (水)

癌研

京王八王子駅前の一等地。

高速バスターミナルでしたが、コインパーキングに。。。

070516001

コインパーキングになってしまうところが八王子の悲しいところ。

集客力の問題で商業施設にはならないんでしょうね・・・。

今日はクライアントの社長の奥様が癌になられたとの悲しい知らせが。

1年半前に乳癌に罹患し、切除したのですが転移があったとのこと。

3ヶ月毎に検査を受けていたのですが、乳癌の検査しかしていなかったそうです。

他の臓器に転移しているかどうかの検査は本人の申告がなければ行わないのだそうです。

患者は素人ですから、転移の可能性は医師が調べなければ大丈夫と思ってしまう。

セカンドオピニオンや自分が納得するまで質問するとか、自分の健康を守る為には、その様な姿勢で行かなければならないと思いました。

診療科目が縦割りであったとしても、横断的な診察と治療をしてもらいたいものですね。。。

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月15日 (火)

辞令とは

先日妻の誕生日に鉄板焼きの鯉魚門に行ってきました。

070515001

肉、魚、蟹などを食べ満腹になりました。

蟹をバターで鉄板焼きにするとこんなに香ばしいのかと感動してしまいました。

070515002

マスターの安藤さん。

友人のエスエストラストの杉本社長の叔父さんです。

私が小学生のころからお世話になっています!

辞令とは何かという質問を受けました。

辞令とは、使用者が労働者に対して通知するもので、一般的に役職や配置、賃金等の変更に伴って発行されるものです。

法令上の注意点というものはなく、使用者の任意書式で構いません。

誤解を防ぐという意味では、昇給毎に賃金辞令を出す等の措置が望ましいと思います。

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

フレックスタイム制度の留意点を今回メルマガのテーマにしました

昨日は囃子の練習の後、子安東4丁目の山車の改造現場へお邪魔しました。

070514001

作業中の山車です。

1名を除き皆さん素人です。

070514002

金で塗ると映えるでしょうね!!

070514003

この彫刻、ヤフーオークションで購入!!

他にもたくさんあります。

070514004

全景は写せませんでしたが、7月の子安神社祭禮の際は全景を写します。

間に合うか心配ですが、きっと間に合わすことでしょう!!

今日はメルマガ完成しました。

テーマは「フレックスタイム制度の留意点」。

この3回は、変形労働時間制を取り上げましたが、労働時間管理は非常に重要です。

労働時間管理がしっかり出来ていないとどの様な賃金制度を作っても上手く機能しません。

適正な労働時間管理を前提に合法的で戦略的な賃金制度が出来るわけです。

労働時間管理制度をしっかりとしたベースにしていかないと賃金制度は絵に描いた餅に終わってしまいます。

良くも悪くも労働時間の長さを賃金額に反映するルールが労働基準法。

それを無視しては制度設計が出来ません。

経験と知恵で良い制度を提案するのが私の腕の見せ所。

その基礎的知識として、変形労働時間制度が重要と思い3回にわたりテーマとしました。

是非お読み下さい!!

人事のブレーン社会保険労務士レポート購読登録
http://www.yamamoto-roumu.co.jp/mailmagazine.html

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月13日 (日)

落選を東京都民のせいにする落選候補

昨日ご紹介したラーメン屋。

「麺や 樽座」でした。

0705013001

座敷があるので、子供がいても大丈夫です。

今日は囃子の練習後に家族で食べに行きましたが、私は醤油ラーメン、妻はみそラーメン、長男はつけ麺と食べましたが、薄いラーメン好きの私としては2日連続では少しきつかったです。

やはりこの店はみそラーメンが一押しですね!!

午前中は囃子の練習。

070513002

楽しく練習した後のラーメンでした。

子安みとみ会の皆さんは、この練習の後、山車の改造をされたようです。

その様子は明日の記事にします。

暑い中大変そうでしたが、ビールは美味そうでしたよ!!

今日は毎日新聞で腹が立った記事がありました。

都知事選に立候補して落選した前宮城県知事の浅野史郎氏。

仙台市内の講演で、「都民はマニュフェストを読まないことが良く分かった」「都民にとって都政は関係ない」「格好良いか良くないかという個人の人気がほぼすべてとおもっている都民が多い」と恨み節を言ったとのこと。

非常に腹立たしい。

現職知事に選挙を挑もうとするには、4年間しっかりと都政に対する動向をチェックしていなければ、政策といってもとってつけたようなものになってしまう。

現職知事が強いというのは、対抗馬が4年前から決まってないだけで、本当に都政を変える情熱があるのであれば、4年間しっかりと東京都政を勉強してもらいたいですね。

私は石原都知事に一票を投じましたが、色々な政策を考えた結果投じました。

学校における式典の際の国旗掲揚、国歌斉唱の問題。

都が推進している沖ノ鳥島をはじめとする海洋政策の問題。

東京オリンピックの問題。

私はこの3点が重要であり、道路政策やその他の問題は他の知事でも出来るけど、この3点は石原都知事ではないと出来ないと思い投票しました。

三多摩地域を東京都と思っていない石原都知事には不満ですが、それを考えても上記三点が決め手になったわけです。

選挙に負けた方が何を言おうとただの人ですから勝手なのですが、東京都民をこれだけなめていたのかと思い非常に腹立たしい記事でした。

都民は浅野氏が思っているほどバカではないと思いますよ。

良識ある都民の判断で、このような方が当選しなかったわけですから。

良識のある方だと思っていましたが残念です。

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年5月12日 (土)

募集に適した時期の研究

今日は友人のシムテック立石社長とランチ。

名前は忘れましたが、八王子市の北野町と明神町の境にある美味しいラーメン屋に行きました。

みそラーメンが美味しい。

エビの後味がするんですね。

ご飯が進んでしまいます。

写真は、炙りチャーシュー丼

070512001

美味しかったです。

チャーシュー丼に限れば、八王子市楢原町の秋川街道沿いにある一陽来福のチャーシュー丼に軍配が上がります。

みそラーメンは余り食べないのですが、やみつきになっちゃいそうです。

今日は求人の話。

タウンワークに求人を出した企業が3社有り、2社はGW前に出し、1社はGW後に出しました。

結果はGW前に出した会社には求人の電話が殺到し、GW後に出した会社は電話が鳴らなかったとのこと。

求人を出すタイミングというものは非常に重要であると同時に、殺到するとされているタイミングに人が必要かどうかという問題もある。

しかし、求人広告で成り立っている産業は、今のタイミングで出しても人は集まりませんよという営業はしてこないでしょう。

そうであれば、経営者同士の繋がりで、どのタイミングに出したら効果があったということは情報交換したいものです。

人材不足の感がある労働市場。

優秀な人材を確保する為にもタイミングの研究は怠ることがないようにしたいです。

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月11日 (金)

扇千景参議院議長引退

ある方が、自分で八王子の街を歩かれて作製した地図。

070511001

お店の感想を記入しているところが凄いです。

マメな方ですね!

扇千景参議院議長が引退の表明をした。

いわゆるタレント出身後議員では、三権の長になった扇千景議長が一番出世したのであろう。

国土交通大臣時代に千葉県への配慮をせずに羽田が便利と発言され、私は心の中では拍手喝采をしていた事を思い出しました。

7月に参議院選挙がありますが、本当にタレントだけの方が比例区で立候補されないことを祈ります。

竹中平蔵元総務大臣が議員辞職して、神取忍議員誕生のニュースはがっかりしたので、少なくとも政権政党や政権政党を目指している政党は、この様なショックを国民に与えないような候補者選びをしてもらいたいです。

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月10日 (木)

天下りの規制について

今日は妻の誕生日。

花屋に行きました。

070510001

午前中の花屋は開店準備に忙しそうです。

公務員の天下りについて議論されている。

談合や利益誘導を行う元公務員は排除するべきであるが、公務員の再就職の制限という問題は慎重に考えていかなければならない。

仮に天下り禁止となると、定年の延長と老後再就職をしなくても生活できる退職金を支給しなければならない。

公務員に対する年金での職域加算も廃止には出来ないであろう。

一定期間に限り天下り禁止となっても同様である。

現役時代に専門性をもって仕事をしていて、定年後は新しい分野で仕事をしろということは幾ら何でも酷である。

私は保育園を運営する社会福祉法人の理事、知的障害者施設を運営する社会福祉法人の評議員をしているが、都の指導は役所の価値観で、役所の書式でやってくる。

事務担当者は、公務員OBで「役所言葉」に精通していなければならない。

言語が違うなというのが民間人の私の感想である。

円滑な運営という観点から、市役所や都庁のOBに来てもらいたい。

これはやましいことではないので、問題はないと考えるが、福祉畑にいた方が定年後一律に福祉関係に就職できないとなると、定年間際の公務員は自分の仕事をせずに老後の職探しの為に時間と労力を費やすであろう。

人口が減る我が国にとってこれはマイナスなことである。

公務員の天下りについて、昨日まで指導していた方が、今日から指導される側になるという点が弊害をもたらす点であり、これを排除さえすればいいわけである。

裁判員制度や社会保険庁改革の時のように、一時の感情に流されては行けないと思う。

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月 9日 (水)

医師の報酬

連休明けにクライアントのクリニックが開院しました。

070509001

場所は、国道16号線沿いで、寺町郵便局の甲州街道よりのところです。

市川内科クリニックHP
http://www.myclinic.ne.jp/ichikawa_c/pc/

070509002

070509003

受付の皆様。

胃カメラやエコーもあり、設備は充実しています。

070509005

凄い花でした。

私の花もありました。

070509004

病院については、診療報酬で経営していかなければならないわけで、どの治療行為をすればいくらという出来高払いになります。

看護師や社会福祉士の人数で報酬が上がったりします。

国が求める医療の質を達成できるという基準に満たせば診療報酬を高くしますという具合です。

看護師の数や社会福祉士等の配置で画一的に診療報酬を決めざるを得ないことも分かりますが、医師の技量について標準報酬等級に反映されないというのは厳しい限りです。

弁護士や公認会計士も技量により報酬が上がります。

私も良質な経験が豊富にある分野については、それなりの報酬を頂きます。

しかし、研修医の執刀と名医の執刀が同じ報酬であると病院の経営は辛いですね。

人件費は全然違いますから。

この様な観点から、医師の技量をもう少し診療報酬に反映させるようにすべきであると考えるのです。

ただし、手術件数を基準とされると無駄な手術が増えてしまいそうな気がしますので、もっと違う何かを基準としないですね。

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 8日 (火)

東京八王子北ロ-タリークラブで講演

ロータリークラブでの講演ということで、例会から参加しました。

070508001

講演してから例会だと思ったのですが、例会とは、ご飯を食べてから始まるとのこと。

講演前のモチベーションを高めて行ったのですが、肩すかしでした。

070508002_1

卓話ということで30分の持ち時間。

30分で問題社員の対処方法をお伝えすることは難しく、概要だけになってしまいました。

ただ、概要だけでも充分に経営者としてのやるべき事をお伝えできたと思います。

キーワードは「恣意性の排除」です。

これをご理解頂ければ、講演は成功だったと思います。

山本経営労務事務所
Http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 7日 (月)

仕事始めは講演

今日は連休明けで、しかも講演が入ってますので、午前中に更新させて頂きます。

頭が講演モードなので、軽い記事にします。

今日は、東京八王子北ロータリークラブで問題社員の対処方法の講演。

今月は同じテーマで、5月18日に八王子法人会中央地区総会で講演します。

この問題社員の対処方法のテーマは、好評を頂き歯科医師会や独立行政法人、法人会等でお話しをしていますが、会計や税務と違い集客力のない労働に関する講演でも、このテーマは集客力があり、そのような意味でもご好評を頂いております。

GWの締めに「ひな鳥山」に行ってきました。

http://www.hinatoriyama.co.jp/

070507001

ひな鳥山入り口。

門の横に藤が綺麗に咲いていました。

070507003

中学校の校歌に「藤の花房」というフレーズがあり、どの様な花だろうと思っていましたので、藤の花は好きです。

甲州街道の国領付近に藤の花が見事なところがありますよね。

いつも通過してますが、今シーズンはよりたいものです。

070507004

門をくぐり上がっていくと母屋があります。

070507005

母屋から出ると、7福神が出迎えてくれ、3連水車も見ることが出来ます。

070507006

070507007

水車の構造が分かる模型もあり勉強になります。

070507008

そして、食べる所へ行く道に仁王様が。

070507009

070507010

水芭蕉の池は仁王様の横にあります。

登り切ると神社が。。。

070507011

いつもここでお参りしてから食事をします。

長男も私のまねをして、二礼二拍手一礼をします。

070507012

そして、八王子の山車の彫刻に良く出てくる鳳凰。

このコンセプトのない空間設計はいかがなものでしょう。

洋風建築までありますから。。。

料理は船で運ばれてきます。

私がここへ来るのは、船で運ばれてくる料理を子供が見入ってくれるので、大人はゆっくり食事が出来るのです。

なので、外食というとここに来てしまいます。

070507015_1

水路です。

070507013

炭火で焼くので、のんびりと楽しみながら食事が出来ます。

070507014

魚や肉を丸ごと炭火で焼くのは美味しいですね!!

070507016

夜の水車

皆さんも子供連れで行ってみてはいかがですか?

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月 6日 (日)

高尾の森わくわくビレッジ

昨日は高尾の森わくわくビレッジというところに行ってきました。

070506001

広場には、遊ぶ施設があり、また小川流れていて自然の中で遊べます。

070506004
↑これには滑り台があったり、真ん中が網になっており、遊べたりと子供は面白そうなのですが、いかんせん天井が低い。大人は頭をぶつけないようにしないと痛いです。

070506002
↑救助隊の訓練施設のようなものもあります。

070506003

070506006
↑わかりますか?人がいるの・・・。

070506005

予約をすれば、このような体験をインストラクターつきでやらしてもらえるようです。

勇気のある方どうぞ!!

やった後は充実感がありそうですね!!

この施設、実は高校でした。

八王子広陵高校という外国語科と情報処理科がある高校でした。

070506008

070506012

外観もどことなく学校のようでしょ?

070506010
↑学校そのものの体育館ですよね。

ここでは新体操の合宿とよさこいの合宿をしてました。

宿泊施設もかねており、合宿には最適かもしれませんね。

070506011

食堂は吹き抜けで良い雰囲気です。

実は、私の高校時代の彼女(妻ではありません)が通っていた学校だったので、学園祭等々で何度か来たことがあります。

来るたびに当時の懐かしさを感じたりしています。

高校時代の恋愛・・・。

懐かしいですよね!

よく自転車で来ました。

070506013

この施設ではキャンプも行われており、子供が色々な体験を出来るようです。

壁新聞を読んでいると、自然の中で色々な体験をさせてみたいですね!

070506014

そして最後に驚いたのが、この施設京王グループなんですね。

都から委託されているのでしょうが。

今年は近場でGWを過ごそうと決めてましたが、結構穴場があることに驚きました。

遠くのスポットも井伊ですが、近くでも色々楽しめる場所がありますよ!!

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 5日 (土)

こどもの日

今日はこどもの日。

こどもの日とは、子供の健やかな成長を願うとともに母親に感謝する日とあります。

父親にも感謝して欲しいですね。

河原に鯉のぼりというと、このあたりでは相模原市田名が有名ですが、八王子の南浅川にもあります。

最近屋根より高い鯉のぼりを観る機会が減りましたが、八王子では西部地域や由木地域に行くと見ることが出来ます。

写真は、八王子市長房町と並木町にある南浅川の鯉のぼりの風景。

070505001

かなり見事でしたよ!!

070505002

河だけではなく道路端にも鯉のぼりがあります。

並木町にある私のクライアントの稲荷森保育園の園児さんが橋にかける鯉のぼりをつくっています。

070505003

070505004

ちなみに長男が幼稚園でつくってきた鯉のぼり。

070505005

河に飾られるのであればご両親は大喜びでしょう。

070505011

我が家の鯉のぼり。

そして日章旗。

070505010

五月人形も今日が終われが片づけなければなりません。

ひな人形ほどの危機感はありませんが。。。

070505006

070505007

兜と弁慶もあり、玄関に飾ってあります。

070505008

070505009

明日は日曜日、そして連休最終日です。

ゆっくりと過ごしたいものです。

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 4日 (金)

みどりの日

今日5月4日はみどりの日。

4月29日が昭和の日となったことにより、国民の祝日であった4日がみどりの日となった初めての年。

毎年行っている多摩センターのイベントに行ってきました。

070504001

凄い人でした。

人に酔いそうとはこのことだといわんばかりの人でした。

070504002

写真のパトカーは警備のものではありません。

子供に開放していたのです。

070504004

070504003

070504005

他に、白バイ、ショベルカー、郵便車、ポンプ車、救急車と開放されていました。

子供たちに人気があったのはショベルカーとポンプ車でした。

とはいっても、写真を撮る時間しか込んでいて持ち時間はありませんでしたが、比較的人気薄の郵便車はハンドルを持って遊べたようです。

070504006

人工池が干されていてステージになっており音楽会をやっていました。

屋外で吹奏楽を聴くと高校野球の応援みたいで夏を感じました。

とはいっても、やはりスコットランドの楽器が吹かれると民族音楽という感じです。

たまには良いものですね。

Dscf0107

多摩センター駅からパルテノンへと続く道は店舗が出ていて、三越前の広場には鯉のぼりがあり、ステージももうけられていました。

ステージでは、昨年度までNHKでやっていたドレミの何とかという番組に出ていた方が出演していました。

070504009
↑この顔覚えていますか?

大学の先輩に似ているので顔は覚えているのですが、名前が出てきません。

070504007
↑露店もこの混みようです・・・

070504008

韓国の料理が売っていましたが、お酒のつまみには美味しそうです。

070504010

京王プラザ多摩にGWの格安宿泊プランがあるようですが、ここで昼飲んだり食べたりして、そのまま京プラへというのも良いかもしれません。

多摩中央公園ではカヌーや竹とんぼ作り等々やっており、活気があって子供を連れて行くには最高ですよ!!

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月 3日 (木)

憲法記念日

八王子のみなみ野地域。

10年前までは山だったのであるが、開発を進めて今では新興住宅地である。

1ヶ月行かないと街並みが変わってしまい、どこにいるのだかわからなくなってしまう。

当然ナビも対応していないので、ナビ上では道無きところを走っている。

UR都市機構八王子みなみ野シティーHP
http://www.ur-net.go.jp/minamino-tomonokai/index.html

数年前までは買い物する場所もなかったのですが、最近ショッピングセンターも出来てきました。

しかし、居酒屋がほとんど無く住人は寂しいらいしいです。

070503001
↑ホームセンターとスーパーの複合施設

070503002
↑小規模店舗の複合施設

この裏には本屋も出来そこそこ生活するには便利になってきた感がありますが、みなみ野は奥に広く、未だ造成している地域もあり、駅周辺の方は良いのでしょうが、奥に住むとなるとまだまだ不便です。

070503003_1
↑昨年の2月にやってできた交番

みなみ野は、地域として独立してますから最終的な人口を考えると消防や警察施設の充実も課題でしょうね。

今日は憲法記念日です。

世論調査でも憲法改正賛成が50%を超えているようです。

憲法というと9条というイメージがありますが、憲法で最も大事なものというのは表現の自由であろうと思います。

憲法9条を変えず自衛隊を解散するのも、憲法9条を改正し自衛隊を国軍として追認するのも日本国民の自由なわけです。

この自由を担保するために、憲法では表現の自由を保障し、他の権利たとえば経済活動の自由よりも重く保護をしている(二重の基準論)わけです。

ですから如何なる事前抑制(検閲)も禁止されています。

日本国憲法には前文と11章103条の条文がありますが、これらの条文をどの様に変えようとも、日本国民の自由な意志で変えることが出来るのです。

現在国会において国民投票法案が審議されていますが、60年目にしての法案。

遅すぎるのではと思います。

各党のコメントを見ると、護憲を唱える政党はこの国民投票法案に反対している。

憲法で憲法改正の手続きが定められているのであるから、その手続きを法案化することは護憲の立場に立っても進めるべき事なのではないかと思う。

恐らく護憲とされている方は、国民投票法案成立、憲法改正、9条の改正、日本が戦争を起こす国になるという発想で主張されているのだと思いますが、護憲を標榜する政党の党首の話を聞いていると、何故日本国民をそこまで信じないのか疑問に思ってしまう。

私は憲法を変えるべきであると思っていますし、9条も変えるべきであると思います。

しかし、戦争は勘弁願いたいです。

自衛隊を国軍として追認し、国際協調の中で海外派遣や自衛権の発動に基づく部隊の展開は出来るようにしましょうというだけです。

業務上過失致死罪の刑量が軽すぎるという議論があります。

たとえばこれを10年に引き上げても、それが適用されるのは限られた人でしょう。

過失により人を殺してしまったという結果に対する刑罰ですから、過失の内容を十分に吟味することで、最高刑があがっても軽過失の人でも重く罰せられるようになるというものではありません。

これと同じで、日本国民が好戦的だから改正したい訳ではないのです。

憲法21条で表現の自由は保障されており、表現の自由が担保されているからこそ、国会の審議の過程やそれに対する批判、賛成的な論評をすることが出来、国のあり方をしっかりと考えて投票行動を行えるわけです。

憲法記念日にあたり、この表現の自由がなぜ二重の基準論で厚く保護されているのかを考えて、国会や地方議会における審議を報道機関のコメンテーターの意見を鵜呑みにするのではなく、自らの価値観を持って判断していきたいものです。

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年5月 2日 (水)

労働基準監督署での出来事

長男の友人が水疱瘡でダウンしており、この連休中は絶対に長男は水疱瘡だろうと思っていたら、かかってないようです。

変わりに私が寝冷えして喉が腫れて大変ですが・・・。

そんな理由で近場でのゴールデンウィークを過ごしていますが、先日陵南公園脇の南浅川で水遊びをしてきました。

070502001
↑奥に見えるのは御陵の橋です。この先に多摩御陵と武蔵野御陵があります。

070502002
↑上流方面

南浅川は高尾方面を水源とし、北浅川は恩方・川口方面を水源とし、八王子市役所付近で合流し浅川となります。

この浅川が多摩川となり東京湾へと流れていきます。

070503003

オタマジャクシがいたので、河に入って遊びました。

さて八王子労働基準監督署で私の従業員が不可解なことを言われた。

恐らく嘱託の方であるが、以下のようなご指導を受けた。

「八王子労働基準監督署は東京労働局より労災の給付件数が多いので抑制しろと言われている。何でもかんでも労災申請するな」ということ。

労災隠しを助長しかねないものの言い方である。

また、交通事故における第三者行為の場合、社会保険労務士が示談の状況を把握しておけとのご指導。

交通事故の示談行為は弁護士の業務であり、社会保険労務士は交通事故の示談のノウハウはない。

恐らく嘱託の方の勇み足であるが、監督署へ抗議をして上記の事は、署として一切要望していないということであった。

そもそも労災の給付件数を抑制することは、労働基準監督官の臨検や厚生労働技官の調査で対応すべき事である。

発生した事実に対して抑制をするということは全くもっておかしなことである。

また、発生した事実である労働災害を事業主が申請しないとなると、労働者は納得するであろうか。

給付事務を楽にしたいという署員の気持ちと、労災給付件数を抑制するためには発生した事実を間引きするという安易な発想からきた問題であろう。

労使関係のリスク、労災を使わないと言うことは事業主が補償しなければならないという金銭的リスクを考えると、些細な事故でも労災申請することが正しい事業主の対応であり、それを否定する労働基準監督署の事務官の対応は非常に憤りを感じた。

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 1日 (火)

広島風お好み焼き

昨夜は自宅で、プチバーベキュー。

友人を招いてやるのですが、昨夜は家族のみ。

なので簡素化してホットプレートでやりました。

070501001

バーベキューが出来るように設計してもらいました。

070501002

色々やりましたが、私が得意の広島風お好み焼きをやりました。

070501003

小麦粉を薄くひいて、キャベツをたくさん乗っけてひっくり返します。

070501004

焼きそばを炒めて、焼きそばの上にキャベツがしんなりしてきた本体をのせます。

そうしたら卵を割り薄くのばします。

その上に本体を乗せ、ひっくりかえして卵の面を上にします。

Dscf0070

これにソースをかけてできあがり!!

070501006

ポイントは、小麦粉を薄くのせることと、最後の卵面を上にするところです。

ここが上手くいくと、見た目が綺麗になります。

寂しがり屋なので、自宅でバーベキューが出来るようにと設計してもらい、先日紹介したエスエストラストの杉本社長を含めホームパーティーをします。

お互い子供が小さいので、川原でバーベキューよりは親が楽できますので楽しめます。

楽しい連休にしたいものです。

今日と明日は仕事ですが。。。

山本経営労務事務所
Http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »