« 子安東4丁目山車改造続報その2 | トップページ | 遊園地の施設管理のずさんさ »

2007年5月22日 (火)

労働保険年度更新についての注意点

昨日は社会保険労務士法による行政協力の一環として、八王子労働基準監督署で労働保険申告書の受理を9時30分から16時の間していました。

例年であれば、申告期限は5月20日。20日が日曜なので、21日が申告期限でした。

しかし雇用保険法改正の遅れから今年に限り6月11日までに期限が延長されました。

毎年最終日を担当しているのですが、今年は申告受理件数が少なかったです。

6月11日と思ってのんびりなのでしょうか。

始業前に皆で写真撮影。

070522001
↑遠藤先生(左)と小林先生(右)

070522002
↑私(左)と森本先生(左)

決められた時間仕事が無くても着席しているということを普段していないので、疲れるのです。

暇よりも忙しい方が時間が早く過ぎるので好んで忙しい最終日に立候補して受付をするのですが、今年はのんびりでしたね。

資料を見ると行っても労働保険の申告の手引きのみなので、復習と思い読み返しても5分で終了。

雑談も出来ませんので、暇なときは受理した申告書の検算(これもすぐに終了ですが)か他の人がどの様に受理しているのか見ているか、時計とのにらめっこ。

長い1日でした。

お昼は1時間の休憩時間があり、遠藤先生と小林先生で監督署周辺でランチ。

070522003

少し歩くと美味しいラーメン屋があるのですが、13時には着席していないと行けないので近所で手ごねハンバーグ丼。

写真を取り忘れましたが、白米の上にハンバーグが乗っているだけでした。

量も少なめでいまいちでした。

上の写真が外観ですが、夜はビールがたくさんあるようで、夜ビール飲みに来てみたいです!

今回は、行政協力といえど、身分は非常勤の国家公務員になります。

申告書を審査し適正であれば受理するわけですから労働局長より委嘱状が渡され、身分証も携帯します。

臨時労働保険指導員という肩書きです。

普段は申告書を書く立場ですが、他人の書いた申告書をチェックし、間違いがあれば訂正をしてもらい、受理をします。

今年はアスベスト拠出金が出来たことから、その件に関する間違いが多かったと思います。

例えば有期事業の場合、平成19年度内に終了した工事に対する確定保険料からアスベスト拠出金が生じます。

ですから、来年度の確定保険料から適用になり本年度については発生しません。

しかし、事務所労災については本年度から発生するわけでこの点注意が必要です。

次に還付金が発生した場合の取扱。

還付請求書の書式と記載方法が変わっていますので、旧書式で拠出金を含めた相殺を行う場合は新書式ではないと受理できません。

この点も注意が必要です。

また例年通り保険料の1円未満の端数の取扱。

四捨五入をされる方がいらっしゃいますが、切り捨てです。

この点も注意が必要です。

以上が本年度臨時労働保険指導員として活動した感想です。

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

|

« 子安東4丁目山車改造続報その2 | トップページ | 遊園地の施設管理のずさんさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 労働保険年度更新についての注意点:

» 確定申告とは [確定申告の期限ブログ]
確定申告について [続きを読む]

受信: 2007年5月23日 (水) 00時31分

« 子安東4丁目山車改造続報その2 | トップページ | 遊園地の施設管理のずさんさ »