« 平成19年八王子まつりポスター | トップページ | 祭典委員会 »

2007年6月21日 (木)

壁にあたったときの考え方

クライアントの前に、消防車を作っている企業があります。

070620002

070620003

消防車は特殊であり、制作するのも大変でしょうね。

だからこそビジネスが成り立つのでしょうが。。。

今日は、私の事務所の基幹システムをつくっている会社とのミーティング。

サポート体制や開発体制についてきついことを話させて頂きました。

今迄の価値観や同じ業種出身の方の集まりであると、発想も似通ってしまいます。

事業が進捗しないときや分岐点にさしかかっているとき、危機に陥ったときについては、他の価値観をもっている人との交流が大切であると思います。

システム開発は、SEが商品を作るのではなく、私たちユーザーが作るような気持ちで情報を収集しないと開発できません。

また、サポートセンターがパンク状態の時には、サポート体制を充実させて行く為には人材の確保も充実ですが、内部のシステムづくりが必要になります。

このシステムづくりをしっかりとしないで進めていくと、ただ人が多い状態になってしまうわけです。

この辺を中心に打ち合わせをしました。

別の話ですが、友人がQRコードを無料で作れるサイトを教えてくれました。http://qr-make.com/

QRコードも無料で作れる時代。

納品物より意志決定のプロセスを重視し、意志決定にいかにコミットするのか考えていかなければならないと思うのです。

私の名刺はQRコードをのせてませんが、色々印刷屋さんも提案する余地のある企業だと思うのですが。。。

因みに私の事務所のホームページのQRコード。

Photo
色々と営業ツールに使えそうです。

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-royumu.co.jp

|

« 平成19年八王子まつりポスター | トップページ | 祭典委員会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/6864916

この記事へのトラックバック一覧です: 壁にあたったときの考え方:

« 平成19年八王子まつりポスター | トップページ | 祭典委員会 »