« 壁にあたったときの考え方 | トップページ | 委任状無しで年金記録の照会を企業が行えるということはどのようなことか »

2007年6月22日 (金)

祭典委員会

町会の祭典委員会の様子。

070622001

最近は、「辻合わせ」という訳の分からないイベントが出来てしまった為に、町会と実行委員会が台本を決めてしまい、その台本の中で時間調整の為に全てが動いており、祭りの良さが無くなってしまいました。

囃子連もさることながら、町内頭、上乗りもうんざりです。

八王子まつりは多賀神社と八幡八雲神社の祭禮に市民祭が乗っかっただけ。

昔の写真を見ていると、「鎮守御祭典」と各町会に出てたりしたようです。

村の鎮守の神様の~♪

という歌詞の「村祭り」という歌がありますが、基本的に八王子まつりも鎮守の神様のお祭りなんです。

氏子がきちんと楽しめる祭りではなくてはならないと思います。

作られた祭りは長続きしませんから。

伝統を活かして観光客を集める方法を考えていく必要があります。

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

|

« 壁にあたったときの考え方 | トップページ | 委任状無しで年金記録の照会を企業が行えるということはどのようなことか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/6876640

この記事へのトラックバック一覧です: 祭典委員会:

« 壁にあたったときの考え方 | トップページ | 委任状無しで年金記録の照会を企業が行えるということはどのようなことか »