« 平成19年子安神社祭禮初日 | トップページ | 証券会社での打ち合わせ »

2007年7月23日 (月)

平成19年子安神社祭禮2日目

昨日は子安神社祭禮2日目。

子安神社の祭禮は2日で、2日目は夕方で終わり。

短いので短期集中で楽しんでいます。

070723001

昭和33年に出来た囃子連なので、みとみ(三十三)会です。

日吉町の囃子連が教えたことで、今日のご縁があり、日吉囃子連と子安みとみ会の協力関係は強いものがあります。

070723002
子安東四丁目の町会の紋ですが、これは子安みとみ会の草薙会長が考案したものです。

凄いですよね。簡単なようで難しいですよ!!

070723003

その草薙会長は、午前中は神輿を仕切っていて囃子をやってません。

070723004

山車の後ろに、見方を変えると、神輿の露払いとして山車が先導をしてました。

山車の文化、神輿の文化、各々あるんだなと今日はつくづく感じました。

070723005

朝囃子の時は大雨でしたが、日頃の行いが良かったせいか時折晴れ間が顔を出す天気になりました。

蒸し暑かったです。

午後は日差しが強く、日に焼けました。

070723006
↑日吉町の舞子の柱、小林君。

コメントはと聞いたら「花嫁募集中」だそうです。

070723007
↑劇団「東京乾電池」に所属している天野さん。

プロモーションに私のブログを使ってください。

070723008
↑楽屋からみた風景

070723009
↑休憩中の舞台。

祭りというとアルコールというイメージの方がたくさんいらっしゃいますが、結構ノンアルコールです。

飲んでしまうと、汗も出るし、とんびも長く吹けないしということで、お茶派が多いです。

写真はアルコール派ばかりですが。

070723010
↑山車の後ろで神輿の方々が休憩中

070723011
↑山車と神輿が帰ってきたところ

070723012
↑神輿終了30秒前の風景

何でも最初と最後は異様に盛り上がりますよね。

070723013
↑獅子頭。頭を噛んでもらいましたが、メンバーには思いっきりかみついてきます。

Dscf0361

午後も曳き廻し。

子安神社の宮神輿は、明神町と子安町・上野町を隔年でまわります。

丁度、JR中央線を挟んで北と南。

今年は、明神町を宮神輿がまわっていますので、子安町は町内まわりだけです。

Dscf0370
↑午後の曳き回しが終わって戻ってきたとき

070723015
↑午前中、囃子が出来なかった草薙会長。短期集中で楽しんでます!

Dscf0373

獅子で出て、てんたで帰ってきます。

Dscf0385
↑終了直前

この子安神社から祭りシーズンがはじまりますが、とんびをたくさん吹かしてもらった祭りですね。

締めもおおばもたくさんやり、そういえば山車からほとんど降りていませんでした。。。

八王子まつりでは、色々と考えるととんび中心の3日間になりそうで、気持ちよく締めを叩かせてもらって子安神社祭禮は楽しめました。

再来週は八王子まつり。

私の氏神様の祭りです。

色々な祭りに参加させてもらいますが、はやりどこへ行っても自分の地域の氏神様の祭りは、地元の人は最高のようです。

その祭りは、私にとって八王子まつり。

日吉町という看板を背負って、山車の上で思いっきり囃子をやりたいです。

晴天を祈りつつ、体調管理と業務管理を万全に、気持ちよく八王子まつりを迎えたいです。

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

|

« 平成19年子安神社祭禮初日 | トップページ | 証券会社での打ち合わせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/7235527

この記事へのトラックバック一覧です: 平成19年子安神社祭禮2日目:

« 平成19年子安神社祭禮初日 | トップページ | 証券会社での打ち合わせ »