« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月30日 (日)

労働基準法についての社内研修の講師

人気ブログランキング現在の順位はこちら→Banner2

昨日は人材派遣会社のヒューマンアイさんで社内研修の講師をしました。

3ヶ月連続で労働基準法、特に労働時間法制についての研修をという事だったので、私のメルマガの原稿を中心にしてお話ししてきました。

P9290100

当日のシャツは、冒険であつらえたラメ線入りのシャツ。

その夜、エスエストラストの杉本社長につっこまれましたが、ヒューマンアイの皆さんはシャツの感想いかがでしたか?

P9290102
↑光ってますよね。。。シャツが。。。

保守的な性格ですが、たまには冒険をしたくなります。

昨日の内容は「1年単位の変形労働時間制」「フレックスタイム制」「休日の振り替えと代休」「休憩時間の概念」「雇用対策法改正に伴う外国人労働者の届け出」についてでした。

レジュメは、メルマガの原稿を資料としてお渡ししましたが、殆どレジュメは使わずに、例示を中心にお話ししました。

前回話した1ヶ月単位の変形労働時間制よりは、使用頻度が少ないであろう1年単位とフレックス。

こちらは簡単に触れただけで、重要な事項である「休日の振り替え」「休憩時間の概念」に時間を割いてお話ししました。

これは人材派遣会社さんの社員であるかぎり、現場のスタッフさんとのやりとりの中で、しっかりと把握しておかなければならない事項です。

この点をお話しできたのは良かったと思います。

ヒューマンアイさんの成長の勢いは目を見張るものがありますが、コンプライアンスの徹底には派遣法だけではなく、労働基準法も必要であるとの事でこの様な研修をやられる企業組織の実行力に見習うものがあります。

うちの事務所もかくありたいです。

人気ブログランキング「法学・法律」に参加しております。
↓下記をクリックお願いします↓
Banner2_2  
順位が上がってたくさんの方にご覧いただけます。

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月29日 (土)

賠償金がとれるということと、多額の金額が取れるということは別問題

人気ブログランキング現在の順位はこちら→Banner2

昨日はエスエストラスト17期経営計画発表会でした。

私は懇親会からの参加でしたが、非常に活気のある懇親会でした。

P9280094

太陽賛歌というイタリア料理中心の店で毎回開催するのですが、社員の増加により満員です。

昔は2テーブル位だったんですが、それだけ成長しているということです。

P9280093

左は京王八王子の安井店長。

毎日見てくれているようで、有り難い限りです。

この勢いで成長していってもらいたいです。

さて、昨日は弁護士ととある労働事件の示談交渉に当たりました。

相手方は賠償金を要求してきているんですが、損害が認められない。

行列の出来る法律相談所の影響でしょうか、賠償金を取れるということと、賠償金額の問題は別問題なのです。

ここを理解していない方が多い。

例えば注文と違ったものをお店が出してきた場合、それが高いものであれば、客はその差額の料金が損害であるとし、安いものであれば、それはそれで安い料金をもらえばいい。

どうしても安い方を食べたいのに、高いものが出てきた。再度注文している時間はない。この「食べたい」という気持ちに対する慰謝料は取れるかという問題。

とれるかも知れません。とれないかも知れません。

しかし、仮にとれたとしてもいくらとれるのという話。

私もauのパケット通信を解約するときに大分auに振り回されましたが、じゃ私の受けた損害はというとauと話した電話代と再度auショップに行った休業損害と交通費。

どんなに頑張っても1万円には届きません。

とれるといっても1万円の為に裁判は起こしませんし、10万円払って弁護士に依頼するのもおかしな話です。

不快感は感じますが、この1万円をあきらめることは泣き寝入りでしょうか。

この感覚の問題。

しかし1万円を争って、相手方と交渉に時間と気力を費やすのは私はもったいないと考えます。

冷静に考えればこの様な結論に導かれると思うのでしょうが、労働基準監督署の相談窓口や市役所の法律相談等では、相談者が一般論に終始する場合や事実を多少誇張して相談し、その誇張した部分が非常に重要な事実である場合、当該事件の相談結果とは違った結論になってしまうことがあります。

その結果、労働者が会社に対し金銭の請求を求める動機になることが多いのですが、賠償論としては殆ど金銭的な支払額が必要ないか、極めて少額というケースになります。

テレビの影響を強く感じた示談交渉でした。

人気ブログランキング「法学・法律」に参加しております。
↓下記をクリックお願いします↓
Banner2_2  
順位が上がってたくさんの方にご覧いただけます。

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月28日 (金)

調整して物事を進めるということ

人気ブログランキング現在の順位はこちら→Banner2

今日の東京地方は、もうすぐ10月とは思えない暑さ。

すすきに情緒を感じる気候ではないのが残念。

昨日は八王子法人会青年部会総務広報委員会でした。

070928001

今年度はホームページのリニューアルを目指して活動をしており、昨日一応完成しました。

八王子法人会青年部会ホームページ
http://www.hojinkai.jp/

070928002

中小企業というのはトップダウンで物事が決まります。

ホームページも私の独断と偏見でつくってます。

しかし、経営者が集まる法人会で、委員長としてホームページの企画から業者との交渉を調整しまとめるということは非常に大変でありました。

しかし良い勉強になりました。

トップダウンで物事を決める事は勇気がいりますが、調整をしながら自らの思いを反映させるべく進めていくことは非常に難しかったです。

総務広報委員長の任期は残り1年半。

箱は出来たので、これを使ってどの様に内部広報と外部広報を行っていくのかがこれからの課題。

私の思いはありますので、色々と調整をして進めていきます。

これもまた勉強です。

人気ブログランキング「法学・法律」に参加しております。
↓下記をクリックお願いします↓
Banner2_2  
順位が上がってたくさんの方にご覧いただけます。

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月27日 (木)

司法修習生と臨んだ団体交渉

人気ブログランキング現在の順位はこちら→Banner2

子供の誕生日プレゼントを買いにトイザらスに行ったのですが、久々におもちゃ屋にいってみると大人も楽しめるようなものが売っているんですね。

昔懐かしいラジコンとか。

Dscf0769

自分の乗っているアルファードのラジコンが1999円だったので思わず購入。

少しちゃちですが、楽しめます!!

Dscf0770

長男のおもちゃになりかけていますが。

昨日は団体交渉でした。

私と弁護士2名と会社の社長と現場責任者。そして司法修習生。

司法修習生のバッチをつけての参加。

団交の内容は言えませんが、司法修習生も団体交渉の雰囲気を味わえて良かったかなと思います。

なかなか立ち会えるものではないそうで。

隣接法曹の役割をしっかりと理解してくれる法曹人の育成は我々隣接法曹の人間にとって非常に重要なこと。

そのチャンスに巡り会えたことは非常に嬉しいです。

司法修習生といえば公費で実務研修をしている訳ですから、しっかりと団体交渉の流れ、団体交渉むけての事前準備、団体交渉での注意点等をレクチャーしたつもりです。

経営法曹の弁護士と一緒に団体交渉した経験が非常にいきているなと思いました。

座学より体験ですよね!!

人気ブログランキング「法学・法律」に参加しております。
↓下記をクリックお願いします↓
Banner2_2  
順位が上がってたくさんの方にご覧いただけます。

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月26日 (水)

親中派の福田総理誕生をうけて

人気ブログランキング現在の順位はこちら→Banner2

日本の近代建築の建築家村野藤吾展のポスター掲示を頼まれた。
村野藤吾についてはこちら↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%91%E9%87%8E%E8%97%A4%E5%90%BE

070925002

070925003

日々法律こ格闘し、紛争の現場にいると、「ものづくり」をしている人の話に刺激を感じたりします。

このポスター掲示を依頼してきた方は、そこそこ名のある建築家の方で、早稲田大学出身ということで、野村藤吾氏に師事していたとのこと。

建築士やメーカーで自動車のエンジン設計をしている友人と話すこともそうですが、発想が違うし、視点も違う。

そもそも仕事が違うので当たり前でありますが、話すとわくわくします。

自分の価値観のトンネルに入ってしまったときに、そんな友人と話すと、トンネルの先が見えてきたり、そもそも自分でトンネルをつくっていたりする自分に気づきます。

価値観の違う人との交流こそ人生を豊かにするもんですね。

昨日福田内閣が発足した。

参議院選挙から自由民主党総裁選挙まで内政問題が中心で、外交課題といえばテロ特措法ぐらい。

自由民主党総裁選挙でも靖国神社に参拝しないと福田首相が明言した程度。

しかし、今の生活水準を維持する為には、資源のない我が国は如何に資源を確保していくのかを戦略的に考えていかなければならない。

福田首相は親中派。二階総務会長、甘利経済産業大臣も親中派である。海洋政策を担当している冬柴大臣も親中派といえる。

古賀選対委員長は、人権擁護法推進派のトップである。

この様に見ると福田内閣は左傾化しているわけである。

このブログでも度々取り上げているが、国際的な資源獲得競争の中で、中国がしたたかな戦略で台頭してきた。

携帯電話や精密機器に必要な希少金属は中国や南アフリカといった限られた地域しかとれない。

この希少金属を安定的に我が国へ供給されるルートをつくることこそ我が国の生活水準の安定がある。

東シナ海の海洋資源の問題もしかりであり、完全に中国にイニシアチブを握られている。

中川昭一経済産業大臣は、試削をすすめる方針であったが、親中派の二階大臣はそれを認めず、そして甘利大臣にも引き継がれている。

福田内閣は親中派の議員が要職に就いているが、我が国の海洋資源の開発にゴーサインを出せない議員が、どうして中国との資源獲得競争でしたたかに戦えるであろうか。

今の生活水準を守るということは、今輸入している資源を安定的に供給されるルートをつくるか代替品を探すかである。

現時点で代替品が存在しない以上、資源獲得競争に我が国が真剣にかつしたたかに加わり、イニシアチブを取っていかないと今の生活は守れない。

野党は国内問題を騒ぎ立てることで自らの存在価値を高めようという事であろうが、内政も外交も車の両輪であり、両者が上手くいっていなければ国は安定しないのである。

自由民主党も参議院の選挙結果から内向きになっているが、資源の問題を一つ取ってみても国の安定には、資源供給の安定が欠かせないのである。

もっともっと我々日本国民は外交政策について真剣に考えていかなければならない。

人気ブログランキング「法学・法律」に参加しております。
↓下記をクリックお願いします↓
Banner2_2  
順位が上がってたくさんの方にご覧いただけます。

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月25日 (火)

第61期司法修習生との出会い

人気ブログランキング現在の順位はこちら→Banner2

今日は午前中に友人の弁護士事務所で打ち合わせ。

打ち合わせの内容は言えませんが、一人見かけない顔が・・・。

何と司法修習生でした。

弁護士4人の事務所で、八王子でも政党色のついた事務所を除いては大きい事務所です。

070925001

今取りかかっている事件が片づいたら、友人の弁護士とともにいっぱいやりましょうと約束!!

12月いっぱい居るようなので、色々とお話しできそうです。

今度飲んだときは、弁護士と隣接法曹との連携の重要性を熱く語りたいと思っています!!

社会保険労務士を10年やっていて、色々な弁護士の先生とお仕事をさせて頂いておりますが、司法修習生と一種にするのは今回が初めてです。

何だか緊張しましたが、公費で次世代の法曹を育成している事を考えると、私も出来るだけのことを伝えるべく、いつもより熱のこもったトーク。

依頼者や相手方がいると、そんなに熱くなれませんが、司法修習、特に弁護修習を通じて隣接法曹の役割をしっかりと理解してもらいたいと思います。

弁護士一人では全ての事件に対応できないということを認識して、誰とどの様に連携して先輩達は対応しているのかを学んでもらうことも大切であると思うのです。

司法修習制度は法曹資格にはありますが、隣接法曹にはありません。

公認会計士や不動産鑑定士は「補」制度があり、一定の実務経験を積んだ後、最終試験に合格して晴れて「補」がとれるわけです。

社会保険労務士会もインターン制度を考えているようですが、受け入れ先が費用を負担するのでなかなか活用できないようです。

私の事務所も、祈願の引越が出来たらインターン制の受け入れの検討もしたいなと司法修習生と接して思いました。

人気ブログランキング「法学・法律」に参加しています。下記をクリックして頂くと順位が上がりたくさんの方にご覧いただけるようになります。
Banner2_2  
↑↑こちらをクリックお願いします↑↑

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月24日 (月)

ひな鳥山

人気ブログランキング現在の順位はこちら→Banner2

思えば7月から毎週末は祭り漬けであまり家にいませんでしたので、ひな鳥山に行きました。

http://www.hinatoriyama.co.jp/j_002.htm

ここは船で料理が運ばれてくるので、子供たちは大喜び。

リーズナブルだし、子供は船見て喜んでいるしで親はのんびり食べることが出来ます。

Dscf0736

外には水車もあり、のどかで良いですよ!!

Dscf0740

この水の上に船のようなものを載せて料理を運びます。

Dscf0742

欠点は窓がないこと。

窓側にはこの水路がありますから、入り口を開けなければ景色は見えないんですよね。

もう少し工夫をしてくれると良い感じなのですが。

いろり焼きに限っていうと、高尾山麓ある「ごん助」の方が好きですが、ひな鳥山はこの水路を見て子供が一人で楽しんでくれるのでこちらに来てます。

料理はこんな感じです。

Dscf0745

Dscf0746

Dscf0747

Dscf0749

これらの食材をこんな風に焼くわけです。

Dscf0748

Dscf0750

焼くのも楽しく、あっという間に2時間半経ってました。

休日のんびり過ごすことも必要ですね。

「仕事→祭り→仕事」の祭りシーズンでしたから。

でもやっぱり祭りが恋しい。。。

人気ブログランキング「法律・法学」に参加しております。下記をクリック頂ければ順位が上がり多くの方にご覧いただけます!!
Banner2_3
↑↑クリックお願いします↑↑

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月23日 (日)

泣き相撲

人気blogランキングに参加しています。Banner_01_6
下記をクリックして頂けると順位が上がり、たくさんの方に見て頂けます!!
こちらをクリックお願いします

今日は京王八王子にある子安神社へ「泣き相撲」に行っていました。

http://homepage3.nifty.com/koyasu/pc/

今日は子安神社の例大祭でもあるそうです。

7月の祭りは例大祭ではないんですね。。。

Dscf0735

Dscf0715

受付して、参加料の5,000円を払い、拝殿でお祓いを受けて参加します。

Dscf0719

神楽殿でやります。

Dscf0718

行司が泣かします。

泣く子は育つということで「泣き相撲」が始まったようです。

行司をやっているのは先週一緒に日野の八坂神社の祭禮でお囃子をやった中重さん。

Dscf0727

行司が一番大変かもしれません。

Dscf0729

相撲が終わると宮司がおでこにスタンプを押します。

御札をもらいこれで終了です。

1歳にならない子しか参加できないので、参加する子は一生に一度だけのイベントです。

まぁ覚えてないと思いますが。。。

Dscf0730

神楽殿には氏子町会の提灯が。

祭り好きはこんな所に目がいってしまいます。

元旦ここで囃子が出来ると良いんですが。

人気blogランキングに参加しています。Banner_01_6
下記をクリックして頂けると順位が上がり、たくさんの方に見て頂けます!!

こちらをクリックお願いします

本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月22日 (土)

八幡囃子連打ち上げ

人気blogランキングに参加しています。Banner_01_6
下記をクリックして頂けると順位が上がり、たくさんの方に見て頂けます!!
こちらをクリックお願いします

先日ある方から雪駄を頂きました。

何と牛革底の良いものです。

P9210083

P9210084

いつもは安物を使っているので、嬉しかったです。

前の雪駄はゴム底でした。

P9210086

どのくらいの値段か忘れましたが確か三千円くらいのものです。

大体雪駄の寿命は2年。

子安神社祭禮2日間、八王子まつり3日間、弐分方八坂神社祭禮2日間、日野三澤八幡神社祭禮1日、日野八坂神社祭禮3日間、子安市民センターまつり2日間と、あとは宴会や老人ホームに呼ばれたときに履きますが、年間20日も履きません。

しかし歩く距離が半端じゃありません。

足が棒とはこのことだという状態になりますから。。。

今回雪駄が壊れたのを見て、一つ余分にあるので差し上げますと・・・。

有り難いです。

P9210087

今年の子安市民センター祭りまでは、これにボンドをつけて履きます。

P9210085

雪駄には大きく名前が。。。

囃子の人間ですから、雪駄を脱いで山車に乗るんですね。

皆間違いないように自分の名前を書くわけです。

履いているときは分からないのですが、脱ぐとこんな感じ。

まず間違えることはないですね。

いま自分のオリジナル扇子を作ろうとしているんですが、囃子もスポーツと一緒でおそろいのものを着ているわけで、小物で自己主張といったところが、また祭りの楽しみだったりします。

さてさて昨日は八幡囃子連の祭りの打ち上げ。

京王プラザホテル八王子でやりました。

八幡囃子連は、八王子まつりでの八幡一二丁目での囃子と、日野の八坂神社での仲町自治会の山車での囃子が大きな柱。

八王子まつりは、自分の日吉囃子連として日吉町の山車で囃子をしているわけで、千貫神輿の助っ人しか行けませんでした。

また、日野の八坂神社の祭りも子安みとみ会として参加してますから、今年の貢献は少なかったので遠慮しようと思ったのですが、参加してしまいました。

その後、八幡囃子連の岩崎さんとともに、みとみ会の草薙会長と小川副会長と小川さんの奥さんがやられている桜という店で合流。

その後、仕事で打ち上げに来られなかった八幡囃子連の西川さんも合流して深夜まで。。。

7月から祭りシーズンが始まり先週で終わってしまいましたが、9月に入り毎週囃子をしていたので、今週末囃子が出来ない寂しさを会話で発散と祭りの話しで盛り上がりました。

囃子の話しで酒を飲むのは最高です。

踊る阿呆に 見る阿呆 どうせ阿呆なら踊りゃな損損!!

まぁ、こんな感じです。

人気blogランキングに参加しています。Banner_01_6
下記をクリックして頂けると順位が上がり、たくさんの方に見て頂けます!!
こちらをクリックお願いします

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月21日 (金)

労働時間設定改善アドバイザ-

人気blogランキングに参加しています。Banner_01_6
下記をクリックして頂けると順位が上がり、たくさんの方に見て頂けます!!
こちらをクリックお願いします

今日は労働時間等設定改善法に基づく労働時間等設定改善事業で東芝日野工場に行きました。

P9210089

労働時間等設定改善法とは、時限立法であった時短促進法を改正し恒久法化したもので、時短援助事業の労働時間短縮だけを行うものではなく、労働時間の長い人は長いなりに、短い人は短いなりに、余裕のある生活を目指しましょうというもの。

基本的に労働基準監督署単位に一名「労働時間設定改善アドバイザー」を配置し、構成集団に対して年間を通じて労働時間等の改善を促すというものです。

そのアドバイザーを拝命しており、今日は2回目の集団指導でした。

基本的には、時間短縮等のアドバイスは変形労働時間制をはじめとした労働時間管理の説明を行い、健康配慮措置の問題について話しました。

今日は行政の立場でお話しするので、いつものスタンスと違い、何だか恐縮しました。

厚生労働省の事業であり、労働基準局所管の事業ではあります。

なのでその行政の立場にたって事業を進めるので、いつものように積極的な提案をするわけにはいきませんので、違った意味で大変な事業です。

今日は2回目の集団指導なので、今後個別指導に移行し、各企業の方と面談するのです。

行政の立場でお話しをするので、原則論が中心になってしまい、辛いものではありますが、頑張っていこうと思います。

人気blogランキングに参加しています。Banner_01_6
下記をクリックして頂けると順位が上がり、たくさんの方に見て頂けます!!
こちらをクリックお願いします

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年9月20日 (木)

労働基準監督官の臨検における産業医の活用指導

Banner_01_6人気blogランキングに参加しています。
下記をクリックして頂けると順位が上がり、たくさんの方に見て頂けます!!
こちらをクリックお願いします

9月16日は国立演芸場で開催される、三遊亭竜楽独演会のチケットを購入していました。

しかし当日は日野市にある八坂神社のお祭りにていけないことが分かり、従業員に譲りました。

行った従業員が写真を撮ってきてくれたので、国立演芸場の雰囲気をお伝えしたく載せてみます。

Dsc01377

Dsc01376

Dsc01379

国立演芸場は最高裁判所の横にあります。

次回は10日2日内幸町ホールです。

「笠碁」と「目黒のさんま」

竜楽師匠の目黒のさんまを聞いてみたいですね。

今日は労働基準監督官の臨検。

スーパー、人材派遣業、病院、運送業とこの9月に調査があり、対応に大変ですが、恒常的に労働時間が多い業種や人材派遣業といったところをピックアップしているのでしょう。

特に人材派遣業では24条協定の確認をしました。

グッドウイルグループのデータ装備費等の関係でしょうが、今迄の臨検で24協定を細かくチェックをされたことがほとんど無いので、時節柄だと感じました。

スーパーや運送業はやはり恒常的に残業が多い業種なので、過重労働に対する健康配慮対策が中心になります。

産業医の面談をしろと言っても産業医の意識が低いのであまり実効性を感じないんですよね。

産業医の制度については事業主サイドの意識というより産業医サイドの意識をどの様に改善していくのか政策として考えていかないと、事業主が医師に頼んでも医師の対応が出来ていないという現状ではどうにもならないわけです。

医師も産業医については収益性という部分に於いて興味が低いようで、その点を考えて労働衛生については保健師や臨床心理士等の活用を主として推進していき、産業医を従としてその活動を補足していく制度が現実的で実効性があると思うのです。

是正報告書を4つ起案しなければなりませんが、起案に向けて対応を考えているとこの様な矛盾にぶつかります。

人気blogランキングに参加しています。
下記をクリックして頂けると順位が上がり、たくさんの方に見て頂けます!!
こちらをクリックお願いしますBanner_01_6

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月19日 (水)

八王子法人会北地区で講演 公的年金の信頼性の検討

人気blogランキングに参加しています。Banner_01_6
下記をクリックして頂けると順位が上がり、たくさんの方に見て頂けます!!
こちらをクリックお願いします

先週の金曜日は八王子法人会北地区第二支部主催の講演でした。

翌日は既にご紹介したとおり岡三証券のセミナーであり、テーマは共通。

しかし法人会の場合は経営者が対象ということで、年金に併せて関連する労働分野のお話しもしました。

P9141200_2

講演の時は地味なネクタイを心がけてます。

ネクタイに目がいっちゃいますからね。。。

P9141201_2

内容は公的年金の意義と年金の信頼性の問題を中心に講演

公的年金の意義については、既にこのブログでお話ししました。
http://norifumi.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_7f0a.html

信頼性については「制度設計上の前提条件の問題」と「年金納付記録」。

制度設計上の前提条件とは、昭和30年代に今の年金制度の骨格が出来たとすると、当時これほどまでに少子高齢化が進むということが想定されなかったこと。また、医学の進歩により平均寿命がこれほど伸びるとは考えられなかったことが指摘できます。

5年に一度の再計算や度重なる制度改正によってもなお年金制度が持続可能な制度として信頼されない原因とは何でしょう。

ヒントは竹中平蔵元大臣の「構造改革の真実 竹中平蔵大臣日記」(日本経済新聞社)

構造改革の真実 竹中平蔵大臣日誌 構造改革の真実 竹中平蔵大臣日誌

著者:竹中 平蔵
販売元:日本経済新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にありました。

金融機関の不良債権処理の際、官僚は前任者の施策を否定できず政策の軌道修正が出来ない。

大臣がトップダウンで政策転換を進めるしか方法は無いという主旨の話しが掲載されていました。

年金制度もまさにそれなのです。

数字というのは正確なようで非常にいい加減です。

なぜなら前提条件が変われば結論となる数字が全く違ってくるからです。

逆をいえば、結論の数字から逆算すれば前提条件を導き出すことも可能であり、年金制度の改革はこの前提条件を結論から導き出し、様々な理由を後付でくっつけたということになります。

ですからつぎはぎだらけの年金制度となり、世代によって年金保険料の支払額と受給額の比率が変わり不公平感が出てくるわけです。

年金の納付記録の問題についてはメルマガで詳細をお話ししたのでここでは省略をします。

昨日とある会合でこの話題になり、与党代議士の秘書もいたのですが、公的年金の意義を理解されていないんですね。

払い込んだ保険料に対してのパフォーマンスの議論や、25年間保険料を収めなくても貰えるようにすべきという議論がありました。

しかしこの議論は公的年金の意義を理解していないから起こるわけです。

民間の保険会社の終身保険と公的年金とは全く制度の背景が違うんですね。

民間の保険会社の保険制度を検討するようにみていくと、公的年金に対する誤解を助長するだけであり、与党の代議士秘書でさえ理解していないのはまずい。

だから年金制度の議論をすると与党が不利になるんだと。

かなり熱く語ったんですが、それじゃ11月の研修会の講師はお前やれと急遽講師拝命・・・。

いつもは外部講師を呼ぶんですが、今回は内輪だから講演料も内輪料金だぞとのこと。

まあ年金制度の本質を理解して下さる方が増えれば良いわけで、それを目的に話すことにします。

人気blogランキングに参加しています。Banner_01_6
下記をクリックして頂けると順位が上がり、たくさんの方に見て頂けます!!
こちらをクリックお願いします

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月18日 (火)

平成19年日野八坂神社祭禮最終日

blogランキングに参加しています。
こちらをクリックお願いします Banner_01_6

さて昨日は、日野八坂神社のクライマックス神輿パレード。

くどいようですが、神輿祭りでも囃子しかしません。

囃子オンリーです。

P9170127
↑18時前に出発。日野駅を目指します。

P9170129
↑山車の上から。土曜日の八坂神社の祭りをスルーして、ベルサーチのパーティーに参加をして、香水をもらって喜んでいたセレブリティーな西川さん(左)と私とこの夏祭りを一緒に堪能した戦友?のみとみ会山口さん(右)。

今年最後の動く山車。そして神社の祭りです。

興奮しないわけがないですよね!!

3日目になっても八坂神社へお参りしていなかったので、少し抜け出してお参りにこの後3人で行きました。

P9170132
↑八坂神社拝殿

お参りしたのですが、神様は御神輿にいるはずと御神輿に参拝。

P9170131

来年も気持ちよく来れますようにと参拝。

お祭りに行った神社にはいつもこのお願いをします。

元気に楽しくお祭りに来れることは、心身ともに健康で、家内安全、商売繁盛の証拠ですから。

ただ、3人ともお金持ってきていない。。。

お賽銭なしでの願い事。

気持ちの問題ですから・・・。

P9170130

今年一回も生演奏を聴くことが出来なかった日野囃子保存会の舞台。

休憩中でした。

この囃子連、「村祭り」のフレーズをやるんです。

このフレーズを見事盗んだ山口さん。

本場の横ではやりにくいようです。

P9170134

山車も定位置に曳いてきて、民謡流しを見ていました。

P9170133
↑民謡流しの様子

八王子まつりみたいですね。

P9170136
↑午後6時の八王子方面の風景

日が短くなりました。

そして何となく淋しいですね。。。

P9170137
↑馬場日野市長

仲町自治会は馬場市長のお膝元なんですね。

P9170146
↑大太鼓

神輿渡行の前に、大太鼓が街道を通ります。

バットみたいなバチで叩くんですよ!!

P9170155

神輿渡行の際は居囃子。

前半30分は羽矢。後半30分はいんばでした。

P9170163

神輿がこんな風に山車の前に来るんですよね。

前半とんびをやっていましたが、神輿の心意気に負けないように、囃子の心意気をこうだとばかりに気持ちを込めて吹きました。

P9170160

P9170162

20基以上の神輿が出ていたようです。

囃子をしていると何が何だか分かりません。

P9170166

午後8時には渡行もおわり、山車は仲町自治会館へ向かいます。

P9170168 
また来年!!って感じですよね。

淋しい・・・・・・・・。

P9170170_2
通行止めの警察車輌。

警察官もご苦労様です!!

P9170173

仲町会館へ着いて少し居囃子。

P9170176

そして終了。

10月の子安市民センター祭りを残して、平成19年の夏祭り、秋祭りの予定は全て終わりました。

今年も八王子まつりの最終日の夜の雷雨を除き、天候に恵まれ非常に楽しかったです。

神社の祭り、山車の木の匂い、暑い山車の中等々・・・。

祭りの良さなんて一言で語れませんが、今年も楽しんだなぁって感じです。

祭りの最中はアルコール飲みませんが、終わって仲間と一杯。

祭りの話しを肴に飲むのも最高です。

うーん、まだ囃子やり足りないなぁ。

10月の20日と21日は子安市民センターでお囃子をやります。

今年の叩き納め。

嫌というほどやってきます。

早く来年来ないかな・・・。

blogランキングに参加しています。Banner_01_6
こちらをクリックお願いします
たくさんの方にご覧いただけるようになります!!

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月17日 (月)

平成19年日野八坂神社祭禮2日目

昨日は日野市の八坂神社の祭禮2日目でした。

ちなみに7回目の結婚記念日でもあります。

祭りが優先という我が家の基本原則に則って、祭りに行って来ました!!

宮神輿が出る日ですが、宮出し、宮入ともに見れず、仲町の山車でお囃子をしてました。

前日は仲町会館ではなく、日野の有形文化財でもある日野本陣跡の前に山車を置きました。

Nec_0008
オオカンを山車の柱にくっつけます。

Nec_0011
日野本陣前に置いてある山車。

日野本陣の写真
Nec_0012
日野宿の名主佐藤家の屋敷跡で、隣の佐藤家を上佐藤家とよび、この家の主を下佐藤家と呼んで隔年で名主をしていたようです。

そして上佐藤家を本陣、下佐藤家を脇本陣としていたようですが、江戸末期に下佐藤家のこの屋敷も本陣と称するようになったとのこと。

東京では本陣跡の屋敷はここだけのようで貴重な文化財であるようです。

まぁ、そんな由緒正しい日野本陣前を通過する宮神輿を迎えてから、日野仲町会館へと移動。

Nec_0009

甲州街道(日野警察付近)を通過する宮神輿。

国道を担ぐので、お巡りさんも大変です。

Nec_0010

この宮神輿が通過してから山車の曳き回し。

Nec_0013
docomo700シリーズの携帯の写真なので、全然綺麗に写ってませんね。

Nec_0014

Nec_0015

この曳き回しが終わると居囃子になります。

今年は、仲町会館前に神輿が来ない年。

なので、神事にも立ち会えず寂しかったです。

来年は来る年だそうで、ルートを変えているんですね。

Nec_0022

仲町会館で居囃子をしている風景。

Nec_0019
下から見た舞子。変ですよね。

この山車は組て式で、祭りが終わると解体されて町会の倉庫にしまわれます。

山車をつくっている方もこのブログを見て頂くので以下は参考までに構造の写真を載せておきます。

Nec_0016

Nec_0017

Nec_0023

梶棒はこんな感じです。

Nec_0020

Nec_0018
楽屋の側面

布で出来てます。

こんな感じの構造です。

今日は、夕方から神輿のパレード。

パレードでは、一番立川よりに置いてある仲町の山車でお囃子をしています。

今年最後の神社のお祭り。

3日間長いようでもう最終日です。

寂しいな。。。

それでは行ってきます!!

blogランキングに参加しています
こちらをクリックお願いします Banner_01_6   

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月16日 (日)

平成19年日野八坂神社祭禮1日目

昨日は岡三証券のセミナーの後、日野の鎮守である八坂神社へお囃子をしに行って来ました。

仲町という馬場日野市長の地元町会での囃子。

八坂の祭禮では唯一の山車です。

Photo

仲町の山車です。

組み立て式の山車であり、風通しは最高です。

070915002

八坂神社の裏手まで曳いていきます。

ちなみに山車の後ろはこんな感じ。
Photo

八坂神社の裏手までいったのですが、八坂神社を見学する時間的余裕はなく入り口の写真だけです。

Photo_2 070915004

宵宮は短時間で終わりました。

仲町会館には神輿もあります。

Photo_3

今日は8時20分に拙宅集合。

9時に現地到着予定です。

今日一日楽しんできます!!

blogランキングに参加しています
こちらをクリックお願いします Banner_01_6 

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月15日 (土)

岡三証券ゆとりあるセカンドライフセミナー 公的年金の意義を話してきました

人気blogランキングに参加しています。Banner_01_6
下記をクリックして頂けると順位が上がり、たくさんの方に見て頂けます!!
こちらをクリックお願いします

今日は岡三証券主催の「ゆとりあるセカンドライフセミナー年金編」で講師をしてきました。

場所は京王プラザホテル八王子です。

070915001

いつもは経営者向けのセミナーで、夜という事が多いのですが、今日は一般の方向けでなおかつ朝10時30分よりのセミナー。

来週様子をご紹介しますが、昨日はほぼ同じ内容で八王子法人会で講演しました。

070915002

今日は証券会社の主催セミナーということで皆さん真剣そのもの。

年金制度の話しはあまり触れずに、「何故公的年金が必要なのか」「公的年金の信頼性についての検討」をし、老後の準備について何が必要かということを、マスコミの情報に流されることなく、しっかりと正しい知識を持って頂きたくお話しをしました。

公的年金の意義というのは「過小貯蓄の防止」なんですね。

現役世代で一生懸命貯蓄して、金銭的にゆとりある生活を送る人も、現役世代で貯蓄をせずに老後は細々と生活するんだという人。

現役世代は収入もあるし、生き方の問題ですから、社会秩序を守っている限り誰に干渉されるものではありません。

しかしながら現役を引退した場合、老後へ向けて貯蓄をした人は自分自身で生活していけます。

一方貯蓄をしていなかった人は、餓死してしまうかもしれません。

これは自己責任で片づけられるでしょうか。

無理ですね。

憲法25条の生存権。

人たるに値する生活をおくる権利を有する。

国家はその為に福祉のあらゆる局面に於いて施策をしなければならない。

となっています。

ですから、現役世代は自己責任がまかり通っていても、引退したら「生活保護」のお世話になる。

これは全然自己責任ではありませんよね。

現役世代に、老後へ備えての自助努力をしなくとも国家が面倒を見てくれるとなると、モラルハザードがおきます。

生活保護費は自治体の負担ですから、高齢者社会が進むと歳出にしめる生活保護費の割合が増えてしまい財政破綻します。

この様な観点から、国家が強制力を持って最低限の自助努力を促すということが公的年金の意義なのです。

だから年金額で生活が出来るという支給水準では設計されていません。

最低限の生活が送れる額に多少上乗せした金額が年金額と考えて良いでしょう。

どのくらいお金があれば豊かな老後を送ることが出来るかということは、個人の価値観であり、一概には言えません。

ゆとりのある生活を送るのであれば、自助努力で考えてくださいということです。

この考え方をしっかりと認識しておかないと、年金額に過大な期待をしてしまう。

年金がもらえても、海外旅行を年一回はしたいと思われるのであれば、自分の自助努力で貯蓄をする必要があります。

このような話しをしてきたのですが、50分程度の短いセミナー。

駆け足で話しましたが、ポイントはご理解頂いたつもりです。

今から、半纏に着替えて日野市の鎮守、八坂神社へお囃子をしに行って来ます。

今日から3連休、全部八坂神社です。

7月の子安神社祭禮から始まった祭りシーズン。

これが最後です。

今年最後の神社の祭禮。

仲町の山車で囃子をしっかりと楽しんできます。

blogランキングに参加しています
こちらをクリックお願いします Banner_01_6

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月14日 (金)

農家の後継者

畑が造成されて宅地になりました。

070907008

農業面積が減っていることは肌で感じます。

例えば私が農業をはじめる為には、農家に雇われないといけないんですね。

後継者のいない農家を、農家ではない方が土地を取得して農業をするということが出来ないとのこと。

この辺の構造改革も進めてもらいたいですね。

これから八王子法人会の講演です。

テーマは年金。

行ってきます!!

メルマガ第47号「改正雇用保険法及び改正雇用対策法の概要」
是非ご登録下さい。

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月13日 (木)

「あし@」はじめました

お昼何を食べようかと八王子の街中をうろうろしていたら、開店したばかりのお店を見つけました。

070912001

場所は京王八王子の仁和会総合病院と松屋の間の一方通行を入ったところ。

少し前フロントに強盗が入ったホテルピットインの横です。

頼んだパスタ。

070912002

味はというと、とにかくしょっぱかった・・・。

酒のつまみですね。

ビールに合いそう。

でもこんなに食べられませんが。。。

お気づきの方がいらっしゃるかと思いますが、右上に「あし@」というものがついてあります。

ブログを書いている方が、「あし@」に登録をすると表示されます。

そしてブログに表示すると、「あし@」に登録をしているブログを書いている方が、私のブログをみてもらえると足跡が残ります。

「あし@」に登録できるのはブログを書いている方だけですから、ブログを書いている方同志の交流に繋がり、登録していない方は足跡だけは見ることが出来ますから、類似テーマのブログを探すことが出来ますし、ブログを書いている人は閲覧数のアップに繋がります。

ブログランキングはどうも好きではないのでやっていないのですが、このあし@は試しにやってみようと思います。

あし@のホームページ
http://www.ashia.to/

ご興味のある方はどうぞ!!

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月12日 (水)

目的のないコミュニケーションの難しさ

今日は安倍総理辞任という衝撃的なニュース。

朝一番で監督署の調査の立会をし、弁護士とあっせん事件の打ち合わせ、その後証券会社とセミナーの打ち合わせをし、遅めのランチをとり、労働事件についてクライアントとの打ち合わせから帰ってきてパソコンをみたらニュースとして流れていました。

知ったのは17時過ぎでした。

私の打ち合わせをしていた方も知らなかったわけであり、忙しいとタイムリーなニュースに取り残されてしまいますね。

しかし安倍総理の辞任のタイミングが理解できない。

政権を支持していましたが、テロ特措法の問題をはじめ今政治的な空白を作ることは非常に悪いと思うんですが、何故今なのか。

全く理解に苦しみます。

トップたるもの自らの退任の決断とタイミングは最後の大きな仕事。

それを中途半端にしてしまえば組織は混乱するだけ。

国家の混乱を収める為にも、1日も早い新総裁の選出を行ってもらいたいのもです。

昨日は八王子法人会青年部会理事会でした。

070912006
↑外池部会長の挨拶

070912005
↑7月に着任された八王子税務署法人課税第一部門法人課税第一部門板垣統括国税調査官の挨拶

理事会も終了しました。

今回私は総務広報委員長ですが、既存の内部コミュニケーションは紙ベースですが、これをどの様にネット中心のコミュニケーションに変えていくのかが私の仕事です。

色々議論していくと、コミュニケーションの難しさ、特に目的を持たないコミュニケーションについての難しさを感じます。

目的を持ったコミュニケーションは、目的に向けての議論が出来ますからやりやすいのですが、ネットを通じたコミュニケーションをとりやすい。

しかし、目的の持たないコミュニケーションをどの様に活性化していくのかは非常に難しいんですね。

例えば掲示板。

掲示板に好き勝手書いていいですよと言っても誰も書かない。

しかし、次回理事会へ向けてこの件についての考えを聞かせてくださいという事だとやりとりがある。

飲み会を通じてのコミュニケーション的なものを、ネット上で行うことは難しくこの点を色々と総務広報委員会として考えていくこととしています。

私の事務所内やクライアントとのコミュニケーションでも応用できるので、一生懸命取り組みたいと思います。

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月11日 (火)

従業員のメンタルケア 全国労働衛生週間準備月間にあたって

今月は全国労働衛生週間準備月間である。

Nec_0003

有機溶剤や粉塵等に起因する疾病対策と併せて精神疾患への対応も気をつけましょうということです。

精神疾患についての予防について産業医ではあまり機能せずに困られている事業主の方がいますが、この度20年以上の臨床機関として実績をもつメンタルサポートサービスを行っている組織と提携をして、「面談」「メール」「電話」「テレビ電話」等で労働者のメンタルな相談を実施できるサービスを開始しました。

土日も実施しており、有資格者のカウンセラーが従業員の相談に乗るという形です。

産業医との連携も出来ますし、価格もリーズナブルなので、今後予想される残業が多いものに対するメンタルケアの実施としては有効に機能するものと考えます。

ご興味のある方はご連絡を下さい。

メルマガ47号
改正雇用保険法と改正雇用対策法の概要です。

実務に非常に影響がある改正ですので、是非ご覧下さい。

ご登録はホームページにて

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月10日 (月)

改正雇用保険法及び改正雇用対策法が今回のメルマガのテーマです

行きつけの居酒屋のマイボトル。

070907006

新しく作ってもらいました。

070907005
↑新調したもの

古いのは自宅で使います!!

今日はメルマガ47号をつくってました。

テーマは改正雇用保険法と改正雇用対策法。

今回の改正はかなり実務に大きい影響を与える割に報道が少ない。

どれほどの周知されているのか分かりませんが、雇用保険法の改正では受給資格要件が延びて、12ヶ月勤務しないと基本手当は受給できません。

しかし特定受給者であれば6ヶ月で受給できますから、6ヶ月以上12ヶ月未満の労働者との間で離職理由についての争いがあることが容易に想像できます。

また、育児休業基本給付金と基本手当ての調整がなされ、この点も周知徹底すべき事項と考えます。

雇用対策法では、募集採用時の年齢制限が厳格化され、年齢制限をすることがほぼ例外に限られるという事になります。

また、外国人労働者の採用と退職について職業安定所に届け出る事が義務化されました。

これもどの程度周知されているか分かりませんが、外国人登録書や旅券を必ず確認しなければならず、資格外活動については資格外活動が認められる証明書の確認をしなければなりません。

当然いままでも確認することが必要であったのですが、職業安定所に届け出ることにより結果として入管法の厳格な適用と不法就労の排除に繋がってくるでしょう。

この届出を怠って、不法就労幇助に問われることも考えられなくはないですからしっかりと届出を行うことが大切です。

詳細はメルマガに記載してありますのでメルマガを是非ともご覧下さい。

メルマガ購読登録はホームページにてお願いします。

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 9日 (日)

平成19年日野三澤八幡神社祭禮

今日は朝10時から日野市三澤地区の八幡神社の祭禮でした。

昨年同様暑かったです。

Dscf0692

川崎街道を高幡不動すぎて、京王線のガードをくぐって右側にあります。

Dscf0694

神輿をこのトラックで迎えます。

Dscf0693

神輿です。

担ぎ手も多く、囃子も移動しながらやるのでメリハリがあって楽しめます。

Dscf0695

子供も多く活気があります。

Dscf0696

2トン車の荷台でやります。

Dscf0699

宮入後の神輿の様子。

神輿は神輿で盛り上がってました。

囃子しかしたことがないので分かりませんが、神輿の一体感も良いものだなと思いました。

Dscf0700

神輿です。

Dscf0701

神社の高張りもいいですね!!

Dscf0705

拝殿です。

拝殿は丘の上にあり、ここからの眺めは良いもんです!!

Dscf0702

拝殿から見た夜景。

多摩都市モノレール高幡不動駅方面です。

来週末は3連休、日野八坂神社の祭禮です。

神社の祭禮は今年最後。

7月の子安神社祭礼から始まった祭りシーズンの締めくくりです。

10月には、子安市民センター祭りがありますが、神社の祭禮ではなく市民イベントです。

今年の祭りのフィナーレ。

3日間楽しんできます。

blogランキングに参加しています
こちらをクリックお願いします Banner_01_6

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 8日 (土)

平成19年最低賃金額決まる

昔このブログで紹介したことのある沖縄そば屋でランチ。

070908001

070908002

このスタミナそばが旨い!!

写真撮り忘れたのでメニューを・・・。

普通の沖縄そばに色々入っているのですが、美味しかった。

ニンニクのおろしとカレー粉がついてくるんですが、今日は講演のレジュメ作成だけだったので、ニンニクは全部入れました。

カレー粉は恐る恐る入れたのですが、これがまた旨い。

良く行くお好み焼き屋の「カレーおべった」(もんじゃのことです)は美味くないのですが、沖縄そばにカレー粉は旨い。

大発見でした。

さて都道府県最低賃金額が出そろいました。

東京は20円アップの739円。

全国の最低賃金額はこちら
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2007/09/h0907-2.html

最低額は沖縄県と秋田県の618円。

宮崎、鹿児島、青森、岩手、佐賀、長崎が619円となります。

620円も山形、熊本、大分と九州沖縄と東北の最低賃金額が低い傾向にあります。

最高額の東京都の差額は、120円。

1時間の時給の差でジュース1本変えます。

これだけ最低賃金の開きがあると、コンビニでの地域別販売価格の設定も頷けます。

発行予定日は各都道府県で違いますので、上のURLでチェックして下さい。

ちなみに東京は10月19日です。

月額の最低賃金はどの様になるのであろうか。

月給の最低賃金の算出方法のとおり計算すると、年間260日労働で1日の所定労働時間が8時間の会社の場合、年間の総労働時間は2080時間。

2080時間を12で除すと173.33時間。

これに最低賃金である739円をかけると128,090円が最低賃金を満たす最低の月給額になる。

因みに現在の719円で計算すると、124,646円となるので、月給における今回の最低賃金額改訂における上昇額は、3,444円となる。

これは、年間の労働日や一日の所定労働時間により変化するので、前提条件を皆さんの実情にあわせて計算して下さい。

運送業や建設業ではこの改正による賃金の見直しが必要になります。

忙しくなりそうです。

blogランキングに参加しています
こちらをクリックお願いします Banner_01_6

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月 7日 (金)

台風の後

台風が去った今朝の八王子の空。

070907004

涼しくって気持ちが良かったですね。

風は強く台風の後を感じさせてくれました。

朝多摩市と府中市の境にある関戸橋付近へ行ったのですが川が凄かったです。

070907002

奥の濁流の凄さが伝わりますかね。

これに飲まれたら命はないですね。

自然の脅威を感じさせられます。

070907003

070907001

木が倒されてますが、ここまで濁流が来ていたのですね。

この堤防のすぐ下は民家。

怖いですね。

この手前の水が緩やかに流れているところは、関戸橋の花火大会の会場です。

この様に見ると、川の中で花火大会をやり、たくさんの人が見物しているんですね。

この場所にはテニスコートもあるんです。

当然川の底ですが。。。

今日本建築の本を読んでいます。

日本の建築史をみてみると、世界中どこでもそうかもしれませんが、宗教と建築は密接に関わっているんですね。

八百万の神の我が国。

木や岩がご神体であった為、拝殿はあるが本殿はないという仕組みだったようです。

仏教伝来があり、仏閣の建築をそのまま住居にした寝殿造りとなり、広い空間を仕切って使うようになり、武家政権が誕生した後は書院造り、数寄屋づくりとうつっていくのですが、 神道も当初は拝殿のみという点が面白かったです。

今でも京都の大神神社は大輪山がご神体であるから拝殿しかないそうです。

建築とは、生活スタイルであり、生活スタイルとはその土地の風土に影響されます。

電気もガスもない時代は、土地の風土の影響は非常に強かったものでしょう。

台風の後の川を見て、日本の建築史と宗教観を思いながら、自然に対する人間の無力さを改めて感じた次第です。

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 6日 (木)

理念を現場に伝える難しさ

今日の夜から明日にかけて台風直撃の恐れがあるようで、警戒中の消防団。

P9060127

造成した地域などは、山から滝のように水が流れていて、樹木の保水力というか自然のメカニズムの凄さを思い知らされます。

その自然のメカニズムを壊さないようにしないといけないですね。

昨日は友人のエスエストラスト杉本社長が、ヒューマンアイの桐生社長にお会いしたいとのことでセッティングをしました。

杉本社長は何事にもハングリー精神旺盛で、短い期間で企業を大きくした桐生社長に一度お会いしたいとのことでセッティングをしました。

桐生社長も快くお受け下さり、ビジネスについての桐生社長の経験談をお聞きしました。

内容をお話しできないのが残念ですが、トップがしっかりとした哲学に基づく理念を示して、それを全社員にしっかりと理解させるという事の重要性を改めて痛感しました。

創業期の企業や中小・中堅企業は社長のリーダーシップに寄るところが大きいわけで、そのリーダーシップが発揮できるバックボーンとして、理念の共有をすることが如何に大切かということです。

その理念を具体的に、現場に伝える作業を常に行っていかなければならないと自ら痛感した次第です。

私の事務所における「伝える作業」を継続的に行っていかなければならないと思いました。

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 5日 (水)

多摩地域売上上位10社

今日は東京地方激しい雨がふったとおもったら、やんだりと・・・。

凄い天気でした。

今もそんな天気が続いています。

秋の長雨といいますが、雷雨の様な雨なので、情緒のあるものではありません。

昨日の日経新聞多摩版に多摩地域の上場企業の売上高トップ10が出ていました。

トップは日野自動車で圧倒的な数字でしたが、トップ10の中に私のクライアント1社が入り、100%子会社の顧問をしている親会社が1社、51%子会社の顧問をしている親会社が1社と3社も入っていて嬉しかったです。

勢いのある企業の方々とお付き合いさせて頂ける喜びと、コンプライアンスに関する重責を感じる次第です。

業績とは政治に左右されるものではなく、トップの経営判断に左右されるものです。

構造的な不況業種も存在しますが、利益を上げている企業がいるわけで、経営者としてしっかりとビジョンを示していくことが大切であると思います。

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 4日 (火)

国際柔道連盟の理事ポストを失う?

圏央道の外観。

070904001

日の出インターから八王子西インターまでの間にある、八王子市上川町付近。

圏央道の完成により周囲の区画整理や造成が行われており、この上川地区でも例外ではありません。

狭い舗装されていなかった道が、綺麗に舗装されていたりと。

温暖化や花粉に影響はあるのでしょうかね。

今日の日経新聞に国際柔道連盟の我が国の理事の椅子が無くなりそうだという記事があった。

現在はロサンゼルスオリンピック金メダリストの山下泰裕氏がコーチング担当理事になったいるが、再選は非常に厳しい状況にあるようだ。

理由としては連盟内の権力闘争。

理事のポストを失うとルール変更やオリンピックの出場枠等々、柔道競技に関しての重要事項の決定については蚊帳の外におかれるようだ。

理事の確保は何としても達成して欲しいが、非常に厳しい状況であるそうだ。

国連における安全保障理事会の在り方、海洋政策、エネルギー政策と我が国の外交戦略と情報収集能力の無さが我が国にとって致命的な結果をもたらすことになる。

スポーツ界でも同様のようだ。

国家の在り方として、生活を守る為にはしたたかな外交戦を行っていかなければ現在の生活は守れない。

この事に気づけば、今の国会の在り方を見て「内向きなパフォーマンス」「ワイドショーうけするパフォーマンス」に危機感を感じずにはいられない。

政権交代の前提条件としては、民主党にこの外交政策と憲法についての具体的で明確なビジョンを示すべきである。

資源は限られている。

他国の権益になってしまってからでは遅いのだ。

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月 3日 (月)

弐分方八坂神社祭禮二日目

祭禮2日目の様子。

今日は山車が出ます。

山車といっても軽トラの車体をベースにつくったもので小さい山車です。

P9020155
締めとオオカンでいっぱいです。

舞子は踊れませんが、四助は山車の外でやってます。

P9020132
梶棒

ブレーキがききすぎて立っていると転んだりしますが。。。

P9020139

後部です。

ここを上手く使うと良いんでしょうが・・・。

P9020133

P9020140

P9020151

P9020146

P9020149

P9020148

山車の構造はこんな感じです。

実際の舵取りの様子はこんな感じです。

P9020159

曳いている様子はこんな感じです。

P9020158

山車の内部は・・・。

P9020141

狭いでしょ。。。

これもこの山車の良さです!!

P9020147

狭いので、四助ととんびは外でやってます。

金曜日の八幡囃子連の京王プラザのイベントから 連ちゃんでしたが、囃子を堪能しました。

今週末は日野三沢地区の八幡神社祭禮です。

これまた楽しんできます。

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 2日 (日)

平成19年弐分方八坂神社祭禮1日目

昨日は弐分方八坂神社の祭禮でした。

このお社は、村の鎮守という雰囲気が強いところです。

1日目は山車が出ず、舞台での囃子です。

P9010123
八坂神社

P9010122

P9010120

山車が動いているとき以外はこの舞台で囃子をします。

P9010125

こんなスケジュールで進行します。

P9010126

夜の雰囲気です。のんびりとした良い雰囲気でした。

夜は寒かったですね。すっかり秋祭りの雰囲気でした。

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 1日 (土)

プラザ祭り

昨日は京王プラザ八王子にて「プラザ祭り」に八幡囃子連として参加してきました。

070901003

会場が広く、舞子の配置に苦労したようです。
(私は助っ人ですから、気楽にやらせてもらいました。西川さん、塩野さん、岩崎さんご苦労様でした!!)

070901001

070901002

会場は、縁日の雰囲気を出しているようで、色々なものが売っていました。

1000円の券を買って、輪投げや、射的というゲームから食べ物まで・・・。

京王プラザも色々と趣向を凝らして頑張っているようです。

射的で袋一杯に景品をとった子供がいたので、将来は自衛官だねと進めておきました。

とんびをやりましたので、ノンアルコールで、食べ物も余り口にしませんでしたが、その後八幡囃子連有志の方々と飲み会をやり楽しみました。

行きつけの居酒屋で、空いていましたので、とんびを吹きながらお酒をのみました。

楽しかったです。

今日はこれから、八王子の弐分方地区にある八坂神社のお祭り。

行ってきます!!

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »