« 農家の後継者 | トップページ | 平成19年日野八坂神社祭禮1日目 »

2007年9月15日 (土)

岡三証券ゆとりあるセカンドライフセミナー 公的年金の意義を話してきました

人気blogランキングに参加しています。Banner_01_6
下記をクリックして頂けると順位が上がり、たくさんの方に見て頂けます!!
こちらをクリックお願いします

今日は岡三証券主催の「ゆとりあるセカンドライフセミナー年金編」で講師をしてきました。

場所は京王プラザホテル八王子です。

070915001

いつもは経営者向けのセミナーで、夜という事が多いのですが、今日は一般の方向けでなおかつ朝10時30分よりのセミナー。

来週様子をご紹介しますが、昨日はほぼ同じ内容で八王子法人会で講演しました。

070915002

今日は証券会社の主催セミナーということで皆さん真剣そのもの。

年金制度の話しはあまり触れずに、「何故公的年金が必要なのか」「公的年金の信頼性についての検討」をし、老後の準備について何が必要かということを、マスコミの情報に流されることなく、しっかりと正しい知識を持って頂きたくお話しをしました。

公的年金の意義というのは「過小貯蓄の防止」なんですね。

現役世代で一生懸命貯蓄して、金銭的にゆとりある生活を送る人も、現役世代で貯蓄をせずに老後は細々と生活するんだという人。

現役世代は収入もあるし、生き方の問題ですから、社会秩序を守っている限り誰に干渉されるものではありません。

しかしながら現役を引退した場合、老後へ向けて貯蓄をした人は自分自身で生活していけます。

一方貯蓄をしていなかった人は、餓死してしまうかもしれません。

これは自己責任で片づけられるでしょうか。

無理ですね。

憲法25条の生存権。

人たるに値する生活をおくる権利を有する。

国家はその為に福祉のあらゆる局面に於いて施策をしなければならない。

となっています。

ですから、現役世代は自己責任がまかり通っていても、引退したら「生活保護」のお世話になる。

これは全然自己責任ではありませんよね。

現役世代に、老後へ備えての自助努力をしなくとも国家が面倒を見てくれるとなると、モラルハザードがおきます。

生活保護費は自治体の負担ですから、高齢者社会が進むと歳出にしめる生活保護費の割合が増えてしまい財政破綻します。

この様な観点から、国家が強制力を持って最低限の自助努力を促すということが公的年金の意義なのです。

だから年金額で生活が出来るという支給水準では設計されていません。

最低限の生活が送れる額に多少上乗せした金額が年金額と考えて良いでしょう。

どのくらいお金があれば豊かな老後を送ることが出来るかということは、個人の価値観であり、一概には言えません。

ゆとりのある生活を送るのであれば、自助努力で考えてくださいということです。

この考え方をしっかりと認識しておかないと、年金額に過大な期待をしてしまう。

年金がもらえても、海外旅行を年一回はしたいと思われるのであれば、自分の自助努力で貯蓄をする必要があります。

このような話しをしてきたのですが、50分程度の短いセミナー。

駆け足で話しましたが、ポイントはご理解頂いたつもりです。

今から、半纏に着替えて日野市の鎮守、八坂神社へお囃子をしに行って来ます。

今日から3連休、全部八坂神社です。

7月の子安神社祭禮から始まった祭りシーズン。

これが最後です。

今年最後の神社の祭禮。

仲町の山車で囃子をしっかりと楽しんできます。

blogランキングに参加しています
こちらをクリックお願いします Banner_01_6

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

|

« 農家の後継者 | トップページ | 平成19年日野八坂神社祭禮1日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/7951141

この記事へのトラックバック一覧です: 岡三証券ゆとりあるセカンドライフセミナー 公的年金の意義を話してきました:

» 岡三証券 [証券会社情報]
止まらない原油価格高騰、石油会社に上方修正期待朝日新聞そのため「原油価格の上昇が収益に直結する開発事業会社、元売会社のいずれも上方修正が期待できる」(岡三証券・アナリストの宮本好久氏)という。 宮本氏は「開発専業の国際帝石はもちろん、大手元売でも開発事業を手掛けているところは原油高はプラス材料。5月に新た ...(続きを読む) 丸文(7537) ゲーム機向け半導体の好調が下支えフジサンケイ ビジネスアイ岡三証券では、08年3月期の連結業績を売上高2750億円(前期比横ばい)、経常利益61億円(同6... [続きを読む]

受信: 2007年9月18日 (火) 06時30分

« 農家の後継者 | トップページ | 平成19年日野八坂神社祭禮1日目 »