« お薦めの本~徴税権力 国税庁の研究~ | トップページ | 中国の遺棄兵器処理事業 »

2007年10月18日 (木)

駅前の駐輪対策 誰の視点でやるか

人気ブログランキング現在の順位はこちら→Banner2

駅前の放置自転車対策。

頭が痛い問題ですよね。

八王子駅でも駅周辺は即日撤去のようです。

Nec_0001

Nec_0002

駐輪場は駅前の地下しか無く、買い物客には不便です。

基本的に通勤に利用されている方の為の駐輪場です。

因みに自動車で移動し、八王子駅周辺で3時間停めたら1500円から2400円。

事務所からだと往復タクシーの方が安い。

歩きたいんですが、時間の問題で駅周辺は自転車移動をしています。

ここで問題なのは駐輪場。

歩行者の観点からすると、放置自転車がない方がいい。

しかし、買い物に来るのは徒歩だけではない。

自転車もあり、学生は原付が多い。

となると歩行者が歩きやすく、自転車や原付の停める場所がある街づくりが大切なんではと思うんですね。

ノーマイカーデーも渋滞対策ではなく、環境対策の意味合いもあり、自転車を活用しようということも、CO2の問題の解決には不可欠。

しかし実際はテナントビルも停める場所がない。

路上も停めることは出来ない。

ましてや有料駐輪場なんてないとなると、市が撤去を徹底すればするほど、車を利用し郊外へ行ったり、駐輪がうるさくない中心市街地から少し外れた場所で買い物をしたりと、消費者の消費行動にも少なからず影響があると思うんですね。

街の活性化の為には放置自転車の撤去は重要ですが、駐輪場の確保も併せて行っていかないと絶対に活性化しないんですよね。

八王子の街を自転車で移動していて非常に自転車での仕事や買い物のしにくさを痛感しました。

行政と商店街が力を合わせて取り組んでもらいたいです。

記事に共感して下さった方は下記をクリックお願いします
Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

|

« お薦めの本~徴税権力 国税庁の研究~ | トップページ | 中国の遺棄兵器処理事業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/8487028

この記事へのトラックバック一覧です: 駅前の駐輪対策 誰の視点でやるか:

« お薦めの本~徴税権力 国税庁の研究~ | トップページ | 中国の遺棄兵器処理事業 »