« 駅前の駐輪対策 誰の視点でやるか | トップページ | 管理職になると賃金が減る »

2007年10月19日 (金)

中国の遺棄兵器処理事業

人気ブログランキング現在の順位はこちら→Banner2

今日は朝に、聖蹟桜ヶ丘に行ったら報道陣が。。。

071019004

会社はパシフックコンサツタンツ。

071019007

東京地検の家宅捜索を受けているようでした。http://news.goo.ne.jp/article/kyodo/nation/CO2007101901000189.html

あまり見ることの出来ない風景でしたので、良い勉強になりました。

071019005

記者の方も本を読んだり、パソコンで記事を書いていたりと様々でしたが、動きを見張っているわけですから大変な仕事ですね。

聖蹟桜ヶ丘駅の周辺道路は報道関係の車輌やハイヤーでいっぱいでした。

これは駐車違反にならないんですかね。

中国での旧日本軍の廃棄した化学兵器の処理事業の管理について関連企業に再委託した際の金銭の流れに違法な点があるようです。

遺棄兵器処理事業については終始中国ペースで進められているようで、下記の記事を参照されたい。
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/politics/m20071018031.html?C=S

中国国内にある旧日本軍が廃棄したものを日本国の責任で処理しようということ。

これだけ見ると、日本が処理するのは当たり前かと思いましたが、我が国にある不発弾の処理、原爆症で苦しむ方のサポート。

これは全て日本国の責任において、日本国の財政負担で行われている。

アメリカが負担してくれているわけではない。

そもそも中国は、先の大戦では内戦状態にあり、また連合国の各国も軍隊を駐留させていたわけで、中国を混乱に陥れたのは全て日本のせいではないと思うんですが、これも敗戦国からくる理不尽さですかね。

したたかな中国に負けないような、したたかな外交戦略を我が国が描いていかないとアメリカと中国という大国の間にある島国になってしまうでしょう。

記事に共感して下さった方は下記をクリックお願いします
Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

|

« 駅前の駐輪対策 誰の視点でやるか | トップページ | 管理職になると賃金が減る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/8508394

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の遺棄兵器処理事業:

« 駅前の駐輪対策 誰の視点でやるか | トップページ | 管理職になると賃金が減る »