« 文化財の改修その3 | トップページ | 八王子竜楽会 »

2007年11月16日 (金)

文化財の改修その4

   人気ブログランキング現在の順位はこちら→Banner2

今日は山車小屋の整理でした。

Dscf1008

奥の棚は解体した彫刻置き場。

ここから持っていって吉匠さんの作業場で修復します。

Dscf1006

Dscf1004

Dscf1007

Dscf1009

先代のシャチホコです。

Dscf1011

Dscf1012

Dscf1013

解体終了後の山車。

Dscf1014_2

屋根がつるしてあるので山車だと分かりますが、車だけだと何だか分からないですよね。

解体後に分かったのですが、後輪は右の方が1センチ大きい。

その関係もあって、左側の損傷が激しかったのでしょう。

全て解体しないと色々なことが分からないですね。

Dscf1017

山車と私です。

Dscf1019

私と、設計士、棟梁と記念写真。

設計士は、八王子市寺町の番匠設計の小町和義一級建築士。

八王子の山車の建造ラッシュだった明治後期から昭和初期の大棟梁小町小三郎のお孫さんです。

凄い方です。

棟梁は、既にご紹介の通り吉匠の吉川輔良さんです。

色々とお話が聞けて楽しかったです。

2月後半から3月後半にかけてまた、組み立て作業です。

その際にはまたブログでご紹介します。

記事に共感して下さった方は下記をクリックお願いします
Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

|

« 文化財の改修その3 | トップページ | 八王子竜楽会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/8946607

この記事へのトラックバック一覧です: 文化財の改修その4:

« 文化財の改修その3 | トップページ | 八王子竜楽会 »