« 提灯の中での練習風景 | トップページ | 文化財の改修その2 »

2007年11月13日 (火)

途中で止めても儲かる仕組み

  人気ブログランキング現在の順位はこちら→Banner2

071105002

写真はクライアントとのランチ。

4000円くらいでした。

高いですよね。

しっかり割り勘、領収書無しです!!

味は美味しかったですけど、これで4,000円なら普通の鉄板焼き屋のランチの方がリーズナブルで美味しいです。

お酉様で熊手を買い、産労総合研究所刊の労働判例の「2007年版重要労働判例総覧」も手に届き、年末へのカウントダウンが始まった気がします。

11月を如何に無駄なく過ごすかが12月を乗り越える為には重要です。

就業規則の打ち合わせも12月や4月に向けて加速していきます。

施行日を1月や4月に合わせたいという人間の心理があるようです。

今年の4月に株式公開の為の規程を整えた企業が株式公開を断念したようです。

子会社をまとめる持ち株会社を上場させようとしていたのですが、内部監査を含めた内部管理体制の構築がオーナー経営者のもとでは進まないといった事でしょうか。

残念ですが、株式の公開をするというのは相当なパワーがいるということは事実です。

しかし、証券会社や監査法人はそのプロセスの中でしっかりと報酬を取っており、上場が出来なくてもしっかり稼いでいるのです。

残念な1日でした。

記事に共感して下さった方は下記をクリックお願いします
Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

|

« 提灯の中での練習風景 | トップページ | 文化財の改修その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/8901068

この記事へのトラックバック一覧です: 途中で止めても儲かる仕組み:

« 提灯の中での練習風景 | トップページ | 文化財の改修その2 »