« 適正な労働者派遣の適正とは | トップページ | 御用納め 事務所は明日までです »

2007年12月27日 (木)

いい加減な郵便局

人気ブログランキング現在の順位はこちら→Banner2

昨日はお寿司屋さんで忘年会。

大トロです!!

071227001

これを火で炙ると・・・。

071227002

こうなります。

美味しかったです。

郵便局での出来事。

客 「八重洲に明日到着させたいのだけど、速達じゃないと駄目?」

局員「わかりません。」

客 「じゃ、速達だと明日確実に着く?」

局員「お約束は出来ませんが、速達にしてもらえると早いので・・・」

客 「じゃ、念のため速達でお願いします」

こんなやりとりがありました。

速達は270円の商品。

この商品について説明が出来ない。

そもそも郵便はいつ届くかは約束されていない。

速達の効果も利用者は分からない。

きっと郵便局の職員も分からない。

分からない商品を売っていることに疑問を感じないのか、不思議です。

少し前に配達記録郵便の不着事故があったのですが、郵便局曰く「配達記録は届いたということの記録を取る為であって、誰に届けたかを証明するものではない」という返事。

ではA社に届けたものが、郵便局の誤配でB社に届いた場合、これは届いたことの証明では対応出来ない。

確実にA社に届いたのかということを証明しなければ意味がない。

さすがに職員からの報告を受け、直接私が電話でやりとりしたのですが、極めていい加減。

職業安定所への郵便だったのですが、職安は届いていないといい、郵便局は届けたという。

郵便局は確実に届けたと主張しているわけですから、郵便局が職安に確認をして調査しなければ職員の怠慢やミスの可能性もあるわけで、真相究明にならないですよね。

職安としてみれば「民営化後は郵便事故が多くて」という回答。

私が両者の間に入りましたが、埒があかない。

配達記録で送った郵便物が、行方不明という事態。

郵便局に強く言っても両者での確認はしない。

非常にいい加減というか、他人任せの無責任な対応であると思いましたね。

結局この郵便物は職安にありました。

届いていたのですが、1ヶ月以上放置されていました。

以前監督署でも郵便局の怠慢による到着期日の遅延と言われたことがありますが、このときは宅急便で送っていたので、監督署の怠慢だったことが証明されて事なきを得ましたが。

ここで勉強になったことは、郵便局の不着のせいにされるほど、郵便局に信頼がないということ。

不着も然り、到着期日も然りです。

親書については以前独占が続いている郵便事業。

確実に民間の運用事業者の方がサービスは優っている。

民間を見習って、郵便局の信頼を勝ち取ってもらいたいです。

記事に共感して下さった方は下記をクリックお願いします
Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

|

« 適正な労働者派遣の適正とは | トップページ | 御用納め 事務所は明日までです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/9595409

この記事へのトラックバック一覧です: いい加減な郵便局:

» 日本郵政株式会社の監督官庁は総務省です。。 [うつ病と戦いながら行政書士を目指す格闘記]
郵便局(日本郵政公社)から2007年10月1日に民営化し、日本郵政株式会社になりましたが、監督官庁は総務省です。ちなみに、行政書士の監督官庁も総務省です。 [続きを読む]

受信: 2007年12月28日 (金) 17時42分

» 郵便局の殿様商売 民営化して更にサービスが悪化した。  [楽天「こあきんど」ブログ]
郵便局の殿様商売 民営化して更にサービスが悪化1/7と1/9に東京の二ヶ所から郵メール(旧冊子小包)を 送ってもらっていましたがきょう 1/12になっても 届かないので不審に思い 郵便局へ問い合わせるとポストに入らなかったので 局へ持ち帰って放置してい...... [続きを読む]

受信: 2008年1月12日 (土) 19時12分

« 適正な労働者派遣の適正とは | トップページ | 御用納め 事務所は明日までです »