« 今年最初の忘年会 | トップページ | 批判をするなら代案を出せ »

2007年12月 3日 (月)

プロの気迫

人気ブログランキング現在の順位はこちら→Banner2

今日の甲州街道。

071202001

緑のジャンパーの方は八王子市が委託している駐車違反車輌に声をかけ、移動を促す仕事の人。

放置自転車対策も兼ねているのですが、、奥に飛鳥交通のタクシーが停まっていますが、全く注意する気配なし。ここは駐停車禁止区域。

5分程度の用をしてきたので、5分は確実のこの状態。

税金の無駄ですね。。。

話は変わりますが、昨日の五輪予選韓国戦。

感動しました。

あれが野球ですよね。

プロ野球の魅力がなくなり、私は高校野球しか見ないようになりました。

もう何年も経ちます。

高校野球は負けたら終わり。

特に夏の選手権大会は選手も観る方も一球入魂です。

そこが観ていて心を熱くするものがある。

私の恩師の多摩大学北矢行男教授はプロ野球についての書籍が多く、一時千葉ロッテマリンズの顧問をしていた方。

バレンタイン監督が最初に来た時代です。

当時広岡GMでしたが。

プロ野球に限らず、スポーツをエンターテイメントとして捉え、興業を考えていると「客を呼べる選手」に注目がいってしまう。

プレーよりも「売れっ子選手」を中心に考えてしまう。

しかしスポーツは真剣勝負。

真剣勝負だからこそ、超人的なプレーに酔えるわけで、日本のプロ野球の人気低迷は事実ですが、起死回生の策など無く、「客を呼べる選手」ではなく、「客を魅了するプレー」を観たい!!

高校野球にはそれがあるから、母校の応援に仕事の日程調整をしてまで行ってしまうんです。

昨日の韓国戦のあの興奮。

終盤は投手の一球一球にドキドキしました。

8回を乗り越えた時のガッツポーズ。

9回の上原がストライクを決めたときの熱い気持ち。

この気持ちを観客に魅せることがプロ野球の活性化に繋がる唯一の策かと思います。

成功とは日々の積み重ね。

プロ野球のレギュラーシーズンで、あの興奮を味わえることを祈るばかりです。

記事に共感して下さった方は下記をクリックお願いします
Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

|

« 今年最初の忘年会 | トップページ | 批判をするなら代案を出せ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/9234149

この記事へのトラックバック一覧です: プロの気迫:

« 今年最初の忘年会 | トップページ | 批判をするなら代案を出せ »