« プロの気迫 | トップページ | 簡保民営化のインパクト »

2007年12月 4日 (火)

批判をするなら代案を出せ

人気ブログランキング現在の順位はこちら→Banner2

エスエストラストの杉本社長に教えてもらった貸し会議室。

071008004

駅前の市の会議室はなかなか取れなくて、予定通りの研修が出来ないのですが、ここは大丈夫!!

社内研修に多用しようと思います!!

今日移動中に国会中継を聞いていました。

町村官房長官と民主党白しんくん参議院議員とのやりとり。

白議員「民主党は石油より水を出す事が重要と訴えてきた」

官房長官「民主党から具体的な訴えが出ていないので是非出してもらいたい」

白議員「出している」

官房長官「具体的な形になるものは出していないではないか」

白議員「紙にして出しています。それより防衛省の不祥事がこれほど出ているのに、対案を出している場合ではない」

こんな主旨のやりとりをしていました。

白議員は民主党が対案を出していないことを不祥事のせいだとしている。

対案を出さず、不祥事があれば審議をストップすることが民主党のやり方らしい。

対案を出さずに、相手の失策をつつくだけとは何とも気楽な立場な事か。

対案を出して、堂々と政策論争をして、不祥事は不祥事で別にやればいい。

私の大学時代の恩師の言葉「代案がなければ批判する資格はない」。

私は今でも肝に銘じている。

批判だけなら誰でも出来る。

私の小学校時代に消費税が導入された。

その時教諭を先頭に小学生も一緒になって消費税反対といっていた。

まさにそのレベルである。

民主党は本気で政権交代を目指しているのであれば、対案を出してもらいたい。

与党の不正を追及するだけなら永遠に野党にいた方が仕事は出来る。

民主党が与党になったら、その仕事は出来なくなるのであるから。

記事に共感して下さった方は下記をクリックお願いします
Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

|

« プロの気迫 | トップページ | 簡保民営化のインパクト »

コメント

はじめまして、名古屋の森と申します。

いつもブログを楽しく読ませて頂いております。

”批判をするなら・・・”

当にその通りです。

この前、自治会の集まりで、何か新規をやろうと提案したら、

”なにか問題起きそうで否定的にならざるを得ない”

そんなもんやってみなきゃ判らんでしょ。

問題起きたら辞めたらいいじゃん。

内容は、自治会で廃品回収をして収入を増やすというものですが。

私は会長を抱きこんでいるので、実現し、

11月の収入は6千円!!(パチパチ!!)

年間にすると7万円ちょい。

1世帯の自治会費が1800円ですから、新規を増やすのが無理な現状では、画期的です。

会長も、

”この収入があれば、今までやれなかったことができる”

さておき、収入を増やす代替案をもって、私の案を否定してもらえればありがたいのですが、ただ自分の印象で言うのはやめてもらいたいですね。

長くなりまして、スイマセン。

これからもよろしくお願いします。

投稿: もり | 2007年12月 5日 (水) 17時48分

はじめまして…

>代案がなければ批判する資格はない

ぱちぱちぱち(拍手であります)
公私にわたって、いつも思うことであります。
反対意見を述べるのは簡単ですが
じゃそれだけ? 突っ込まれる側の人間としては
いつもそう思います。

投稿: おきらく社労士 | 2007年12月 5日 (水) 21時43分

コメント有り難うございます。
やってみなければわからないですからね。
自治会の予算はどこも厳しいのですね・・・。

投稿: もり様 | 2007年12月 6日 (木) 17時07分

はじめまして。
おきらく社労士さんのブログもいつも拝見させて頂いております。
使用者側の立場にいると、いつも代案無き批判にさらされているので、大学時代の恩師の言葉は肝に銘じています!!

お互い頑張っていきましょう!!

投稿: おきらく社労士様 | 2007年12月 6日 (木) 17時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/9250211

この記事へのトラックバック一覧です: 批判をするなら代案を出せ:

« プロの気迫 | トップページ | 簡保民営化のインパクト »