« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月31日 (木)

とても気軽な裁判員?

人気ブログランキング(法学・法律)現在の順位はこちら
↓↓↓↓↓

Banner2

私の大好物は餃子。

昨日と今日は2日連続で餃子を食べました。

友人の社長達と定食屋でランチした際に、メンチカツや唐揚げをもらいましたが、餃子定食の私は誰にもあげませんでした。

それぐらい好きなんです。

080131001

一連の中国産の餃子についての報道。

ショックですね。

いつ自分が被害になってもおかしくない。

餃子に限らず中国産の食品については消費者がしっかりと確認しないと、行政任せでは駄目ですね。

生産国や原産国が偽表示ではないことを祈ります。

これもありそうですね。

先日の新聞広告で裁判員制度についてされていた。

内容は「気軽にどうぞ」という内容。

裁判員の1日のスケジュールとして以下のように記載されていました。

9:30に裁判所へ。

午前中に裁判長が裁判員候補者の事情を聞き、その後6人の裁判員がくじで選ばれます。

正午 昼食

午後 審理

法定で審理に立会、証人の話を聞いたり、証拠物を見たりして裁判に参加します。

ここで広告の内容「資料をたくさん読んだりしない」とのこと。

裁判の最終日 評議

有罪か無罪か自由に意見を言うということ。

17:00帰宅 気軽に変える様子を描写

以上です。

被告人であれ、被害者であれ、裁判によりその後の人生に大きな影響を与えることは間違いない。

そのような事を「資料をたくさん読んだりしない」という文言をはじめ、いとも簡単な行事のように演出して良いのか。

非常に疑問です。

刑事裁判とは厳格な文理解釈の下、行われるべきであり、民衆裁判ではない。

そして被告人が冤罪であるか否かを見極めなくてはならない。

刑事裁判とは言うならば、検察官や警察官が刑事訴訟法に則り適正に捜査され、被告人が有罪であるという確証を示すこと。

職業裁判官で行う今の裁判について私は問題があると思わない。

弁護士の西川先生が事務所のひまわり通信で「これまでの職業裁判官による裁判にこれほどまでに制度を変える問題があったのか。(中略)被告人に、マスメディアの影響を受けやすい裁判員が参加する裁判を回避する権利を認めないのは如何なものか」と述べられています。

私も全く同感です。

企業の負担も大きく、裁判員で欠勤する従業員に賃金を補填せよという意見があるが、それは国が責任を持って払うべきである。

むしろ欠勤による代替要員確保の保障をしてもらいたいくらいである。

裁判員制度が非常に過酷で、人を裁く難しさを考えながら、必死に真実の追及を行った結果が判決であるということであれば、企業としてもある程度の負担は受け入れることが出来るかも知れない。

しかし、あたかもワイドショーで意見を述べるが如くの軽い広報で良いのか。

そんな軽い気持ちで裁判に参加されたら被告人の裁判を受ける権利は侵害されないのか。

広報が事実ではなく、大変であった場合には、国民は裁判員制度を受け入れるのであろうか。

私は裁判員制度に反対であり、私の内心の自由はどうされるのか。

日教組が「日の丸」「君が代」について内心の自由を侵害されていると主張しているが、式典において国旗を掲揚し、国歌を斉唱する事の方が、裁判員として人を裁くということは自身の価値観において受け入れられないという事よりも重たいのか。

国民的な議論をせずに決まった裁判員制度。

1日でも早く廃止してもらいたいと思います。

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月30日 (水)

管理監督者性

人気ブログランキング(法学・法律)現在の順位はこちら
↓↓↓↓↓

Banner2

2016年に東京オリンピックを誘致しようというピンバッチ。

P1300056

何だか嬉しくて背広に付けてます!!

P1300057

目立ちますが、もういいやと思うまで付けようと思います。

でも私の社会保険労務士バッチ4代目なんですよ。

1代目は壊れ、2代目、3代目は後ろのネジが外れて紛失。

4代目は後ろのネジだけ無くなり、新しいバッチを購入して古いバッチに新しいネジを付けました。

なのでネジ無しのバッチが私の手元になります。

社会保険労務士の方でネジだけある方、ネジ無しバッチ差し上げますよ!!

昔のバッチはSRの所は黒ではなく、紺だった気がします。

平成10年7月1日からバッチを付けていますが、10年で4代目。

弁護士バッチは無くしたら官報に載り、始末書を書くようです。

まわりに2名無くした先生がいますが、「裁判所行くと新人と間違えられて舐められるんだよね」と怒ってましたが自業自得。

オリンピックバッチだけは無くさないようにしっかりと管理したいです!!

マクドナルドの管理監督者性に関する判決。

これは間違いなく控訴審でも被告は負けます。

やはり管理監督者とするのは無理があります。

出退勤の自由があり、労働時間について全く管理されないような働き方が前提としてあり、自らの裁量により一定の成果を出すという就労形態が必要である。

判決文をまだ全文読んでいないが、日経新聞によると東京地裁は管理監督者として「労働時間の規制をはずされてもやむを得ないような重要な職務と権限を付与され」「賃金などの待遇や働き方が一般の労働者に比べて優遇されている」とした。

通達でも管理監督者の要件は明確になされておらず、この判決でも抽象的表現にとどまる。

しかしこれはやむを得ないことである。

詳しくはメルマガのバックナンバーを見て頂きたいが、組織の規模や支店の規模だけでは判断出来ない。

この辺は個別に判断していくほか無く、画一的に出来るものではない。

実務に長けた社会保険労務士のしっかりとした分析と対策こそが重要である。

小売店だけではなく、管理監督者性の検討は是非ともして頂きたい。

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月29日 (火)

代替案の提示無き議論は議論ではない

人気ブログランキング(法学・法律)現在の順位はこちら
↓↓↓↓↓

Banner2

今日の産経新聞の見出し。

080129001

「パニック回避」とある。

朝日新聞も「混乱を避けたいという意図は分からないでないにせよ」という表現を使っていいる。

ということは、法案が成立しない場合には「パニック」なり「混乱」が生じることは既に予測出来ているのである。

では選択肢としては、混乱を回避するのか、受け入れるのかの選択である。

朝日新聞の社説では「議論を通じて法案の修正を探り、よりよい結論に導く。国民の生活に直結するものであれば、なおさらその努力と工夫が欠かせない。」とあった。

これは福田総理のスタンスである。

民主党のスタンスではない。

朝日新聞の社説では自民党の態度に対して上記の記事を書いていたが、25円を下げるというキャンペーンをしているのは民主党であり法案を国会における議論により修正を探ろうという姿勢が見えない。

その結果として、与党はつなぎ法案を提出せざるを得なくなるのである。

むしろ批判は民主党に対してされるべきである。

政局の為のパフォーマンスである。

ガソリンが25円下がったときの財源はどうするのか。

地方自治体の財源はどこから捻出するのか。

この対案の提出がなくただの反対である。

これなら誰でも出来る。

地方議会もこれだけの財源がどうなるか分からない状態では、平成20年度予算は組めない。

即ち、地方議会における予算案の成立は4月以降にずれ込むわけであり、それにより我々の生活に大きな影響を与えることとなる。

地方議会のことを全く考えていパフォーマンスである。

政治に責任を持つ、国民の生活に責任をもつということは反対するだけでは責任を持てない。

対案を出してこそ議論が出来、法案の修正を探れる。

対案を出すタイミングも、与党案の議論を尽くし、会期末に出すのでは対案として体を出さない。

今出さなければ意味がない。

議論というのは、相手が自らの主張を明確にして代替案の提示があって初めて成立する。

代替案の提示無き議論は、議論ではない。

景気の減速感が強まる中で、25円だけの国会で良いのか。

そして無責任にもつなぎ法案を関知していないと平然と言う福田総理のトップとして良識の無さ。

組織のトップとしては余りに無責任すぎる。

組織のトップとして、国民にその必要性を話さなければ総理の座にいる意味がない。

そして組織の人間もついてこない。

政治の強いリーダーシップが期待されるこの時期に「25円の攻防」。

小泉改革の反動の結果であろうが、小泉改革が正しかった証でもある。

まったくの茶番である。

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月28日 (月)

若者は「仕事より家族」

人気ブログランキング(法学・法律)現在の順位はこちら
↓↓↓↓↓

Banner2

昨日は八王子市長選挙でした。

080128001

選挙結果
http://www.city.hachioji.tokyo.jp/somu/jyuyo/20shityo.htm
(八王子市選挙管理委員会HPより)

共産党が善戦でしたね。

市長は選挙で「八王子に今ある資源を使って良くしていこう」「八王子の資源は良いものがある」と話してました。

確かにポテンシャルはあるはずで、欠点ばかりに目をやらず、良いところを伸ばしていくことが必要でしょうね。

企業も然りです。

私の持論ですが、トップに「良い八王子にしてもらいたい」というのはいかがなものかと思います。

「もらいたい」では主体性がない。

市長の政策は政策として、企業人ならば自らの組織で街を元気にするぞという意気込みがないと駄目な気がするんですね。

みんな色々な役割がありますから、それぞれのポジションでベストを尽くして、自分の企業を良くして、自分の街を良くして、そして日本を良くするぐらいの使命感をもって経営にあたれば、日本は良くなるはずだと思います。

昨日の日経新聞で「若者は仕事より家族」とありました。

NPO法人政策過程研究機構(http://www.ppi.or.jp/index.html)が20代から30代に対する意識調査の結果でした。

調査によると「配偶者と幸せな生活を送る」「子供を無事に成長させる」という家族関連項目が50%を超えていたとのこと。

日本を良くする為に政府に期待する役割として「富裕層や大企業の税金を重くし、貧困層や中小企業の税金を安くする」「社会的弱者に扶助を与える」が4割超と、格差是正を求める声が顕著だったとあった。

正直赤旗の記事かと思ったが、日経新聞の記事である。

調査を行ったシンクタンクも自治体の委託事業も行っておりそれなりの機関のようだ。

この様な調査を見るたびに、具体的なようで極めて抽象的な結果であると思う。

そもそも富裕層とは何か、貧困層とは何か、中小企業と大企業の定義は。

これが明かではない。

また、社会的弱者というものは絶対的なものではない。

社会的弱者とは一体何を指すのか。

非常に曖昧である。

「必死に仕事を頑張ること」と、「配偶者と幸せに過ごす」事や「子供を無事に成長させる」事とは両立出来ないのか。

私の事務所には育児をしながら働く女性従業員が多い。

皆、必死に両立をしている。

格差を無くすと言うが、必死に仕事を頑張ったものと仕事を頑張らないものと収入の差が出ることは当たり前であり、格差是正とは頑張らなくても一定の収入が保証される社会と同義ではないのか。

では頑張らなくても今の生活水準は維持出来るのか。

地球の環境変動や新興国の台頭により、食糧、エネルギー、水といった資源が世界的規模で争奪戦になることは容易に予想出来る。

少なくとも日本はアジアの中でイニシアチブをとっていかなければ、資源の確保ができない。

そうなると今の生活はおろか、国全体が貧困になる。

資源がない我が国は、国民一人一人が頑張って必死に働かなければ生き残っていけないのである。

幸いにして我が国は今のところ頑張らなくても生活出来るが、これが未来永劫永遠に続くはずがない。

一人一人がそれぞれのポジションで必死に頑張って、国民全体の所得を上げていく気概がなければ日本は沈没していくわけである。

格差社会と言うが、それは政治的スローガンに利用されていないかよく考える必要がある。

「良くしてもらう」のではなく、「良くする為に頑張る」のである。

難しい政策をどの様に分かりやすく国民に伝えるのかが自民党をはじめとする与党に足りないものだと思う。

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月27日 (日)

運動不足

人気ブログランキング(法学・法律)現在の順位はこちら
↓↓↓↓↓

Banner2

080122005

お昼の弁当。

ボリュームたっぷりですね。

お弁当は過剰包装で地球に優しくないですね。

今週は夜も忙しく殆どアルコールを飲んでいません。

そして肉体労働が多かったのですが、普段体を動かしていないので、結構爽快感がありました。

昼はデスクワークで朝や夜は肉体労働という感じでしたが、お昼ご飯が美味しく食べられるんですね。

夕飯もお米どんぶり2杯食べていましたね。

運動をしようと思った一週間でした。

スポーツクラブでも入ろうかな。。。

今日はこの辺で!!

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月26日 (土)

社内管理の会議

人気ブログランキング(法学・法律)現在の順位はこちら
↓↓↓↓↓

Banner2

中野上町東4丁目の会館にお邪魔する機会がありました。

080126001

山車もあり神輿も有りと凄いですね。

写真右の神輿は、昭和7年に多賀神社の千貫神輿を模してつくったそうです。

歴史のある神輿ですね。

事務所の会議が久しぶりに長くなりました。

事務所業務の平準化の会議をしています。

従業員数が増えるとしっかりとした社内管理をしていかないと業務の質が落ちるわけです。

この業務の質を維持する為にはどうすべきかを課題として議論し、実行し、修正しています。

また、能力がある人に仕事が集まる。

これはある程度やむを得ないことですが、では能力がある人では無くても出来る業務とは何かを分析して、分担を図るということも進めています。

そして能力がある人が教育の時間を割けるように組織づくりをしています。

3人のマネージャは幸いにして問題意識を持ってくれているので、決まったことをしっかりと実行して、やりながら修正して事務所の運営をしっかりとしていきたいと思います。

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月25日 (金)

100%完璧はあり得ない

人気ブログランキング(法学・法律)現在の順位はこちら
↓↓↓↓↓

Banner2

昨日は麻生太郎自民党前幹事長の話を聞く機会がありました。

080125001

凄い人気でしたね。

今政治家でここまで人が集まる方はいないんじゃないでしょうか。

話しも面白かったです。

「旦那さんが100%完璧だと思う方はいないでしょ?もし思っている人がいれば、強運がだまされてるだけだ」

と話し、「でもあの人の旦那さんよりまだうちの旦那の方が良いと思って20年も30年も連れ添ってきてるんでしょ? 政治も一緒。100%はあり得ない。悪いことをあげればきりがない。でも良いところもある。」として、高齢者社会についても「高齢者の86%は元気であり、貯蓄の半分は高齢者がもっている。企業も高齢者が買いたい、お金を払いたいというものを提供すれば経済は元気になる。暇があり、金があるんだから高齢者が人生が楽しめるようにすれば非常に楽しい世の中になる。そして、今の高齢者世代は遊ぶことをしなかったんだから、働いても良いじゃない。そうすれば、税収も増えて日本はもっと元気になる」と話しました。

結論は、ものは考えようでマスコミの悲観論に流されることなく、良いところを探して、それで人生楽しんでいきましょうということでした。

ビジネスにおける人材教育も然りで、悪いところは沢山あげることが出来る。

しかし、良いところを伸ばしていくことは非常に大切なこと。

政治についても経済環境が悪くなり、地球環境による気候の変動も感じてきている昨今。強いリーダーシップを政治に求めているのかなと思いました。

少なくとも福田総理には感じられませんが、企業人でも政治家でもしっかりとリーダシップを発揮して自らの組織を強い組織にしていかなくてはならないと思いました。

非常に勉強になりました。

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月24日 (木)

ブログ2周年

人気ブログランキング(法学・法律)現在の順位はこちら
↓↓↓↓↓

Banner2

今日は晴れ。

080124001

水は0度で氷になる。

何で1度で雪なのと疑問をもった人がいて新鮮でした。
エスエストラスト本社ブログ吉田君の文章
http://ameblo.jp/ss-trust/entry-10067522453.html

氷が溶けると何になるという質問で、大半の児童が水になるといっていたのですが、ある児童は春になると言ったらしいです。

発想の豊かさは素晴らしいですね。

皆様の御陰様をもちまして、今日でこのブログ2週年を迎えました。

2年間毎日欠かさず書いてきました。

タミフルを飲みながら書いていたこともあります。

インフルエンザで高熱が出ても書きました。

我ながらよくやったなと思いますが、それも読者の皆様が「ブログ見てるよ」と声をかけてくださるからこそ続けられました。

これからも宜しくお願い致します。

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月23日 (水)

子供の医療費がタダではコスト意識は生まれない

人気ブログランキング(法学・法律)現在の順位はこちら
↓↓↓↓↓

Banner2

今日は雪でした。

080123002

朝の八王子市並木町付近の様子です。

8時台にはこの様に積雪が・・・。

080123001

この写真は11時の八王子駅周辺の様子。

9時は積もってなかったのですが、11時には積もってました。

八王子でも高尾や美山、恩方と比べて八王子駅周辺は暖かいということでしょう。

津久井から来た方が、八王子駅降りて雪が積もっていなくてびっくりされたとのこと。

フジテレビの中継車も来ていて、雪の中歩く人たちを撮影してました。

今日は子供の中耳炎の薬を取りに耳鼻咽喉科に行きました。

私も副鼻腔炎で同じ病院にかかっていますので、一緒にという事で行ったのですが、子供の医療費がタダになったのですね。

1歳までは無料だったのですが、1歳過ぎたらお金を払っていましたが、今はタダになったようです。

タダではコスト意識は生まれませんし、無駄な治療や調剤は増えます。

一律タダは良くない。

所得で比例して負担をすることが望ましい。

医療費により国や地方自治体の財政は苦しい。

やはり抑制していかなければならないことは間違いがないのです。

薬剤の窓口での負担金が上がってからは、風邪と副鼻腔炎で医療機関にはお世話になりますが、風邪の場合には抗生物質や整腸剤をもらわないようにしたりと、最小限の薬でしのぐようにしています。

根治の為の薬剤なのか、一時的に症状を緩和する為の薬剤なのか。

後者であれば、日常生活を送れるかどうかで判断しています。

取り敢えず出しておきますという感覚が積もり重なって医療費が増えていることもあるでしょう。

窓口で耳鼻科の薬だと2,000円くらい払います。

この負担感が取り敢えず出しておきますを無くす事だと思うのですね。

子供には抗生物質と整腸剤が処方されていましたが、整腸剤はいらないだろうと思いました。

この分の医療費がもったいないですね。

私は去年副鼻腔炎で処方された抗生物質が体質に合わず腸の動きが悪くなってしまったのですが、その時出された薬はビオフェルミンですからね。

毎日ヤクルト飲んでいればいらないわけで、この様な被保険者や被扶養者の感覚が大事だと思うんです。

病気のことは分からなくても、この薬は必要で処方されているのか、取り敢えず処方されているのかを把握することでも充分医療費の抑制に繋がるのだと思います。

タダより高い物はない。

医療費の無料であることにより財政にしめる医療費の割合が増えれば、廻りにまわって増税になるわけです。

今の日本から暖房便座が無くなったら、原子力発電所一ついらなくなるそうです。

小さな事を積み重ねることが非常に重要ですね。

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月22日 (火)

大学同窓会に寄稿

人気ブログランキング(法学・法律)現在の順位はこちら
↓↓↓↓↓

Banner2

昨日はとある会にお誘いを頂きました。

080122001

ワインの飲み比べ。

目の前にグラスが沢山あって、グラスの縁をこすって音楽会でもやろうかと思いました。

080122002

法人会青年部会総務広報委員会の際にお誘いを受けたので、総務広報委員会のメンバーが多かったです。あと3名加えれば委員会のフルメンバーという感じ。

ワインとオードブルとチーズが沢山あって、何が何だか分からない・・・。

「このワインとフォアグラ合うよ!」といわれましたが、前菜だと思って食べてしまってました。

うーんセレブリティーな会だと思いました。

食べ方も分からないまま会は終了し、エスエストラストの杉本社長とラーメンを食べて帰ろうとしたのですが、健康を考えて?稲庭うどんを食べました。

杉本社長の感想はこちら
http://blog.goo.ne.jp/sugimoto_1976/e/66287ef273db5e1abb3e41b515e06072

私の母校である多摩大学同窓会から執筆依頼が来ました。

内容は自由ということで「大卒と高卒の違いが分かった4年間」と題して寄稿しました。

内容はこちら(多摩大学同窓会ホームページ)
http://alumni.tama.ac.jp/message16.html

大学時代の思い出は沢山あります。

私は大学はさぼらず通いました。

授業も出てました。(寝てましたが・・・)

真面目に勉強して、サークルも野球とテニスをやってまして、バイトもやりました。

その中で恩師である北矢行男教授と出会い、論理的に議論をするトレーニングを積んだことは自分の人生の中で非常に大きな経験でした。

この論理的な議論のやりとりは、今の自分を考える上で非常に重要な能力です。

昨年の社会保険労務士法の改正により特定社会保険労務士として紛争当事者の代理人となり相手方と交渉する場面や労働組合との交渉はもとより、企業に対する就業規則をはじめとする人事制度や労働時間管理制度の提案を行い、議論する上でも非常に役立っています。

大学生とはこの論理的な物の考え方、そしてそれを自らの言葉でまとめ、構成し、主張する。そしてまとめるというトレーニングを行ってこそ大学卒業という学士たる所以であると思ってます。

学部により学ぶ知識は違いますが、このトレーニングは理系文系問わず、知識を学ぶことを通じて身につけることだと思います。

よく大学教育は役に立たないといいますが、知識レベルにおいては確かに学部教育においては実践的ではありません。

しかし、考え方や議論のやり方をトレーニングするという意味においては大学教育は非常に有意義であると考えます。

ゼミや研究室においては、よく議論し、発言して、自らの論理矛盾や詰めの甘さを指導教授に指摘してもらうことは非常に大事だと思います。

その様な意味を込めて寄稿しました。

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年1月21日 (月)

ユニオンショップ協定を締結した労働組合があると第二組合はつくれない?

人気ブログランキング(法学・法律)現在の順位はこちら
↓↓↓↓↓

Banner2

砂遊び。

071003001

久々にやりました。

楽しかったです。

今日はとある会社で打ち合わせ。

親会社の意向で労働組合を作りたいと。。。

理由としてはユニオンショップ協定を締結した労働組合があれば、第二組合は作れないという誤解。

第二組合はユニオンショップ協定を締結した労働組合があれば作れないというのは全くの根拠のないことであり、つくれます。

当然多数組合がある事を理由に団体交渉を拒否したら不当労働行為になります。

誰が入れ知恵するのか分かりませんが、正確な知識を持った人事のブレーンがいないことは確かでしょう。

ユニオンショップ協定を締結している労働組合が存在したとしても、それをもって労働者の労働組合をつくる権利は制限出来ないわけです。

第二組合が出来ないようにする為には、多数組合の執行部がしっかりと組合員とコミュニケーションを図り、問題の解決をしていくことが一番の良策です。

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月20日 (日)

二酸化炭素排出に対するコスト

人気ブログランキング(法学・法律)現在の順位はこちら
↓↓↓↓↓

Banner2

今日は八王子に町村官房長官が来ました。

080120001

小柄な方でしたね。

暫定税率の話しをされていました。

地球温暖化に対してガソリンにかける税金を減らすことはいかがなものかと話されていました。

以前何かで読んだのですが、ガソリンのコストは「ガソリン自体の単価」「給油するまでの経費」が値段であり、ガソリンから排出する二酸化炭素については消費者はコストを負っていない。

これが経済学の限界であるとどこかの教授が話されていました。

そしてこの限界を解決する為に炭素税の導入が望ましいということでした。

なるほどなと思いましたね。

炭素税については導入することは望ましいと思います。

暫定税率の問題も、今年度末で廃止となれば代替財源が確保出来ずどうなるのか。

民主党は「ガソリンが25円安くなる」ことが大切ということのようだが、代替財源の提案を行わず反対だけとはあまりに無責任。

大切なことは特定財源の一般財源化であり、暫定的に30年も徴収されていたわけであるから、実質は暫定ではないのである。

我々も目先の問題に惑わされることなく、待ったなしの地球環境変動や特定財源の一般財源化といった根本的な問題を考えていかなくてはならないと思いました。

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月19日 (土)

事実に対して適用する法律

人気ブログランキング(法学・法律)現在の順位はこちら
↓↓↓↓↓

Banner2

車の納入。

071220001

私の車ではありません。

来月パートタイム労働法の講演依頼が来ました。

メルマガをベースにレジュメをつくっていきたいと思います。

パートタイム労働法といっても労働契約法や労働基準法との関係を整理して説明をしていかなければ正確な理解は出来ません。

法律とは事実に対して適用するもの。

このブログでも取り上げたことがありますが、自己都合退職でも雇用保険上は特定受給者になることもあるわけです。

適用される法律が違うということなのです。

報奨金についても四半期毎に出している場合、これは月例賃金の割増賃金の単価にはなりません。

賞与で良いわけです。

しかし社会保険の法律で、賞与としての社会保険料の計算は年3回までの一時金に限る。

4回以上では合計額を12で除して月例の保険料の基礎に算入しなければなりません。

月例賃金で報奨金を払えば、報奨金に対して2割5分の割合で割増賃金を支払われなければなりません。

法律の適用を考える場合には多角的に検討する必要がありますし、我々法律専門職も多角的に説明する必要があります。

法律というものは事実に対して適用するものですので、この事実をどうするのかを検討することにより様々な選択肢が選べるわけです。

この多様な選択肢の提案こそが我々の腕の見せ所でもあります。

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月18日 (金)

小学生に対する租税教育の見学

人気ブログランキング(法学・法律)現在の順位はこちら
↓↓↓↓↓

Banner2

昨日は八王子市のみなみ野小学校に租税教育でお邪魔してきました。

小学校にはいるなんて自分が卒業して依頼です。

6年生に対して租税教育を行い、講師は八王子税務署資産課税第四部門の小泊財務事務官が担当されていました。

アシスタントは総務課の岩本課長補佐がされていました。

Nec_0017
写真は左から八王子税務署小泊事務官、岩本課長補佐、浅野八王子法人会青年部会副部会長。

あとは八王子法人会の福山社会貢献委員長が参加されました。

我々は今回見学し、今度は我々が講師を担当するわけです。

なかなか面白そうでした。

小学校に行って思ったことは、廊下と教室の仕切がない。

ワンフロアで暮らす毎に黒板の壁面のみで仕切っている。

外国の学校のようでした。

小学生に対する租税教育は、講師にとっても非常に勉強になると思います。

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月17日 (木)

自動車運転者の無過失責任主義で事故はなくなるか

人気ブログランキング(法学・法律)現在の順位はこちら
↓↓↓↓↓

Banner2

今日は東京都社会保険労務士政治連盟多摩支部会幹事長遠藤徹先生と八王子市長選挙の推薦状を渡しに行ってきました。

Nec_0018

選挙事務所は何度行っても独特の雰囲気ですね。

水戸地裁の判決で交通事故を起こした加害者が無罪とする判決が出た。

判決理由では「前方を注視していても事故を回避出来たとは言えない」という事のようだ。

男児が飛び出して事故が起きたようである。

弁護側は回避行動をとれる時間は1秒しかないと無罪主張。

検察側は直線道路を25キロから30キロメートルで走行しており、「40メートル以上離れた地点から児童を認識でき事故を回避できた」と主張していた。

判決文を読んだわけではないので、詳細は分からない。

しかし交通事故で思うのは自動車運転者に対する無過失の責任追及はいかがなものかと。

飲酒運転をはじめとした危険運転は厳罰に処すべきであることはいうまでもない。

私は乾杯のビールを舐めただけでも代行車で帰る。

飲酒運転で自分が今迄頑張ってきたことを台無しにしたくはない。

しかし最近問題になっている危険な自転車運転の問題。

スピードを出して、両耳にヘッドホンして音楽を聴いて自転車を運転していたら、安全な運転は出来ない。

無灯火も然りである。

また交通量の多い場所で子供から目を離すことは当然事故を誘発するわけである。

自転車運転者の責任。

親の管理責任。

これらは対自動車事故の場合刑事責任を問われることはない。

これこそが事故を誘発する要因ではないかと思う。

自動車が特別高価な物であった時代であればともかく、今は夫婦や親子で2台所有している家庭も珍しくない。

この様な自動車を取り巻く環境であれば、危険運転の厳罰化と同時に、自転車に対する責務、親に対する責務をしっかりと明確にし、自動車運転者の無過失責任主義を修正し、自転車や親、介助者に対しても刑事的責任を問える環境の整備が、交通事故防止の為には重要であると考える。

この判決は自動車運転者の注意だけでは交通事故は防げないというメッセージを発したという点において評価したいと思います。

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水)

基礎年金の税方式を議論する場合の重要なこと

人気ブログランキング(法学・法律)現在の順位はこちら
↓↓↓↓↓

Banner2

八王子市高倉町付近の甲州街道。

080116001

車の納入は車庫でやって欲しいですよね。

公道でしかも幹線道路でのこの行為。

企業のモラルの無さが窺えます。

コンプライアンスといっても、この様な交通迷惑な行為をなくすことも取り組んでもらいたいです。

また年度末へ向けて工事が多いですね。

忙しいときは腹が立ちます。

幹線道路は夜やってもらいたいです。

昨日の日本経済新聞の「経済教室」で慶應大学の土居丈朗准教授が基礎年金の税方式について執筆をしていました。

准教授は基礎年金を全額税方式にするメリットを述べられていましたが、手法論は全く触れられていなかった。

経済学的に年金について税が負担する部分と保険料が負担する部分の役割を明確にし、基礎年金には最低限の生活を営む為の年金と位置づけ、その原資を全額税で負担するとあった。

確かに税方式の方が未納の問題は解決する。

そして財源を税にして消費税を充てれば、高齢者でも経済的に裕福で消費活動が活発な方についてはそれなりの負担があり公平だと述べられている。

しかし私が考える生活保護と基礎年金の整合性、今迄納付してきた人との整合性という制度を考える上での根本的な問題が触れられていない。

仮に基礎年金が最低限の生活を営む為の年金と位置づけられれば、65歳以上の生活保護の対象者は理論上いなくなるわけである。

机上の理論でどんなに議論し主張しても、上記2点を解決しなければ導入は出来ない。

給付水準も先送りには出来ず、どの様な枠組みになるのか、税方式へ移行する際の具体的な措置はどうするのか、他の法律との整合性はどうなるのか。

ここを議論しなければ、基礎年金の税方式導入は、消費税率を上げる為の口実の議論にしかならない。

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月15日 (火)

内向きの政策だけで良いのか

人気ブログランキング(法学・法律)現在の順位はこちら
↓↓↓↓↓

Banner2

「不審外国船規制へ新法」今日の日経新聞のトップ記事である。

そして同じく一面には「カスピ海油田開発日本権益一部譲渡へ」とある。

我が国の戦略の無さ、理念の無さが良く表れている記事である。

今迄我が国の領海に不審船がいた場合、漁業法、海上保安庁法、自衛隊法で取り締まっていたようである。

しかし密漁をしていなければ、違法行為を行っているのか判断出来ずに立ち入り検査をすることが出来やすい環境ではなかったとのこと。

新法で領海内では、荒天や海難事故への危険を避けたり、人命救助などの正当な理由がなければ、領海内で停船することは出来ないとされた。

今迄こんな法律もなかったのかと思ったのだが、この措置は領海内に限られる。

海底資源の調査や開発の権限を有する200海里の排他的経済水域は含まれていない。

記事では「領有権を巡る争いが続く尖閣諸島や竹島、北方領土などの周辺海域についても引き続き外交上の配慮をしつつ慎重に対応していく」とある。

そもそも尖閣諸島に関しては領有権の争いがあるのか。

存在しない。中国が勝手に言っているだけである。

竹島は韓国による不法占拠を「対話で解決する」という先延ばしを我が国が行っているだけに過ぎない。

北方領土でも先の大戦で不法に占拠された状態が続いているだけであり、我が国の領土であることは間違いない。

東シナ海の資源開発でも中国は「中間線より中国側は中国単独開発で、日本側は日中共同開発」という全く我が国に利益のない提案があり、その条件については交渉する余地はないようである。

中国、韓国、ロシアがしたたかに領土の主張を行ってるのであるから、我が国は慎重に外交ルートを使っても解決出来ない事に気づくべきである。

むしろ外務省はじめ関係省庁は気づいているのかも知れない。

総理の決断である。

弱腰の新法をつくっても我が国の国益にはならない。

排他的経済水域についても新法の対象として毅然とした対応をすべきである。

当然外交上の緊張感は生じるが、それを行わなければ我が国の領土や資源はしたたかに他国に奪われていくのである。

カスピ海の開発についても、我が国の資源外交の弱さが出ている。

地球の環境変動により必ず資源獲得競争は激しくなる。

温暖化防止とともに資源獲得戦略について我が国がしたたかに進めていかなければ、我々の老後や子供の世代はこの生活を維持出来るのか。

政治は生活というスローガンを民主党が掲げているが、生活を守る為にはしたたかな外交により我が国に安定的に資源が供給されなくてはならない。

今年は選挙の年になりそうだが、国内のことに目を向けるのではなく、世界的な現象を踏まえ我が国のあるべき姿を導き出さなければならない。

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年1月14日 (月)

労働契約法

人気ブログランキング(法学・法律)現在の順位はこちら
↓↓↓↓↓

Banner2

写真は凧です。

080114001

飛行機の形をしていて面白いと思ったのですが、面積が少ないために飛びません。

普通の凧の方が良かったですね。

明日はメルマガ発行日。

すでにご案内したとおり労働契約法です。

まだご登録されていない方は是非ともホームページにてご登録下さい。

今回パートタイム労働法も改正されますが、労働契約法との関係を一度見直した方が良いですね。

問題社員の対応についても労働契約法を確認することをお勧めします。

しかししっかりとした実務をしてきている場合には、新たに実務上で労働契約法により影響を受けるということは非常に少ないと思います。

しかし「しっかり」という定義については労働契約法で確認すべきと思います。

詳しくはメルマガをご覧下さい!!

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

今回のメルマガは「労働契約法」。

15日発行です。登録されていない方はホームページにてご登録下さい。

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月13日 (日)

リーダーの行動で分かる組織の目的

人気ブログランキング(法学・法律)現在の順位はこちら
↓↓↓↓↓

Banner2

今日は日吉囃子連の練習日。

080113001

喉風邪をひいてましたので、とんびは5分と持ちませんでした。

体調管理大事です。

元旦から3回会ってる方もいて、何だか今年も宜しくお願いしますは言い尽くした感がありますね。

それだけ囃子をやる機会を戴いているということで有り難いことです。

民主党の小沢代表が、テロ対策法の採決を棄権したのはご存じの通り。

これは全く言い訳が立たない。

小沢代表は国務大臣が国会開会中に米国に行こうとした際、国会軽視と主張した方。

自身は延長された国会期間中、訪中し与党のせいで延長したから自らは正しいという主張をされた。

今回はテロ対策法という参議院選挙後、与野党で最大の争点となった法案の採決。

そして理由は大阪知事選の応援。

経営者として先頭に立ちリーダーシップを発揮するとは、人が嫌がる事を進んで行うとか、口より先に行動するということ。

営利企業もさることながら、法人会の委員長や副部会長をはじめ、経営者の集まる会の幹事をさせて頂く経験がたくさんありますが、総じて言えることは「自分が先頭に立って動かなければ組織は動かない」ということです。

今、八王子法人会総務広報委員長を拝命してますのでブログをもう一つ書いています。
http://blog.livedoor.jp/norifumihachiouji/?blog_id=2388546

忙しいことは理由にならないということです。

小沢代表は先頭を切って選挙の応援に行ったのですから、小沢代表の下では民主党は国会より選挙が大事だということを自らが進んで示したのでしょうか。

テロ対策法の対案を出さず、間際になって出して、審議をされていないという。

しかも与党が絶対に受け入れることが出来ない対案を出せと支持したという報道がなされた。

これでは何のための対案か。

対案を出さないことが対案だといっていたのに、今度は対案を出す。

対案が絶対に与党の飲めない対案であれば、これは民主党に議論するつもりはなく、対案の審議がなされていないことのパフォーマンスのための対案。

まったく党利党略で国会運営をしており、パフォーマンス重視の国会運営。

政権交代は我が国にとって重要であり、必要なことです。

自民党は、民主党を鍛えていかないと、守勢にまわっては選挙に負ける。

そして守勢にまわっては民主党を鍛えることが出来ない。

この一連の出来事を見て私は自民党が攻勢にまわってはじめて我が国の政治が機能するのであると思いました。

自民党が守勢にまわれば、次の総選挙で政権交代はないかも知れないが民主党は鍛えられる。

そして国家観の違う政治家の寄り合い所帯であっても政党として明確にしなければならないことを明確にせざるをえなくなる。

このような状態になってはじめて政権交代の土壌が出来るのではないかと思うのです。

通常国会が間もなく始まりますが、是非とも自民党は民主党に攻勢をかけて議論を交わして欲しいと思います。

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

今回のメルマガは「労働契約法」。

15日発行です。登録されていない方はホームページにてご登録下さい。

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月12日 (土)

今回のメルマガのテーマは労働契約法

人気ブログランキング(法学・法律)現在の順位はこちら
↓↓↓↓↓

Banner2

今年も年賀状を整理する時期。

去年TBSに2回出させて頂いたこともあり、スタッフの方から年賀状が。

080112001

一生に何度もある経験ではないのでこの年賀状を大切にしたいです。

今日はメルマガ執筆日。

今回のテーマは「労働契約法」。

審議会の議論の過程では非常に労使関係を硬直的にするものだと思っていたのですが、成立した法律は原則的に今までの最高裁判例で確立していると思われている部分のみ規定化した内容となってます。

解雇の金銭解決は労働者側の反対もさることながら、和解金の高騰により中小企業にとって非常に厳しいものとなる。

解雇や労働条件の引き下げについても、それを合理的とされるケースを文書化し規定化することは困難に近い。

権利濫用の法理といっても濫用とはどの様な定義に基づくものなのか。

労働契約に関する法案化は非常に難しく、多様な労働契約形態が存在する現状においては、いっそう難しいものとなる。

この法律がどの様なものとなっているのかについては1月15日発行のメルマガをご覧下さい。

登録はホームページまで!!

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月11日 (金)

弁護士と社会保険労務士の連携

人気ブログランキング(法学・法律)現在の順位はこちら
↓↓↓↓↓

Banner2

私が寄稿した八王子ひまわり法律事務所の会報「ひまわり通信」が刷り上がってきました。

4人の弁護士がいる事務所で、友人の古川先生をはじめ若くて経験豊富な弁護士がいる事務所です。

所長の西川先生、真野先生、古川先生、狩集先生に加え新人弁護士が増える予定のようで、5名の弁護士を擁する事務所になります。

080111001

私は「解雇の実務 ~主に問題社員の対処方法について~」を寄稿しました。

解雇一般についての依頼だったのですが、掘り下げた方が面白いと思い、誌面の関係から最も関心があると思われる問題社員の対処方法に絞って書きました。

080111002

西川弁護士は「裁判員制度に関する一考察」、古川弁護士は「公益通報者保護法」、真野弁護士は「交通事故について~従業員の事故と雇用主の責任~」、狩集弁護士は「売上金等回収の心得」、事務所の丹木事務局長が「建物明渡強制執行の現状について」を執筆されました。

弁護士と社会保険労務士の連携は、司法書士や税理士ほど進んでいません。

残念ながら労働法の専門家が社会保険労務士であるという認知はされていません。

八王子ひまわり法律事務所の4名の弁護士の先生をはじめ、複数の先生と連携をさせて頂いていますが、やっぱり信頼関係ですよね。

今回その一つの成果として、法律事務所の事務所報に解雇について寄稿する機会を頂いたことは非常にありがたいと思います。

実務上どの様に分業しているかは個別案件によりますが、事件を解決した後に法令違反があった場合は、その是正に取り組まなくてはならない。

この是正は社会保険労務士である私がほぼ担当します。

経営法曹の弁護士と仕事をしても、未払賃金額の算出をはじめ細かい労働基準法や労働安全衛生法の解釈については私が担当し、交渉の進め方は弁護士が担当しますので、各々の得意分野で作業分担が出来ますので、やはり仕事ははかどります。

仕事がはかどることは労使双方にとっても良いことであり、紛争の早期解決に向けて連携のメリットが出てきます。

何事も信頼関係が大事ですが、その信頼関係をもとにした連携が弁護士と社会保険労務士の広がっていくことを願うばかりです。

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年1月10日 (木)

ネットで住居探し

人気ブログランキング(法学・法律)現在の順位はこちら
↓↓↓↓↓

Banner2

友人の杉本社長のエスエストラスト。

アパマンショップ八王子駅前店を改装しました。

080107005

080107003

低いカウンターでの接客。

アパマンショップの新しいシステムが出来たようで、インターネットで周辺地域の情報を検索出来るようです。

080107004

綺麗な店舗で仕事出来るのは羨ましい限りです。

私が結婚した平成12年当時は物件情報は紙ベースでした。

しかし今はネット。

昨年の11月に行われたエスエストラストのオーナー研修会でも日本管理センターの武藤社長、アパマンショップネットワークの川森社長ご両人とも賃貸物件について、ネット検索に対応することの重要性を話されていました。

私の場合には、生まれも育ちも八王子ですので、地図を見れば周辺の状況が分かるのですが、知らない地域で住居を探すのはネットに頼る方法が良いですね。

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 9日 (水)

日経流通新聞の母親1000人調査

人気ブログランキング(法学・法律)現在の順位はこちら
↓↓↓↓↓

Banner2

昨日は八王子法人会の賀詞交換会でした。

080109001

青年部会の面々。

芸者も参加していました。

080109002

たくさんの人で会場は満員でした。

そして久々に飲み過ぎましたね。

思えば1月も9日過ぎました。

早いです。

メルマガの準備をしないと・・・。

日経流通新聞で、母親1000人の調査でお店に託児所があれば、87%の人は利用するとの調査結果があった。

託児所が欲しい場所として1位美容院、2位病院、3位ショッピングセンターであった。

美容院や病院に行くには実家に子供を預けて行くという友人は多い。

そしてショッピングセンターも然りである。

子供が出来て思ったことは、おしめを交換する場所や用を足してるときに子供を座らせておく場所とかが如何に大切かということ。

そしてバリアフリーでないと乳母車押して荷物を持ってとなると大変である。

結局子供を連れての買い物は、必要最小限の物しか買わないか、郊外のショッピングセンターに車で行って買うかという選択になる。

中心市街地の百貨店や商店の利用頻度は減る。

私もお歳暮やお中元を買いに家族で百貨店に行くのは非常に疲れる。

家族で中心市街地へ買い物に行くのはこの2回だけで、後は郊外のショッピングセンターへ行ってしまう。

子供を預けるサービスにより、精神的に余裕が生まれれば目的物以外も消費する。

私は雰囲気で消費は増えると考えている。

買いたい雰囲気をどの様にして演出していくかが大事なのではと思う。

子供を気にして買い物すると、この雰囲気が出てこない。

早く買い物を終えて、座りたいと思ってしまう。

八王子も中心市街地は淋しいが、この中心市街地の活性化には子供連れが利用しやすい雰囲気づくりが大切だなと思う。

八王子の商店街の真ん中に託児所を設けるとか、ショッピングセンターのフードコートのような場所を設けるとか、工夫次第で客足を向けさせることが出来るのではないかと思う。

新宿まで30分程度の距離にある八王子。

新宿や渋谷のような街づくりをしても絶対に勝てない。

立川や町田のような街づくりをしても後発地域としては勝負するのは難しい。

そうであれば、ターゲットを絞った街づくりをしてみるのも面白いと思う。

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 8日 (火)

新年会で囃子

人気ブログランキング(法学・法律)現在の順位はこちら
↓↓↓↓↓

Banner2

昨日は八王子北ロータリークラブの新年会でお囃子をやりました。

080108004

控え室の様子。

080108001

時間は30分。

獅子頭ともどき。

合計8人で内舞子2人でしたので、6人で囃子をやりました。

長い時間やるのになれているのですが、宴会でやる囃子は空調との戦いです。

特にとんびは!

思いっきり楽しくできました。

2月も二午祭と市民センター二〇周年の囃子の予定ですので2回も出来ます。

楽しみです。

これから八王子法人会の新年会。

行ってきます!

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 7日 (月)

地上10メートルで落下防止措置を行わない作業

人気ブログランキング(法学・法律)現在の順位はこちら
↓↓↓↓↓

Banner2

今日は松が明けて、七五三飾りを外して多賀神社に納めてきました。

080107001

080107002

松も明けて、正月気分はおしまいですね。

昨日テレビ東京のドリームハウスというテレビを観ていました。

地上10メートルでの作業風景の映像。

安全帯無しで、足場も無しで重たい柱を持ち上げていました。

テレビ的には面白い映像だったのかも知れませんが、地上10メートルの作業で、安全帯や足場もないというのはいただけません。

安全衛生規則518条では「高さ2メートル以上で墜落の危険があるときには作業証の設置を義務」づけ、同519条では、その作業床の端部、開口部等には、囲い、手摺り、覆い等を設置し、設置困難な場合にはや臨時に囲い等を外す場合には、防網を張り、安全帯を使用する事となっている。

また521条では2メートル以上の場所での作業は、安全帯の取り付けを設置し、異常の有無を随時点検することとなっている。

番組の建築現場では、1階、2階ともに床も張っておらず、バランスを崩したら10メートルを真っ逆さまに落っこちてしまうわけである。

新年早々、建築現場の危険を認識した番組であった。

今年も無事故で、安全に業務を行いたいものである。

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 6日 (日)

地球温暖化から考える我が国

人気ブログランキング(法学・法律)現在の順位はこちら
↓↓↓↓↓

Banner2

昨日は新年会でした。

来週は平日全て新年会。

このシーズンが終わると、2月下旬から総会シーズンへ向けて会議三昧のシーズン。

そして総会シーズンが終わると、GW。

気づいたら八王子まつりまで後1ヶ月・・・。

こんな感じで年が過ぎていきます。

今年も一年早いんだろうな。

年末年始で色々なところへ行った方がお土産を下さいました。

また、色んなお店でお年賀を頂戴しました。

080106001

あと2~3品頂戴しました。

ブランド品の携帯ストラップを頂きましたが、私のストラップは名前入り、家紋入り、囃子連名入りの木札なので、かみさんにプレゼント。

さてさて、今日のテレビで南米のガラパゴス諸島の変化について報道していました。

ガラパゴス諸島というと固有種の多いところ。

温暖化の影響で生物に変化があるとのことでした。

地球温暖化の影響で、海イグアナの食糧である海藻が枯れてしまって、食糧不足になった海イグアナは25センチメートル程度身長を縮めたとのこと。

陸イグアナは鋭い爪が無く、木に登れない為に主食のサボテンが落ちてくるのを待たないといけないが、海イグアナが陸イグアナのハーレムを乗っ取り、その間に出来た子がハイブリットという種類になり、このハイブリットには鋭い爪があり、木に登れる為に、木に登りサボテンを食べている。

当然陸イグアナの食糧は減るわけである。

また鳥も、その時にとれる獲物の位置によりクチバシが変わったりしており、地球温暖化はガラパゴス諸島の生物に多大な影響を及ぼしている。

ガラパゴス諸島のように場所を移動出来ない場合には、絶滅するか進化するかしか選択肢はないようで、進化する種、絶滅する種に分かれるであろうということであった。

人間が絶滅しないようにどうするか考えなければとのコメンテーターの話があったが、地球温暖化を止める為にはコストがかかり、それを誰が負担するのか。

新興国と先進国間での認識の違い、政治体制の違いから地球温暖化に対する共通の認識を形成するのは至難の業であろう。

そして資源が限られてくれば、その資源を求めて争奪戦が展開され、紛争の火種になるわけである。

結局地球温暖化は世界規模での資源獲得競争を促す結果となり、戦争へと繋がっていく問題なのである。

我が国も、我が国国内の政治課題だけではなく、戦争をしないというのであれば、この地球温暖化や限られた資源の確保にどの様に取り組んでいかなければならないか国家として考えていかなければならない。

憲法9条で我が国は守れない。

世界はどうなっているのかという観点で我が国を見つめていかないと、我々の生活水準は守れない。

きれい事だけでは我が国の未来はないということである。

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 5日 (土)

専門職としての心構えを再確認出来る一冊

人気ブログランキング(法学・法律)現在の順位はこちら
↓↓↓↓↓

Banner2

昨日お参りをし忘れた金比羅様

080105001

商売繁盛を祈念してきました。

080105002

今日は書籍紹介。

この年末年始忙しく、休日らしい休日は3日だけ。

暮れから正月にかけてはやること多いですからね。。。

そんなんで、読みかけの本しか読めませんでした。

落語のCDも大量購入していたのですが、1枚だけ。

でも今日のNHKの日本の話芸でしっかり小三治の初天神は観ましたよ!!

書籍も噺家の書いた本。

古今亭志ん輔「噺家パラダイス―寄席雑記帖」ビジネス社

芸を極めるということの心構えがたくさん書いてありました。

志ん輔の師匠の志ん朝師匠の落語の枕で「もう名人と呼ばれる人は出てこないと思う」と話しをしていました。

うるさくいう人を嫌う傾向があるとか、個性をはき違えているとかそういった理由からだそうです。

この本もこの理念が背景にあり、プロとしてその道を極める為には如何に自分自身に厳しくしていかなければならないか。

著の中で三遊亭円丈師匠が、圓生師匠に入門して、師匠の稽古を見て「一日一席の稽古をしても一年じゃ追いつかないネタ数でしょ。だからさ、1日一席なんてもんじゃないんだよ。5,6時間はやっていたからね。芸でこの人に追いつこう何て思いが入門と同時に消えたよ。」といっています。

名人と呼ばれる人は、その地位にあっても努力をしていたんですね。

「噺家は魚と一緒。泳いでないと沈んじゃうよ」とも。

噺家の先輩に言われて気づかないことが、他の芸を習っていると気づかなかった自分に気がつくとか。

専門職としてどれも耳の痛い話しばかり。

特に法律は日々変わるわけで、泳いでいないと沈んでしまいます。

志ん輔師匠のこの本は、専門職としての心構えを再確認させてくれます。

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 4日 (金)

構造改革の後

人気ブログランキング(法学・法律)現在の順位はこちら
↓↓↓↓↓

Banner2

今日は京王八王子の子安神社へお参りに行きました。

実は年明け早々に来たのですが、囃子だけ聴いて帰りました。

混んでいたので、多賀神社に行けないと思いまして。

なので今日お参り。

奥の金比羅様に行き忘れたので、明日行ってこようと思います。

080104001

今日から私と一部職員は仕事です。

事務所自体は7日から仕事始めですが、担当業務により今日処理しておかなければならないものもあり変則的な仕事始めになりました。

福田内閣が内閣改造を先送りした。

その結論はどうであれ、独立行政法人の改革といい東シナ海の資源開発といい、小泉、安倍内閣と続いてきた、改革を推進する気概を感じられない。

独立行政法人はほぼ完敗。

東シナ海の資源開発は、中国側は中国単独で、日本側は日中共同でという馬鹿げた事態になりかねない。

構造を改革するということは、既存の構造を転換して新しい構造をつくるということ。

転換された構造に至上を求めたいた産業や企業は当然苦しくなる。

今必要なのは、構造改革を止めることではなく、転換された構造を前提とした企業体質、産業体質をつくるということ。

例を挙げると、公共事業に比重の多かった建設業については、どの様に収益構造の転換が出来るのかを支援することであり、公共事業を増やすことではない。

ここが本質であり、我が国の国際競争力を高めていかなければ資源のない我が国は豊かになれない。

故に、限られた労働力、限られた国土の中でどの様に効率的な資源の活用を行っていくのか考えなくてはならない。

少なくとも福田内閣が存続する限り我が国の発展はないと思う。

都市部の自民党員ですら思っているのだから、総選挙は厳しいでしょうね。

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 3日 (木)

神社散策

人気ブログランキング(法学・法律)現在の順位はこちら→Banner2

今日は家族で初詣。

詣でる神社が多いんです。

私一人では元旦には日吉神社と多賀神社と子安神社に行って来ましたが、家族では元旦は日吉神社のみ。

混んでいたので。。。

氏神様の多賀神社。

空いてました。

千貫神輿も相変わらずです。
080103001

そして事務所の氏神様の八幡八雲神社。

080103003

八王子まつりはこの2つの神社の例大祭に市民祭がのっかっただけです。

長男とおみくじをひきまして、私は小吉、長男は吉。

長男は女性関係に注意と書いたありました。

4歳ですからね。どんな女性関係があるのか楽しみですね。

080103002
↑私のおみくじ

いい一年になりますように。

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 2日 (水)

二日酔いの寝正月

人気ブログランキング現在の順位はこちら→Banner2

昨日は子安東4丁目でお囃子をしました。

Dscf0021

ギャラリーは殆どいない囃子でしたが、元旦から囃子が出来て満足感たっぷりでしたね!!

Dscf0023

カメラポーズしてます。

この後獅子を踊ったのですが、獅子頭が重たかったです。

みとみ会の獅子頭は日吉町よりも一回り大きいのですね。

普段舞子を踊りませんから、きつかったです。

獅子の後放心状態でとんびを吹いたので、最後訳の分からないことを言ってました。

昨日は3つの新年会をはしごしたわけで、とにかく今日は二日酔い。

私は二日酔いは滅多にしないのですが、してしまいました。

お陰で今日一日寝正月でしたね。。。

今年の叩きはじめ。

次回は7日の八王子北ロータリークラブ新年会での囃子です!!

今年もたくさんやりますよ!!

記事に共感して下さった方は下記をクリックお願いします
Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 1日 (火)

謹賀新年

人気ブログランキング現在の順位はこちら→Banner2

明けましておめでとうございます。

写真は京王八王子の子安神社。

Dscf0012

Dscf0010

ここで一昨年までお囃子をしていたのですが、諸般の事情から違う団体になってしまいました。

悔しいので40分くらい聴いていました。

来年こそは復活してやりたいですね!!

その後寂しいので多賀神社へ。

Dscf0016

総代の提灯だけがありました。

多賀神社は日吉町一丁目の氏神様で、例大祭が八王子まつりの神社です。

八王子まつりは、この多賀神社と八幡八雲神社の祭禮が基になっているわけです。

多賀神社では色んな人と会いまして、3時くらいまでいました。

「何でこんな寒いのにビール飲んでいるんだ」と言われましたが、ビールしかもってきてくれないのでビールしか飲んでなかったんです。

Dscf0017

多賀神社拝殿です。

八王子まつりの際に担ぐ八王子市指定文化財の多賀神社の宮神輿、千貫神輿です。

Dscf0019

みんなお参りしてましたが、祭りの時以外はこちらに神様はいません。

まあ、神輿が尊いと思うから拝むわけで、神様がいなくても拝んじゃいますね!

今年の目標は事務所内のマニュアル化の更なる徹底。

12人の職員を統括して、自分の業務と職員の業務のクオリティーを一層高めて、クライアントの皆様に質の高いサービスを継続的に提供出来る体制にしていきたいです。

私のアシスタントである永田との連携や管理セクションとの連携についてもマニュアル化を推進し、コンサルティング業務、法務業務、担当業務、管理業務の一体的な運用が出来き、正確で迅速な対応が出来るようにしていきたいです。

今年も一生懸命頑張りますので、宜しくお願い申し上げます。

記事に共感して下さった方は下記をクリックお願いします
Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »