« 事実に対して適用する法律 | トップページ | ユニオンショップ協定を締結した労働組合があると第二組合はつくれない? »

2008年1月20日 (日)

二酸化炭素排出に対するコスト

人気ブログランキング(法学・法律)現在の順位はこちら
↓↓↓↓↓

Banner2

今日は八王子に町村官房長官が来ました。

080120001

小柄な方でしたね。

暫定税率の話しをされていました。

地球温暖化に対してガソリンにかける税金を減らすことはいかがなものかと話されていました。

以前何かで読んだのですが、ガソリンのコストは「ガソリン自体の単価」「給油するまでの経費」が値段であり、ガソリンから排出する二酸化炭素については消費者はコストを負っていない。

これが経済学の限界であるとどこかの教授が話されていました。

そしてこの限界を解決する為に炭素税の導入が望ましいということでした。

なるほどなと思いましたね。

炭素税については導入することは望ましいと思います。

暫定税率の問題も、今年度末で廃止となれば代替財源が確保出来ずどうなるのか。

民主党は「ガソリンが25円安くなる」ことが大切ということのようだが、代替財源の提案を行わず反対だけとはあまりに無責任。

大切なことは特定財源の一般財源化であり、暫定的に30年も徴収されていたわけであるから、実質は暫定ではないのである。

我々も目先の問題に惑わされることなく、待ったなしの地球環境変動や特定財源の一般財源化といった根本的な問題を考えていかなくてはならないと思いました。

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

|

« 事実に対して適用する法律 | トップページ | ユニオンショップ協定を締結した労働組合があると第二組合はつくれない? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/9985630

この記事へのトラックバック一覧です: 二酸化炭素排出に対するコスト:

« 事実に対して適用する法律 | トップページ | ユニオンショップ協定を締結した労働組合があると第二組合はつくれない? »