« 神社散策 | トップページ | 専門職としての心構えを再確認出来る一冊 »

2008年1月 4日 (金)

構造改革の後

人気ブログランキング(法学・法律)現在の順位はこちら
↓↓↓↓↓

Banner2

今日は京王八王子の子安神社へお参りに行きました。

実は年明け早々に来たのですが、囃子だけ聴いて帰りました。

混んでいたので、多賀神社に行けないと思いまして。

なので今日お参り。

奥の金比羅様に行き忘れたので、明日行ってこようと思います。

080104001

今日から私と一部職員は仕事です。

事務所自体は7日から仕事始めですが、担当業務により今日処理しておかなければならないものもあり変則的な仕事始めになりました。

福田内閣が内閣改造を先送りした。

その結論はどうであれ、独立行政法人の改革といい東シナ海の資源開発といい、小泉、安倍内閣と続いてきた、改革を推進する気概を感じられない。

独立行政法人はほぼ完敗。

東シナ海の資源開発は、中国側は中国単独で、日本側は日中共同でという馬鹿げた事態になりかねない。

構造を改革するということは、既存の構造を転換して新しい構造をつくるということ。

転換された構造に至上を求めたいた産業や企業は当然苦しくなる。

今必要なのは、構造改革を止めることではなく、転換された構造を前提とした企業体質、産業体質をつくるということ。

例を挙げると、公共事業に比重の多かった建設業については、どの様に収益構造の転換が出来るのかを支援することであり、公共事業を増やすことではない。

ここが本質であり、我が国の国際競争力を高めていかなければ資源のない我が国は豊かになれない。

故に、限られた労働力、限られた国土の中でどの様に効率的な資源の活用を行っていくのか考えなくてはならない。

少なくとも福田内閣が存続する限り我が国の発展はないと思う。

都市部の自民党員ですら思っているのだから、総選挙は厳しいでしょうね。

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

|

« 神社散策 | トップページ | 専門職としての心構えを再確認出来る一冊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/9716052

この記事へのトラックバック一覧です: 構造改革の後:

« 神社散策 | トップページ | 専門職としての心構えを再確認出来る一冊 »