« ユニオンショップ協定を締結した労働組合があると第二組合はつくれない? | トップページ | 子供の医療費がタダではコスト意識は生まれない »

2008年1月22日 (火)

大学同窓会に寄稿

人気ブログランキング(法学・法律)現在の順位はこちら
↓↓↓↓↓

Banner2

昨日はとある会にお誘いを頂きました。

080122001

ワインの飲み比べ。

目の前にグラスが沢山あって、グラスの縁をこすって音楽会でもやろうかと思いました。

080122002

法人会青年部会総務広報委員会の際にお誘いを受けたので、総務広報委員会のメンバーが多かったです。あと3名加えれば委員会のフルメンバーという感じ。

ワインとオードブルとチーズが沢山あって、何が何だか分からない・・・。

「このワインとフォアグラ合うよ!」といわれましたが、前菜だと思って食べてしまってました。

うーんセレブリティーな会だと思いました。

食べ方も分からないまま会は終了し、エスエストラストの杉本社長とラーメンを食べて帰ろうとしたのですが、健康を考えて?稲庭うどんを食べました。

杉本社長の感想はこちら
http://blog.goo.ne.jp/sugimoto_1976/e/66287ef273db5e1abb3e41b515e06072

私の母校である多摩大学同窓会から執筆依頼が来ました。

内容は自由ということで「大卒と高卒の違いが分かった4年間」と題して寄稿しました。

内容はこちら(多摩大学同窓会ホームページ)
http://alumni.tama.ac.jp/message16.html

大学時代の思い出は沢山あります。

私は大学はさぼらず通いました。

授業も出てました。(寝てましたが・・・)

真面目に勉強して、サークルも野球とテニスをやってまして、バイトもやりました。

その中で恩師である北矢行男教授と出会い、論理的に議論をするトレーニングを積んだことは自分の人生の中で非常に大きな経験でした。

この論理的な議論のやりとりは、今の自分を考える上で非常に重要な能力です。

昨年の社会保険労務士法の改正により特定社会保険労務士として紛争当事者の代理人となり相手方と交渉する場面や労働組合との交渉はもとより、企業に対する就業規則をはじめとする人事制度や労働時間管理制度の提案を行い、議論する上でも非常に役立っています。

大学生とはこの論理的な物の考え方、そしてそれを自らの言葉でまとめ、構成し、主張する。そしてまとめるというトレーニングを行ってこそ大学卒業という学士たる所以であると思ってます。

学部により学ぶ知識は違いますが、このトレーニングは理系文系問わず、知識を学ぶことを通じて身につけることだと思います。

よく大学教育は役に立たないといいますが、知識レベルにおいては確かに学部教育においては実践的ではありません。

しかし、考え方や議論のやり方をトレーニングするという意味においては大学教育は非常に有意義であると考えます。

ゼミや研究室においては、よく議論し、発言して、自らの論理矛盾や詰めの甘さを指導教授に指摘してもらうことは非常に大事だと思います。

その様な意味を込めて寄稿しました。

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

|

« ユニオンショップ協定を締結した労働組合があると第二組合はつくれない? | トップページ | 子供の医療費がタダではコスト意識は生まれない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/10018597

この記事へのトラックバック一覧です: 大学同窓会に寄稿:

» エコバッグ [,大学同窓会に寄稿]
次の記事も楽しみにしています。 [続きを読む]

受信: 2008年1月22日 (火) 17時58分

« ユニオンショップ協定を締結した労働組合があると第二組合はつくれない? | トップページ | 子供の医療費がタダではコスト意識は生まれない »