« 今回のメルマガのテーマは労働契約法 | トップページ | 労働契約法 »

2008年1月13日 (日)

リーダーの行動で分かる組織の目的

人気ブログランキング(法学・法律)現在の順位はこちら
↓↓↓↓↓

Banner2

今日は日吉囃子連の練習日。

080113001

喉風邪をひいてましたので、とんびは5分と持ちませんでした。

体調管理大事です。

元旦から3回会ってる方もいて、何だか今年も宜しくお願いしますは言い尽くした感がありますね。

それだけ囃子をやる機会を戴いているということで有り難いことです。

民主党の小沢代表が、テロ対策法の採決を棄権したのはご存じの通り。

これは全く言い訳が立たない。

小沢代表は国務大臣が国会開会中に米国に行こうとした際、国会軽視と主張した方。

自身は延長された国会期間中、訪中し与党のせいで延長したから自らは正しいという主張をされた。

今回はテロ対策法という参議院選挙後、与野党で最大の争点となった法案の採決。

そして理由は大阪知事選の応援。

経営者として先頭に立ちリーダーシップを発揮するとは、人が嫌がる事を進んで行うとか、口より先に行動するということ。

営利企業もさることながら、法人会の委員長や副部会長をはじめ、経営者の集まる会の幹事をさせて頂く経験がたくさんありますが、総じて言えることは「自分が先頭に立って動かなければ組織は動かない」ということです。

今、八王子法人会総務広報委員長を拝命してますのでブログをもう一つ書いています。
http://blog.livedoor.jp/norifumihachiouji/?blog_id=2388546

忙しいことは理由にならないということです。

小沢代表は先頭を切って選挙の応援に行ったのですから、小沢代表の下では民主党は国会より選挙が大事だということを自らが進んで示したのでしょうか。

テロ対策法の対案を出さず、間際になって出して、審議をされていないという。

しかも与党が絶対に受け入れることが出来ない対案を出せと支持したという報道がなされた。

これでは何のための対案か。

対案を出さないことが対案だといっていたのに、今度は対案を出す。

対案が絶対に与党の飲めない対案であれば、これは民主党に議論するつもりはなく、対案の審議がなされていないことのパフォーマンスのための対案。

まったく党利党略で国会運営をしており、パフォーマンス重視の国会運営。

政権交代は我が国にとって重要であり、必要なことです。

自民党は、民主党を鍛えていかないと、守勢にまわっては選挙に負ける。

そして守勢にまわっては民主党を鍛えることが出来ない。

この一連の出来事を見て私は自民党が攻勢にまわってはじめて我が国の政治が機能するのであると思いました。

自民党が守勢にまわれば、次の総選挙で政権交代はないかも知れないが民主党は鍛えられる。

そして国家観の違う政治家の寄り合い所帯であっても政党として明確にしなければならないことを明確にせざるをえなくなる。

このような状態になってはじめて政権交代の土壌が出来るのではないかと思うのです。

通常国会が間もなく始まりますが、是非とも自民党は民主党に攻勢をかけて議論を交わして欲しいと思います。

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

今回のメルマガは「労働契約法」。

15日発行です。登録されていない方はホームページにてご登録下さい。

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

|

« 今回のメルマガのテーマは労働契約法 | トップページ | 労働契約法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/9865387

この記事へのトラックバック一覧です: リーダーの行動で分かる組織の目的:

« 今回のメルマガのテーマは労働契約法 | トップページ | 労働契約法 »