« 二の午 | トップページ | 思考停止の受験勉強 »

2008年2月25日 (月)

年金担保融資

人気ブログランキング(法学・法律)現在の順位はこちら
↓↓↓↓↓

Banner2

フェラーリ。

080225001

交通量がそこそこある道沿いに無造作に置いてあります。

屋内駐車場でもなく、屋根付きといっても片側からは雨風が入ってきます。

掃除が大変そうですね。

独立行政法人福祉医療機構が年金担保融資を見直すとのこと。

記事を読めば今迄がずさんだったことが分かる。

公的年金にも税金が入っている。

そしてこのブログで公的年金の意義について何度かお話ししている。

公的年金の意義とは何か。

それは過小貯蓄の防止であり、生活保護受給者が増加すると地方自治体の財政が逼迫するからである。

因みに八王子市の平成18年度の生活保護費は144億2900万円。

土木費(土木管理費、道路橋梁費、都市計画費、住宅費)は148億3169万円。

今国会に於いて特定道路財源の議論が盛んに行われているが、道路や都市計画費を含めた予算と生活保護費はほぼ同じ予算規模なのである。

無駄な道路を造ることは賛成しないが、たたきやすい所をたたくということも賛成しない。

生活保護費をどの様に減らすかが自治体のフリーハンドの予算を増やす為には重要なのである。

そもそも過小貯蓄を予防する為の公的年金を担保に融資を受け、返済に困窮した結果生活保護を受けることが問題である。

制度間の矛盾もさることながら、年金担保融資が正常に機能していない証左である。

記事では無条件に250万の貸し付けを行い、使途も問わないようである。

会社を購入した事例もある。

それにより生活保護を受けることとなるとは本末転倒である。

朝日新聞の記事であったが、初回は本当に必要で借りたが2回目は甘い気持ちで借りたとし、2回目の審査が厳しかったらこんな事にはならなかったと生活保護を受ける理由を審査のせいにしていた。

いかにも朝日新聞らしい記事だが腹が立つ。

今後は以下のように改正するようだ。

① 年金以外の収入や資産に応じて融資額を抑制する。

② 使途を厳しく制限する。

③ 1回の融資の上限を引き下げる。

④ 融資の回数を制限する。

過小貯蓄の防止という公的年金の意義を十分に踏まえた上で年金担保融資を行っていく事が重要であり、年金担保融資が上記の運用がしっかりとなされる為には民間金融機関が融資し、福祉医療機構は審査と債務保証のみを行うことが実効性のある運用に繋がるのではと考える。

機構の職員は融資を受ける人の顔も分からず、自宅も訪問したことがないでは実効性の確保に疑問符が付く。

保証協会の融資でも担当者が面接に来るのだから、民間金融機関に融資の審査を任せればいい。

それにより実効性のあるものになっていくのではないかと思う。

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

|

« 二の午 | トップページ | 思考停止の受験勉強 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年金担保融資:

« 二の午 | トップページ | 思考停止の受験勉強 »