« 雛人形出しました | トップページ | メモのとり方 »

2008年2月13日 (水)

裁判員に選任されたものの賃金

人気ブログランキング(法学・法律)現在の順位はこちら
↓↓↓↓↓

Banner2

昨日は八王子の西部に位置する恩方地区に行って来ました。

山間部なので雪がまだ残っています。

Dscf0080

でも気持ちの良い空気でした!!

080212006

八王子市街から30分くらいはかかります。

八王子は広いんです。

社員が裁判員に選任された場合に会社は賃金を支払うべきか。

答えは支払わなくて良い。

無給で良いわけです。

まず裁判員候補者になった通知が来ます。

この通知を受けた場合、1年以内に裁判員に選任される可能性があります。

そして裁判員候補者から裁判員に選任される為に出頭日があります。

ここで裁判員に選任されれば、そのまま裁判に継続して参加することとなり、日当が1万円以内で支給されます。

選任されなければ当該日のみの出頭になり8,000円以内の日当が支給されます。

不利益取扱は禁止されていますから、裁判員になったことを理由に不利益な取扱は出来ません。

しかし業務に従事していないわけですから賃金を支払わない、すなはち「無給」にすることは不利益取扱ではありません。

本人には日当が支給されるわけですから基本的に無給で良いと考えます。

企業の社会的責任を謳っていますが、裁判員制度は国民の合意のもとに出来たとはいいがたく、政府の都合で裁判員の休業補償を企業に求めることは如何なものかと考えます。

政府が裁判員の休業補償をすべきです。

私は刑事事件は厳格な文理解釈のもと、慎重に証拠を審査し進めるべきものと考えます。

裁判員は気楽に出来ますという政府広告をこのブログで紹介しましたが、資料の読み込みもなくただ単に法廷に参加していて裁判に加わるというのは民衆裁判に等しいと考えるわけです。

裁判員として裁判に参加することは、冤罪をつくる可能性もあるわけであり、被告人や被害者の人生を大きく左右するわけです。

ですから裁判員制度は反対なわけです。

やるなら気楽ですではなく、とても大変ですと政府広告を出して慎重に審理を進めるべきです。

私の意見はともかくとして、法律上裁判員に選任されたものに対する賃金は無給で構いません。

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

|

« 雛人形出しました | トップページ | メモのとり方 »

コメント

 はじめまして、裁判員制度に反対する活動を行っております
 中小企業の裁判員制度対応の問題については、本日のブログで意見も述べました。私が経営者ならば、憲法違反で訴訟を起こさせると思います。

投稿: 高野 善通 | 2008年2月14日 (木) 14時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/10482571

この記事へのトラックバック一覧です: 裁判員に選任されたものの賃金:

» 中小企業に裁判員負担の余裕はない [天下の大悪法・裁判員制度徹底糾弾!!高野善通の雑記帳]
 いよいよ2日後、今週末16日、17日での神戸・大阪・京都企画に参加いたします。大阪企画「雨宮処凛と語ろう、 Vegas でオーオー!」が行われるVegas(2月16日[土]開演19時〜22時終演)では「裁判員制度は〓..... [続きを読む]

受信: 2008年2月14日 (木) 14時10分

« 雛人形出しました | トップページ | メモのとり方 »