« 誤ったコメント | トップページ | 出産ラッシュで考える少子化対策の妥当性 »

2008年3月 4日 (火)

日銀の役割

人気ブログランキング(法学・法律)現在の順位はこちら
↓↓↓↓↓

Banner2

囃子連の提灯

一年で虫に食われてこの様になってしまいました。

080304001

2張注文しました。

日銀の総裁人事。

福祉総裁の任期切れ直前で、次期総裁は決まっていない。

この様な状態の中で国会は空転。

参議院で審議拒否。

しかも拒否して審議に出てこないのは第一党の民主党。

審議をしなくてもこの国は何とかなるという自民党の甘えが出ているとしか思えない。

良識ある国民ならこの茶番で民主党には政権は任せられないと判断する。

誰が良いという審議で紛糾しているのではない。

衆議院での審議が気にくわないことで紛糾しているのである。

誰でも良いが今は駄目ということ。

金融当局の役割とは何か。

大学時代の金融論の授業で三菱商事出身の河村教授が日銀の通貨政策について以下の通り話されていた。

何をもって円高とするのか、円安とするのか明確ではない。

日銀の役割として円高や円安を抑制するといっても、それが明確に定義出来ないから余り意味がない。

むしろ通貨の安定をその役割とするべきだと。

具体的には為替の変動により企業の業績見通しが狂う。

この見通しが狂う事の無いように、為替相場の安定を目的とする。

急激な円相場の変動がないようにするということである。

である。

為替相場は企業収益と直結し、我々の消費生活にも多大な影響を与える。

今参議院に於いて、第一党である民主党の党利党略により為替の安定とその先にある、企業収益への悪影響が生じる事態になっている。

もう少しマスコミの論調も民主党への批判に向かって良いのだと思うのだが。。。

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

|

« 誤ったコメント | トップページ | 出産ラッシュで考える少子化対策の妥当性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/10943552

この記事へのトラックバック一覧です: 日銀の役割:

« 誤ったコメント | トップページ | 出産ラッシュで考える少子化対策の妥当性 »