« 情報統制と氾濫した情報 | トップページ | その1 日吉町の山車 上棟後 »

2008年3月21日 (金)

祝 上棟

人気ブログランキング(法学・法律)現在の順位はこちら
↓↓↓↓↓

Banner2

昨年11月9日より解体修復を行っていた八王子市有形文化財日吉町の山車の上棟です。

昨年の解体の様子↓
http://norifumi.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_c633.html

朝9時から屋根をおろしました。

朝予定があり、10時半過ぎに行ったらもうここまで降りていました。

080321102

ビデオカメラを持っていったのですが、ダイナミックな映像をとることが出来ず残念です。

080321101

こんな隙間です。

080321103

後ろはこんな状態で降ろしていました。

080321106

しっかりと填るように少しずつ降ろしていきます。

神経質な作業です。

080321105

そしてこの鉄骨を取り外し、最後屋根に乗って人の重さでしっかりとはめ込みます。

080321109

080321118

無事上棟です。

やっぱり屋根が填ると良いもんですね!!

棟札を棟梁に見せて貰いました。

棟札をしている山車は珍しいとのこと。

まあ、縁起物ですからあった方が良いですよね。

080321113

左は日吉町の沿革と山車の沿革です。

日吉町は江戸時代甲州街道の要所八王子宿を構成していた横山15宿の一部です。

久保宿(現一丁目)と嶋之坊宿(現二丁目)が明治22年に久島町に改められたと書いてあります。

明治中期に追分町より購入した山車を大正6年に浅川川原宿に売却して、現在の山車を建造したということです。

この旧日吉町の山車は、浅川川原宿から諏訪宿へわたったとされていますが、その後は不明です。

現在の諏訪町の山車がありますが、その山車ではないようです。

犬目にいったとか、五日市にいったとか、元町会長で元高校の校長先生だった方が調べたようですが分からなかったようです。

そして20年前に500万円で改修したと記されています。

前回は屋根が中心でしたが、今回は屋根はいじっていません。

080321116

前回修復時の棟札なので、前回改修に携わった方の名前が記されています。

こんな歴史的な場面に立ち会えたことは幸せです。

楽屋部の内部。

080321122

最上部の茶色の柱に棟札がありました。

今回も着けましょうと棟梁が言ってました。

080321121

ここに天井がつきます。

天井がないと広々しますね!

080321128

そして記念撮影。

山車の上は工事関係者。

下は町会関係者。

町内頭、町会長とお歴々の中で、しっかり私も写りました。

囃子連ですからね!

後は彫刻の修復と欄干の塗りが残っているようです。

明日は囃子の備品を取りつけます!!

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

|

« 情報統制と氾濫した情報 | トップページ | その1 日吉町の山車 上棟後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/11619210

この記事へのトラックバック一覧です: 祝 上棟:

« 情報統制と氾濫した情報 | トップページ | その1 日吉町の山車 上棟後 »