« 未払残業で刑事告発 | トップページ | 囃子の練習 »

2008年3月 8日 (土)

「花見の酒」と「ねずみ」を聴きました

人気ブログランキング(法学・法律)現在の順位はこちら
↓↓↓↓↓

Banner2

昨日は八王子竜楽会でした。

080308014

少し早いですが、季節ものの噺。

花見酒。

花見といえば、「長屋の花見」や「花見の仇討」が有名ですが、この「花見酒」をやる演者は少ないそうです。

噺は、酒を担いで売りに出た2人組がお互い自腹で金を払って飲むという内容。

その際に5銭のやりとりがあるのですが、一方が5銭払うと、その受け取った5銭でまた酒を買う。

酒は売れているのですが、5銭をお互いで廻しているだけ。

全てお酒を飲んでしまった後に、売上が5銭しかない。

何でだろうと考えた挙げ句、やりとりを思い出すうちに「勘定はあってるわ」というさげ。

この話をもとにした経済書も出ているとのことです。

花見酒の経済」笠信太郎著 朝日新聞社刊

この本は古本屋で探すしかありませんが、是非読んでみたいですね。

落語を聴いて経済学の勉強。

奥が深いですね。

2席目は「ねずみ

伊達家御領分の宿で左甚五郎がねずみの彫刻をつくった。

この彫刻のねずみは動き、それを見たいが為に客が増えて繁盛したが、目の前の宿屋が伊達家お抱えの彫刻師に虎の彫刻をつくらせたとたんネズミが止まってしまった。

その知らせを聞いた左甚五郎は、そのねずみに「あんな下手くそな虎の彫刻のどこが怖いんだい?」と。

するとねずみは「猫かと思った」という下げ。

その後すき焼きを竜楽師匠と食べて楽しみました。

昨日は八王子竜楽会の役員会で噺をしたため、出席者20人弱だったので、密度は濃かったです。

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

|

« 未払残業で刑事告発 | トップページ | 囃子の練習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/11088561

この記事へのトラックバック一覧です: 「花見の酒」と「ねずみ」を聴きました:

« 未払残業で刑事告発 | トップページ | 囃子の練習 »